Google検索

正しく扱ってくれた少年院が好きだった。大事なことは現実を生きて事実確認を大切にして行く事!

正しく扱ってくれた少年院が好きだった。大事なことは現実を生きて事実確認を大切にして行く事!

昔の話ですが、私は少年院が大好きでした。 悪いことをしたことがかっこいいとか、少年犯罪を美化しているとか、そういった視点の話ではありません。正しく扱ってくれた少年院が好きだったのです。14年たった今でも覚えています。

そして、今でも私にとって少年院とは心の故郷なのです。それは何故かと言うと、誰にも理解されず、妄想を押し付けられる環境で育ったため、心はボロボロだったのですが、生まれて初めて自分の一部を理解された場所が少年院であり、その少年院の教官だったのです。

こういった経験もあるので、「理解が癒し」になるというのは確信しております。 私の子供時代、育った環境では100やったら1~10しか認められないか、または根拠のない否定でした。何をしても否定されたりねつ造をされたりするので、否定される癖がついたのです。

しかし、今になって分かりますが、私を否定した側は根拠のない妄想で、私を見下して安心しようとして下に見るために根拠のない否定をしていたのです。当時は、自分が否定されるべき存在なんだと思っていました。しかし、少年院では100やったら100認められたのです。そして100悪さをしたらちゃんと100叱られるんです。

私は当時こう思いました。 「これは騙されてるのか?」 「こんなまともな世界はあるわけない」 「俺なんてどうせ…」 このように、悪くものないのに相手の妄想で否定されることが当たり前だったので、 自分は認められるわけがないと無意識レベルで思っていたのです。

しかし、私が規則を破って、切ないコンクリートの冷たい個室に閉じ込められていると、 少年院の担任でもない教官が何度も足を運んでくれました。 そうして私のことで涙を流していました。 その瞬間、私の閉ざしていた心が少し開かれたのです。 生まれた初めて、大人を信じた瞬間でした。 正確には心を閉ざしてから初めて信じた瞬間です。

<<下に続く>>

何とも言えない言葉にならない感情が溢れ出てきて、私の顔は涙でぐちゃぐちゃになりました。 はじめて人に理解された。本音で私のことを心配してくれているんだと無意識レベルで思いました。

当時18歳。はじめて人を信じてみようと思えた瞬間でした。 こういったことから、私は根拠のない妄想が嫌なのです。 根拠のない妄想は、その人間の都合でそう思いたいからそう思い込んでいるだけで、 現実を無視しているものなのです。 現実を無視して、現実で生きると、その間の分を誰かに負担させなくてはいけなくなるのです。 その負担は無意識レベルでの負担になり、知らず知らず背負わせていくのです。

「自分はそんなことない!」とか「子供に背負わせていない!」という親ほど、実は子供に負担を気づかず背負わせている可能性は高いです。子供の時は他者承認が必要なのです。正しい承認をしてあげるために大事なのが論理的思考です。 妄想思考では、自分の都合での勘違いで知らず知らず人を傷つけてしまう事もあります。

少年院の教官の言葉が、私の心の「安全装置」となっていたことに心から感謝しております。 少年院であの教官に出会わなければ、私はもうあの世に行っているか、薬物中毒だったか、刑務所かな?と思います。 生まれて、自尊心破壊をされ続け、スタートした人生。 今振り返れば、とても良い勉強になりました。そして自分の育った環境で色々ありましたが、皆、それぞれが精一杯生きていた事もわかりました。だから誰かを責めて終わるのではなく、みんなそれぞれの形で良くなっていけると良いです。

自分の承認は自分でするものです。 自分の直感を信じましょう。それは無意識からの自分の声です。本当の自分です。 少年院のように100頑張ったら、120ではなく正確に100認められ、 100悪さをしたら100叱られる。 そんな人が増えれば、非行に走る子も減るでしょう。ですので大事なことは現実を生きて事実確認を大切にして行く事です。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    子供だって、心底好きで非行に走る子はそうそういないのではないかと思います。身近で接したわけではないけれど、大人になった今わたしが思うことは、周囲の大人次第で、子供はこの矛盾した世の中に打ち勝つ翼を手に入れられるということ。
    大人が見守る姿勢、大人や子供という以前に、対人として同じ目線で見つめる姿勢、そして子供から大人が学ぶことだってあること、これらを忘れなければ、もっと素晴らしい日常が待ち受けていると信じます。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      大人はもっと責任もって子作りをするべきかもですよね!
      大人が媚び諂うようになると子供が苦しむんです。

      素敵なコメントをありがとうございました。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)