Google検索

本当の支配の意味。支配にも素晴らしいものがある。良い支配と悪い支配があると思います。

こんにちは、今日は支配について、書きたいと思います。

『親に支配された!』

『支配者的な上司から否定された!』

このように支配されたことを、マイナスでとらえてしまう不満を言う人がいます。親からの支配も良い支配と悪い支配があると思っています。つまり結果が破壊へ導かれているものは悪い支配でしょう。

この『支配』という言葉の使い方には勘違いがあります。何が勘違いなのかというと、支配(domination)は、字の通り支えて配ることを言います。

責任ある人間が自分の能力を、未熟な人に配り、支えることが本当の支配なのです。

しかし、責任ある人間がその能力のおかげで出来る仕事を、本来は出来ない人間に与えて支えてくれているから働けるのです。それなのに認知の歪みがある人は『働いてやってるんだよ』と勘違いしているのです。『自分の間違いに気が付かない相手が悪い妄想の世界観の人』は、支えられて能力を配ってもらってることにも気が付かないので、感謝どころか逆に不満を言い、支配の意味を勝手に変えて『支配された私は可哀想だ!』と被害者意識を持ち出すのです。

私も、過去に『自分の間違いに気が付かない相手が悪い妄想の世界観の人』だったので、良く分かります。今振り返ってみて考えても、本当に現実を見る力もなく妄想の中で生きてたんだなぁと、はっきり思います。抜け出せたことは本当に嬉しい限りです。

このことに気が付くだけで世界観はガラッと変わります。気づいていない方は、このページの文字に真剣に集中し一生懸命、命がけの気持ちで理解してみて下さい。理解出来た方は心にしあわせの種を植えることが出来るでしょう。

<<下に続く>>

今もこの瞬間も、私たちは責任ある支配してくれている方からの目に見えない恩恵を受けて生きています。その恩恵にありがたい気持ちで、自分も良い支配ができるようになっていきたいと思います。良い支配をマイナスでとらえてしまうのは、自己肯定感が低いことと、認知の歪みで勘違いをしているからです。※悪い支配は別です。

良い支配とは、責任ある人間が自分の能力を、未熟な妄想で生きている人に配り、成長できるように支えることが本当の支配なのです。

その支配のおかげで、安全に生活が出来、食べ物や洋服、趣味、車、生活に便利なすべてが成り立っているのです。もしも、世の中が支配されるしか出来ない人たちだけになったなら?無法地帯となり生産も出来ず、新しいものは生まれず、古びた廃墟のような生活になるのです。このことに気づいた瞬間、支配にも素晴らしいものがあるのだと分かりました。良い支配と悪い支配があると思います。

良い支配には感謝し、悪い支配は受け入れないことが大事です。

 

相手の感情は相手のもの。自分の感情は自分のもの。区別が出来てくれば来るほど楽にはなるけど、それはとても難しい。自分の中の闇、支配的な自分、そういったものは誰でも持っている。「支えさせて配らせる(依存)」悪い支配をする自分から「支えて配る(自立)」側の良い支配が精神的自立への道。

支配は自分が作り出す世界にある

厳しく言えば「支配」なんてありません。「支配」とは「奴隷でいるための自作自演」のようなものなんです。そして、すごく難しいことでもあります。成長していくと「支えて配る」ことが「本当の支配」だったと気が付いてきます。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    どんな事でもそうだけど、『気づき』というのは生活や、人によっては人生を変えるくらい大きな力を持っていますね。損をしないためにも、多くの気づきを見つけたいです。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。