モラル・ハラスメント ( 2 )

Category

Google検索

批判大好き議論大好きなハラスメント人間は無視することが大切です。議論の大半はハラスメントするには、とても都合が良い場所なのです。

批判大好き議論大好きなハラスメント人間は無視することが大切です。議論の大半はハラスメントするには、とても都合が良い場所なのです。

2076 views
批判大好き議論大好きなハラスメント人間は無視することが大切です。こういった人間は相手を打ち負かして相手が悔しが...Read More
【臆病風に吹かれて逃げた】自分で気づいていない過去の嫌な記憶を思い出して、それに新たな意味づけをすることで、得体の知れない恐怖は消える。

【臆病風に吹かれて逃げた】自分で気づいていない過去の嫌な記憶を思い出して、それに新たな意味づけをすることで、得体の知れない恐怖は消える。

2177 views
今回の記事は「もう、本当の自分を取り戻したい!」という方向けの記事で、高レベルな話です。 自分で気づいていない...Read More
何故、モラルハラスメントに向き合う事が大事か!?それは今、勇気が問われているからです。そして戦争に関係しているからです。

何故、モラルハラスメントに向き合う事が大事か!?それは今、勇気が問われているからです。そして戦争に関係しているからです。

1581 views
まず、私は細かいことや政治などには詳しくありません。しかし、直感だけは昔から半端じゃないのです。直感だけで通常...Read More
憎い毒親を許さないといけないのか?「早く親を許せるようになりましょうね」と言い、外部の影響を許可させようとするのがモラルハラスメント加害者の常套手段です。

憎い毒親を許さないといけないのか?「早く親を許せるようになりましょうね」と言い、外部の影響を許可させようとするのがモラルハラスメント加害...

10894 views
今回のテーマは「憎い毒親を許さないといけないのか?」です。毒親に育てられた経験のない方や、現時点で毒親の方、隠...Read More
悪い世代間連鎖である心の鎖を断ち切りましょう!毒親と言うのは卑怯者です。毒親からのマインドコントロールから脱出し自分を取り戻しましょう!

悪い世代間連鎖である心の鎖を断ち切りましょう!毒親と言うのは卑怯者です。毒親からのマインドコントロールから脱出し自分を取り戻しましょう!

10242 views
毒親と言うのは卑怯者です。卑怯者と言う言葉の意味は「心が卑しくて勇気がない卑劣な者」と言う意味です。何故なら、...Read More
モラルハラスメントの世界とは「タガメ」と「カエル」のようなものです。旦那が気づき出すと「長年一緒にいたことで熟知した旦那の傷つくポイント」を連続攻撃で刺すのです。

モラルハラスメントの世界とは「タガメ」と「カエル」のようなものです。旦那が気づき出すと「長年一緒にいたことで熟知した旦那の傷つくポイント...

2539 views
モラルハラスメントの世界とは「タガメ」と「カエル」のようなものです。  肉食性で、魚やカエル、他の水生昆虫など...Read More
毒親への恨みは時期が来たら水に流そう!誰にでも醜い部分や汚い部分はある。そして美しい部分もある。ある程度知ったら水に流そう!「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。

毒親への恨みは時期が来たら水に流そう!誰にでも醜い部分や汚い部分はある。そして美しい部分もある。ある程度知ったら水に流そう!「水」は私た...

2722 views
誰にでも醜い部分や汚い部分はあります。生きていく以上、そういう仕組みなので醜い部分や汚い部分をゼロにすることは...Read More

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。