心の支配から脱出するため厳選5冊

モラル・ハラスメントの心理構造 著者:早稲田大学理工学部名誉教授 加藤諦三
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠著者:東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩
マインド・コントロール著者:医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。岡田 尊司
悪魔を出し抜け!著者:アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖。ナポレオン・ヒル
エマソン 自分を信じ抜く100の言葉19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソン

無意識は自分と他人を区別できない!親への恨みがあり親を許すには自己肯定感を高めて自分が権限を持った管理者になる必要がある

無意識の奥深い部分になると、自分と他人を区別できないので、人の良い点や成功を喜ぶことは自分の良い点や成功を喜んでいることになります。逆に人の良い点を否定し妬むと、自分の良い点も否定することになり、自分がマイナスになりやすくなります。

例えば私が100万円もらったとします。 妬むか?自分のことのように喜ぶか? 妬むと、自分にお金が入ってくる可能性も否定することになり、余計お金が入らなくなります。 喜ぶと自分にもお金を引き寄せやすくなります。

また、ネット上で正しい記事を読んだときなどマイナスな感情で正しい根拠のない否定をすると、自分が表現する力がなくなったり正しさから離れてしまったりしやすくなります。 逆に喜び、良い点を見ると自分にプラスになります。

理由は、最初に記載しました通り無意識の奥深い部分では自分と他者の区別が出来ないからです。 ですので他者を否定すると自分を否定することになるのです! これは凄いことですよ(笑)

父親と言う存在は、家庭にお金をもたらします。 ですので父親を許せず恨んでいると、仕事やお金を恨んでいることに繋がるのです。 無意識の深い部分では、父親と仕事やお金を区別できないからです。

母親は感情や人間関係を子供に教えるものです。 その母親を恨むと言うことは、良い感情表現や良い人間関係を恨むと言うことに無意識の深い部分で繋がっているのです。

<<下に続く>>

ですから、仕事や人間関係を向上させたい場合はインナーペアレントとの和解と、インナーチャイルドの癒しが大事になるのです。 自分はインナーペアレントとの和解は必要ない、解決済みだ!という方ほど気が付いていない場合があります。 それほど根深く誰にでもある問題かと私は感じています。

そして親を許すことは、許可することです。 許可は禁止されていることが前提ですから、禁止を解除する為に許可を出すことが必要です。 親からの禁止令はダブルバインドなどで刷り込まれています。

許可を出すためには自分の中で自分が一番の権限を持たなくてはなりません。 それが自己肯定感を高めると言うことです。 自己肯定感が高まれば許可を出す権限が自分になります。

その上で、親を許す(許可する)と・・? 親が言った言葉『クソガキ殺すぞ!勉強だけしておけ!』と言う言葉と暴力からの禁止令が、禁止令じゃなくなります。 『クソガキ殺すぞ!勉強だけしておけ!』『親は恐怖を持っていて勉強だけすれば良くなると思って苦しんでいる』というメッセージだったと気が付くのです。

つまり、親からの禁止令は本当は存在していなかった。 自分が禁止令だと捉えたから、禁止令になったのです。 親が『箸をおけ!食べるな!』と言ってきたとします。 食べるのをやめたら禁止令で、 食べ続けたら単なる雑音。 分かりますか? 禁止令を決めるのは自分です。 親を許すには自己肯定感を高めて自分が権限を持った心の管理者になる必要があるのです。

だからこそ、認知の歪みの修正と自己肯定感を高めることが大事なのです。 気づき成長してくと、相手の怒りの攻撃や暴言は悲しみに見えるでしょう。 毒親と呼ばれる親の悲しみも見えてくるでしょう。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント一覧

  • Comments ( 27 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by サージ

    最近、仕事上で他人に注意する場面がおおいんですが、その分良いところ、頑張ってるところを見つけて言うようにしています。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      注意の中に相手の脳内に『出来る自分』をイメージさせるようにすると、相手は動き出しますよ!

      私は言うのは簡単で実際難しいことがありますが、マイナス点ではなく

      『あれ?何?今日動き良くない?なんかいいことあった?あったんでしょ~^^教えてよ』と言うと、
      相手の原動力に火が付くこともあります。」

      そっと、言葉を添えて、その後の動きを見てあげてみたらどうですか?

      『あれ?何?今日動き良くない?なんかいいことあった?あったんでしょ~^^教えてよ』が効果的だったら、
      脳内の自分がやる気あるイメージで、半日はやる気出して動く人もいますよ^^

      そういった仕向ける側。それが大事かなと思います。

  2. by シンジ

    言う通りですね。

  3. by angemini

    「母親を恨むと、良い人間関係を恨むようになる」

    この言葉、心当たりがありすぎて、グサッと刺さり痛いです(苦笑)

    私は「母親に甘えて、可愛がってもらった」という記憶が皆無です。

    そんな人間だと、確かに良好な人間関係を築くのは難しいだろうなぁと、常々思っていました。

    「インナーペアレントの存在に気付く」、「インナーペアレントを許す、または乗り越える」というのは、こうした場で教えてもらわなければ、気付かない事の方が多いでしょう。

    ですが、インナーペアレントを克服するのは、ある程度年齢を重ねていろいろな価値観がある事に気付かないと、できないことでもあるような気がします。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      インナーペアレントを克服するのは、非常に大変なことです。絆のほうの配信で私に反発したくなる方の一部ですが、
      本人の気持ちではなく、インナーペアレントの支配からの反発の場合もあります。

      新しい価値観を手に入れることは凄く大事ですね。

      母親を理解し本当の許可が出来る頃には、人間関係を良好に出来る自分になっていると思いますよ^^

      その為には、知らない母親の傷や痛みを超えての理解が必要かもしれませんね^^

  4. by ミュリカ

    自分も親から副業禁止と言われたので、バレないように無断で郵便貯金通帳作って副業してる

  5. by 名無し

    わたしは母親を許せないまま生きてきています。
    記事を読んで救われました。ありがとう。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      許せないだけのことがあったのです。

      記事を読んでいただき心が少しでも救われたのでしたら嬉しい限りです。

      少しずつでも時間はかかりますが、親を許可するようにしましょう^^

      自己肯定感を高め、自分が権限を持った心の管理者になる必要があるのです。

      認知の歪みの修正と、自己肯定感を高めていきましょう。

  6. by ゆ

    分かります。私は結婚式前日まで介護をしていました。

    事務のバイトをして、急いで帰ってきて祖母の夕食を作っていた時もありました。

    その間は、父と母は外食しに行っていました。

    祖母の介護で大変だったのは父母も同じですが、今は父親が弱ってきていて母に世話を頼まれているので。

    平日はダブル家事です。

    昨日今日は体調がおかしかったので休んでいますが。

    父親は老人ホームに20万払っているので、なるべく助けてあげなきゃなのに完璧に出来ていないんですよね。

    せいぜい食料を少しずつ運んで作ってるくらい。なんです。

    本当に自分はダメ人間だとしか思えないし、一杯稼いで孝行したいのに両親に恨みの感情があるんですよね。

    感謝してる部分もありますが。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      人に尽くさなくても、ゆさんは認められて良い存在ですよ。

      本来、存在だけで認められるべきなのです。

      自分をダメ人間だと言わないで下さい。

      ゆさんが言っているように『両親に恨みの感情があるんですよね。』・・・。
      恨みが隠れているのですが、それはゆさんが悪くはありません。

      自分を理解してあげて下さい。

      心の奥で泣いています。

      うずくまって、早く私に気づいてと泣いています。

  7. by 名無し

    自分が使った言葉は必ず自分に返ってきます。なので普段からプラスの言葉を使うように心がけています。

  8. by ミル

    認知の歪みとは難しいですね。親を許すとかじゃなく、生んで育ててもらった訳ですから、有り難く思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      『生んで育ててもらったから有り難い』

      産んだのは親の都合です。親の都合なので育てるのは当たり前で、育てなかったら悪い無責任な親です。

      『生んで育ててもらったから有り難い』という考えは親をつけあがらせてしまうので、
      つけあがった親は『そんなことも出来ないのか!いい大学に行かないとダメだ!』と押しつけが始まるのです。

      ですので、正しくは『産んでくれて本物の愛情を教えてくれたてありがとう』です。

  9. by あっちゃん

    自分勝手にしたら駄目ですがいいなりも駄目だと私も思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      自分勝手でもいいんですよ?

      自分勝手にして迷惑かけたらそれなりの結果は自分に返ってきますし、
      自分勝手で良い事をすれば良い結果が来ますから。

      自分勝手だと恋愛でも成功しやすいとも言われ、自分勝手な人のほうが幸せになるとも言われます。

      そもそも自分の勝手で、自分のしたようにsてダメな理由って正しいと思いますか?

  10. by アイコン

    今まで親のいいなりになってきました。自己判断することが大切ですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね^^

      自分の責任で、自分の判断で楽しんでいきましょう^^

  11. by 小春日和

    自分の母親なんて大嫌い…

  12. by ゆいか

    なるほどと思いました。
    確かに私は母親をまだ許すことはできていないので、人間関係もあまりうまく作れません。
    逆に、父親は結構好きでいい関係なので、最近はお財布の余裕も増えてきた気がします。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      やっぱりですね!これってすごく当たります。
      私もそうでした(笑)

      お母さんを許すと、感情や表現力、人間関係が上手くいきやすくなりますので、理解を深めながら許すことを増やすと、人間関係にも影響してくることがわかってくると思いますので、是非実感してみてください!

  13. by かず

    いろんな考え方が有るものですね

  14. by 名無し

    育ててもらった親に対して恨むとか憎いという感情は持ったことがありません。
    自分の子供に対しても、厳しくしなければならないところは、厳しく接していますが、それを子供が恨みに思うのかはわかりませんが、子育てしていく上で、虐待等ではない限り、そういう感情が必ずおきるとはいいずらいのではないかと思います。

  15. by S.Knight

    今回のものは、私にとってはダイレクトな話題です…無意識は繋がっているようですね。

    私には「両親を憎む気持ちがある」…それは間違いありませんでした。
    おっしゃるとおりに“根深い”のです。私は“意識的には”それほどでもないと思っていたのですが、やはり無意識の方では納得がいっていないようなのです。
    完全に和解するにはまだまだかかりそうですが、最近では“あの父親も、そのまた父親(私にとっては祖父)に“間違って”教えられてきたから、私に対してもこのようなこと(言葉の暴力諸々)をしてしまうのだな”と思うようになりました。
    そうすることがその時代だったのかもしれませんし、実はそうではなく「機能不全家庭」特有のものだったのかもしれません…それは私も“この家庭の外”を知らないのではっきりとは断言出来ませんが…。
    これからの私は“自己肯定”と“認知の歪み”を直していくことが課題なのだと感じました。とても辛くて、忘れている“ふり”をしてごまかしている記憶を、時間が掛かってでも癒していきたいと思っています。有り難う御座いました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      “意識的には”それほどでもないと思っていたのに、無意識の方では納得がいっていないようだと気が付いただけでも凄いです。
      多くの方は“意識的には”それほどでもないと思っていてそれが全てだと思い込んでいるので、他に流していることに気が付かない場合が多いので気付き始めることは素晴らしいことです。

      そうなんですよね;^^
      時間がかかってしまうものなのです。そこを乗り越えると違う価値観で生きていけるのです^^

      世代間連鎖の流れがわかってきて、おっしゃる通りの、
      忘れている“ふり”をしてごまかしている記憶・・・。
      時間が掛かってでも癒していきたいという気持ちがあるので進んでいけますね^^

      誤魔化すしか道がなかったのですよ。
      ですので、それは悪い事ではありません。

      そして、自己肯定と認知の歪みの修正で、いつか親の暴言に涙し許せるときはくるものです。

      暴言は苦しんでいるこその言葉ですので^^

      素敵なコメントをありがとうございました!

  16. by メグミ(二児のママ)

    でも、親のなかにはっていうのもいますからね。男親なのにお金や仕事についてとか考えてるかわからないで、労働先で扱いが平等じゃないからとかってお仕事を適当に文句がつかないようにしてて、家は赤字冷蔵庫はからにしてみたりしてる。奥さんには飯の用意も勉強も教えたりしないとか、朝旦那は早いから動かない私に文句ばかりで否定とかっていうのは。

    親が親にあたっている場合になるんでしょうか、雑音で無視とかすると『人のいうこときかないからだ仏のなんとかも…』といわれます。

    どこを基準にしていいか、どう動いていいか困ります。

  17. by 名無し

    自己肯定感…難しいですが高めていきたいです。

  18. by 名無し

    自分の自由も大事ですが、やはり忘れないために勉強して未来の自分を切り開くのが家族の望みだと思います。

コメント投稿(承認制)
・記事を読んであなたの「気づき」に繋がったことがあれば投稿して下さい。
・あなたの「気づき」が誰かの心に届くかもしれません。
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)