Google検索

モラハラ界から抜け出すことが大事。モラハラ被害者は加害者でもある

モラハラ界から抜け出すことが大事です。

何故ならモラハラ被害者は加害者でもあるからです。

被害者意識があるとき、自分でも気が付かない加害者としての自分がいます。

自分は被害者だ!と言って今度は加害者側を被害者にして精神的圧力をかけ追い込むのです。

被害者でもない加害者でもない世界。

そこに行くまでは、被害者になったり加害者になったり繰り返すループ状態です。

モラハラ被害者は自分も同じく相手にモラハラをやっていることに中々気が付きません。

<<下に続く>>

モラハラの闘いなので、モラハラのレベルが低く単純な方が、怒り、暴言を吐き、手を出すことが多いのです。

モラハラのレベルが高いほうは複雑巧妙に相手の自尊心を傷つけるので、意外と冷静に楽しんでいることもよくあります。

喧嘩両成敗と言うように、モラハラもどちらにも問題があるのです。

大事なことは自分が嫌なら相手にくっつかないで離れること。

とにかく、くっつかないことです。

くっついて文句を言っていては解決は出来ません。

今日被害者だった者は明日加害者の場合もよくあるのです。

モラハラ界から抜け出すことが大事。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。