快適で動けなくなる魔法のソファ「Yogibo Max」

自称モラハラ被害者に注意しましょう「モラルハラスメントの特徴」「人が共に養う」と書いて「供養」と書く!親孝行はこれだ!

自称モラハラ被害者に注意しましょう「モラルハラスメントの特徴」「人が共に養う」と書いて「供養」と書く!親孝行はこれだ!

ネット上で「モラルハラスメントの特徴」などが色々書かれていますが、一部偏っているもありますので、それを鵜呑みのすることは危険な場合があります。どのように危険なのかと言えば一方だけを追いつめていき、その結果、爆発させて次の問題を生み出すことにもなり兼ねないからです。

モラルハラスメントを一番奥で行う人間は「欺きが上手い」ので被害者に成り済まし、相手を加害者に仕立て上げることがあるからです。モラルハラスメントは精神的な暴力や嫌がらせです。賢いモラルハラスメント加害者は、当たり前ですが自分を加害者だとわからないように被害者を装ったり、冷静に周囲をコントロールし善悪をひっくり返すこともあります。

加害者要素が隠していると、過剰に被害者だと主張する場合があります。自称モラハラ被害者は賢いのでネット上や本からモラハラの加害者の特徴を学び、その内容を相手に当てはまるようにして加害者に仕立て上げていくことがあります。以下の引用に書いてあるように、本当の加害者が被害者を装って、被害者が耐えられないくらい静かに追い詰めて被害者が暴力を振るうまで煽ってから「被害者としての大義名分」を作り出すパターンもあります。

モラル・ハラスメントの加害者が行う個々の攻撃行動は、普通の人でもやってしまうことがあるものだが、普通の人はためらいや罪悪感を伴ってしまうところを、「本物の加害者」[24]は自身のほうが被害者だと考える[25]。反対に、耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。加害者がそのように仕向けることすらある[26]。

引用元:Wikipedia

モラハラの特徴で「豹変する」なんて言われていますが、賢い本当の隠れモラハラは「豹変するように仕向ける」のです。何故なら、豹変した者は周囲から「おかしい…」と見られやすいので、そこを利用するのです。簡単ですよね。優しくして、更に優しくして、優しくして、そこから混乱させるように、いきなり無意識の傷を突く。そして優しさの盾を使う事で、素直な被害者は混乱し、相手は豹変したように怒りの矛先をどこに向ければよいのか、わからず怒り出します。怒り出せば「加害者扱いする為のモラハラの特徴ゲット」になるのです。

このように、モラハラの特徴に当てはめ、誘導し、どんどん相手が一般的なモラハラ加害者になるように転がしていくのです。本当の加害者が被害者に成り済まし、本当の被害者が加害者に仕立て上げられるパターンもあります。

既に、ネット上を見ても、モラハラをただの精神的な嫌がらせだと勘違いしている人がいるように思えます。正しくは言葉通りモラルを使ったハラスメントです。

モラル
美徳、道徳、倫理、良識、

ハラスメント
嫌がらせ、いじめ

つまり、美徳、道徳、倫理、良識、などを振りかざしたイジメや嫌がらせの事です。美徳などを使われると人は逆らいにくいものです。「あなたのためにやったのよ」に対して「いや、望んでないから迷惑」と言えば「なんでそんな酷い事をいうの(涙)」で、縛っていくのです。そして相手が怒ったら、声をあげて泣いたりして周囲を呼びます。最初に自分を押し付けをしている自覚がないか、または精神的な嫌がらせをするのです。無自覚の場合もありますし、影でほくそ笑みながら、舌をペロッとだして笑うようなタイプもいます。

当然、美徳、道徳、倫理、良識、などを振りかざすのですから、周囲に良く思われないと振りかざせません。ですので善の仮面をつけ、周囲に自分が良い人だと思わせるのです。このタイプは演技力が高いです。

「私はあなたが大事なのよ」とモラルを振りかざし、大事にしてくれている相手には大事にしなければいけないと思わせ、逆らわないようにして、陰から非言語メッセージでいじめるのです。特徴としては「付き纏う」ことです。たまたまだったら付き纏う必要はありません。しかし、色々な理由を付けては関わってくるのです。関わってきては引っかけて、そして精神的利益か経済的利益を搾取していくのです。私が見てきたがりではモラルハラスメント加害者の目的は精神的利益か経済的利益で間違いないと思います。モラルハラスメント加害者に引っかけられると、携帯の名義を貸した側が、更に20万円損しそうになり、涙を使い奪った側が、周囲を巻き込み被害者として大事にされて、20万円払わずに携帯代を踏み倒すと言う、一般家庭ではありえない、おかしなことが、まかり通るのです。

<<下に続く>>

モラハラの本当の被害者は、加害者が誰なのか分かりにくいものです。簡単に相手をモラハラ加害者だと言う場合、言った方が加害者の可能性があります。本当のモラハラ被害者なら、非言語メッセージなど、どのように使われ、どのような期間で、どのようなモラルを使われ、追い込まれたか分かると思います。そして全体のストーリーを見ると何を搾取されたか。それが分からないと言うことは気づいていないのですから自分が被害者だと言いません。

本当の被害者は自分が被害を受けていることに気づきにくいという特徴があります。気づかれたら搾取出来ないからです。本当のモラハラ加害者をギリギリ封じ込めているのは法律であり、まともな社会システムです。

何故か、本当の加害者の中にはネクロフィラスな傾向がある場合があるからです。ネクロフィラスは死を愛好する性向のある人間です。死を愛するのですから、本来は相手を殺したい、苦痛にゆがめてやりたいそういう願望を持っています。

しかし、それを社会で出すわけにはいかないので、物理的ではなく、精神的な死を相手に与えようとするのです。精神的な死。それは心の破壊です。自尊心を傷つけること。孤立させること。社会的抹殺をさせることです。本物のモラハラ加害者は、ターゲットの精神を食いつぶすべく善人の仮面を被りターゲットが、自分から粘着してくるように仕掛けます。

そうして釣れた人間を煽ります。仄めかし、曖昧表現を使い、コンプレックスを突き、ターゲットのイメージ低下が目的で怒らせます。ターゲットは怒ってしまう次は周囲に悪者扱いされるのです。ここで悪の仮面を被せられるのです。そして、本当のモラハラ加害者は涙の裏でほくそ笑むのです。本物のモラハラ加害者は死を愛する変質者ですから、相手を追い込んで孤立させたいと願っています。(実際、改心した女性は、そう思っていたと言いました)根底には強烈な親への恨みがあったとも。

実際に、被害者になりすまし改心した女性から話を聞いたので、ここまで詳しく書いているわけです。言えるのはこのように被害者になりすましてまで相手を追いつめる執念の裏には、深い悲しみ、恨みがあったという事です。中途半端に生きた者には理解の出来ない、想像を絶する苦しみだったり、みんな傷だらけなのです。難しいことですが、相手への理解を深めていくことが大切だと私は思います。本人さえやる気になれば、人は改心するものです。

誰もが、生きる権利、変わる権利、があるのだと思います。アドラーは死ぬ数日前まで人は変われると言うように、人は変わる為に生きているのではないかと私は思っています。その変わるチャンスは生きていれば、最後まであるのだと思います。更に死んだ後でも、その者と心が繋がっている場合は、心の中で共に成長や気づきを養うことが出来ると私は信じています。「人が共に養う」と書いて「供養」と書きます。これが本当の供養だと私は確信しています。

私が一緒にいる人は母親から相当な感情的な虐待や巧妙な支配を受けてきました。恨みも悲しみもすごくあり、恨んでも恨んでも消えません。それは何故か?本当は大好きだったからです。大好きだったからこそ、間違った道に行って苦しみながら死んでいった母親を見ることも考えることも辛かったからです。本人がどうしたかったのか?それは「苦しんで死んでいった母親を楽にしてあげたい」でした。

だから、供養が大事なのです。私の言う供養は形だけのお金儲けがメインの供養ではありません。先ほど書いた本物の供養です。「人が共に養う」と書いて「供養」と書くのですから、自分が親を思う気持ちを持ちながら、自分の心が成長することです。その成長は自分だけのものではありません。心の中で繋がっている親の成長にもなるのです。自分が楽になれば心で繋がっている親にも楽を養わせて上げれるのです。養うという言葉の意味は、自分の収入で家族が生活できるようにすることですから、心の世界では、自分の「気づき」や「心の強さ」などで、心の中で繋がっている親にも分けてあげることで、あの世があるのだとすれば、自分と一緒に親も心が救われていくのだと、私は思っています。親が死んでいても出来る親孝行は、親と共に心の中で成長して行く事だと考えています。

モラルハラスメントの概念とは、人がこういったことを、それぞれの形で気づくチャンスであり試練であるのかもしれませんね。

 

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 35 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ポロマム

    なるほど!とても共感できました。私も近年父親を亡くしましたが、父親と離婚して10年もなる母親が未だにお墓参りをして、私達子供の事を報告しているようです。私もそのような人間に成りたいと思います。

  2. by 名無し

    早く海外みたいに日本も取り締まってほしいです
    自分がやってなければ問題ないですからね
    だからモラルハラスメントを騒いででも広めたほうがいいと思います

  3. by miu

    誰しもがモラルハラスメントと隣り合わせになり得る世の中だけに、間違った解釈をしないようにしなくてはいけませんよね。

    いつ加害者になってしまうか、いつ被害者になってしまうか…分かりませんから。

    改めてモラルハラスメントがどういうものかを知れた事で勉強になりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラルハラスメントの概念をプラスに利用すれば「人を尊重」していくことに使えると思います。

      自分も尊重し、人や動物を尊重していけるように、どんどん変わっていきたいと私も思っています。

  4. by 名無し

    俺は前働いていた会社の社長がモラハラ、パワハラが酷くて会社を辞めました。当時はかなり精神的にも病んでいたんだと思います。今は穏やかに暮らせています。

  5. by 匿名

    同じように思っていたのですが
    英語のモラル→道徳等
    フランス語→精神
    みたいなのですがフランス語だと
    精神的嫌がらせになります
    どっちなんだろう

  6. by さな

    モラハラは本当にこわいなって思います。
    逃げたいのに逃げられない。
    子供6人。どうしたらいいのかわかりません。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      離れられない場合は
      http://plus-human.net/t/nme2bx5w
      上記のようなモラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブックで学んで実践することもおすすめです。

      モラハラから脱出するためには「正しい知識」と「情報」この2つが大事だということが上記にも書かれています。

      つまりモラハラを受けている時はチャンスです。
      自分自身がより向上するためのチャンスです。

      向上しながらモラハラから抜け出せるのです。

  7. by サージ

    ちょっとしたコントを思い出しました。
    A「おまえはおまえ宛てに届いた荷物は全部開けるのか?(怒)」
    B「開けるに決まってんだろ!(怒)」
    A「じゃあ、そのおまえ宛ての荷物が爆弾だったらどーすんだよ!俺はおまえが心配なんだよ!(怒)」
    B「A…。ごめん。」
    A「悪いと思ってんだったら、金払えよ…。」
    B「いくらだよ…。」
    A「千円。」
    B「分かったよ…。」
    A「♪ありがとーござぃましたー」

    モラルハラスメントって意外な所に潜んでるんだなと思いました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラルハラスメントってレベルが高いとサイコパスのようになり相手を洗脳したり変性意識にして暗示かけちゃうんですよね。

      モラルハラスメントって気が付かないと自尊心が傷ついてしまい、その結果、無意識で弱い人などに当たってしまうのに、無意識でやるから気づいていない事があるんですよね。

      モラハラ界から脱するには理解力を上げることって大事ですよね^^

  8. by 名無し

    旦那さんが働いていることを振りかざし、働いていない妻を制圧するのはモラハラ??
    モラハラって辛いです。
    精神的に追い詰められるのって嫌ですよね。
    逃げることが大事なのですね。

  9. by アイコン

    他人の意見や良い言葉にだまされる事なく頑張っていきます。

  10. by シンジ

    確かにモラハラは怖いですね。

  11. by meteor9

    上司がモラハラでした。

    心臓が圧迫する位、ストレスを感じて

    退社しました。

    いまは、家でのんびりしてストレスフリーです。

    辞めて良かったです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      良くなってきたのが何よりですね^^

  12. by 空

    私もモラハラのサークルに入っていた時期があったかの様に思います。

    だからこそ、何かに『気づきたい!』と強く思いこのサイト『絆』に登録したのかもしれません。

    それは間違いではなかったと思います。
    モラハラのサークルから抜け出し、逃げる必要に気づけた今、過去をしっかり受け止め自身を成長させ被害者にも加害者にもならないようにしたいです!

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうだったのですね^^

      恐らく何かに『気づきたい!』という気持ちの裏には、モラハラのサークルに入っていたことを無意識では感じていて、抜け出したいと思っていたのかもですね!

      逃げていいんです^^
      離れてもいいんです^^

      モラハラはあらゆるイメージ操作を使い、逃げることはいけない事だ、離れることはモラルに反するぞ、など言葉や非言語で圧力を出してきます。

      そんな時でも、自分の中の管理者は自分であり、権限は自分です。

      大事なのは自分。

      何と言われても自分。

      モラハラは、自己中だね。と言って言うことを聞かせようとしますが、関係ありません。

      自分を大事にしてはじめて、他者を大事に出来ますから、
      まず自分で良いのです

      親が大事な我が子にほんとに良くなってもらいたい場合は、『自分を一番に考えなさい』というものです。

      過去を理解すると、恨みが出ることもあるでしょう。
      それは間違ってはいません。恨むだけのことがあるんですから。

      しかし、恨み続けても自分にマイナスなので、大事なことは気づいて自分を大切にして、自分を犠牲にしないことです。

      離れても逃げても全然いいんですよ^^

      人は本当に一緒にいたい人同士いれば良いだけです。

      がんばってください^^

  13. by ヒマワリ

    私はモラハラを甘く見ていたようです。
    モラハラ加害者がいるかどうかもよく分からないし…。

    夫が妻を操るモラハラの本を読んだことがありますが、それに載っているモラハラは解りやすいです。
    でも真のモラハラはもっと巧妙で被害者を加害者にするほどの力があるんですね…。

    ネクロフィラスという言葉も初めて聞き、勉強になりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      多分、ヒマワリさんが今まで考えていたモラハラは、どちらかというと加害者に仕立て上げられている側だったのではないでしょうか?

      例えば、夫が妻を操るモラハラで、逆に妻がサイレントモラで静かに陰で操る場合もあるんんですよ(笑)

      すごくわかりにくいので、モラハラのサークルから抜け出すことが大事なのです。

      被害者でもない加害者でもない場所へ抜けることが大事です。

      被害者であっても、抜け出さないと今度は知らず知らず加害者になっていくのです。

  14. by 名無し

    モラハラは怖いですね。精神的に徐々に追い詰められるのですね。逃げることも大事なんですね。

  15. by ナオニャン

    モラハラの加害者にも被害者にもならないように気をつけようと思いました。
    大切な人達に対しても、「こんなに思ってるのに」というオーラを出さないようにしないといけないと思いました。

    無償の愛って、難しいですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      「こんなに思ってるのに」ってついつい思ってしまいますよね(笑)モラハラを意識すると自分が成長していけるので、自分をより良い方向へもってくにはモラハラの勉強も良いと思います^^

  16. by リッチマン

    うわ〜ッ、読めば読むほど怖い話ですね。
    モラハラのプロ(ヘンな言い方)って、相当頭が良くないと出来ませんね…。

    アメリカの多くのサイコパスは、とても頭脳明晰な人間だと聞いたことありますね。

    狙われないように、スキを見せず、とっとと逃げますぅ〜ッ。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラハラのプロって言い方面白いですね(笑)
      確かに相当賢いですし、モラハラのプロは人を魅了することに長けています。サイコパスもです。彼らは会話中に相手を変性意識状態にすることが凄く得意だと思います。

      変性意識状態にし暗示を入れやすいようにし、暗示を入れるので騙されやすいですし操作もされやすいのです。

      サイコパスの夫と被害者の妻が、女性のカウンセラーに相談に行ったところ、女性のカウンセラーはサイコパスの男性の話を信じてしまい妻が悪者にされた・・なんてこともあるそうです(笑)

      なんていうんでしょうね・・演出が上手いっていうか引き込まれていくんです。そして引き込まれたことにも気が付かないでコントロールされていくのです。それに気づいた人間を攻撃することもあります。気付くな!という感じで。

      きっとそれだけ傷ついてしまったのだと思います。
      サイコパスはモラハラの影響を凄く受けてしまって良心を棄てなくてはいけないくらい強いモラハラの影響を受けたんじゃないかって思います。

  17. by かず

    モラハラとか、サイコパスって、カルトみたいでこわいですね。気をつけます

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      カルトも暗示や洗脳が得意だと思います。
      モラハラやサイコパスも暗示が得意で魅了します。

  18. by なんたま

    逃げる!やってみます!

  19. by 名無し

    モラハラによるいじめが自分を傷つけ最終的に追い込むというのが一番辛いんだとは思いました。

  20. by 名無し

    コメント欄にありましたが、サイコパスは悪魔とも言えましょう。
    インターネット上でもモラルハラスメントが溢れているようです。時に善人を装い、一見は筋の通った指摘をしているように見えますが、その実は裏サイトなどで口汚く罵り、相手を攻撃するように仕向けた張本人。(これらを暴いていくと、ちぐはぐな言動・行動をしている事が分かってきます)
    いわゆる荒らしと呼ばれるものの一種です。
    ターゲットを怒らせ、反応させ、正気を崩し、そのターゲットが一般のモラルから外れると、悪いのはあなただ、とすり替える。一転して、被害者が加害者に。そして周囲をも、被害者を攻撃させるようにうまく仕向ける。そして孤立させる。やはり、欺きがうまいのです。
    彼らは、表に出ることをせず自分の手を汚さないような卑怯者です。自分もこれにやられた事があります。
    調べたところ、ある一種の人格障害である人にも似たような特徴がみえるそうです。周囲をボロボロにして食いつぶす、という…恐ろしい話です。
    モラルハラスメント・サイコパスを見極めるのは大変ですが、自分を守るためにもしっかりとした知識、気付きが必要ですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      詳しくご理解をされているんですね^^

      彼らもまたモラルハラスメントの影響もありそうなったのだとは思いますが、やはりまずは自分ですので知識をつけ見極め気づき離れることが大事だと思います。

      孤立は精神的に辛いものですから彼らの得意とする技なんですよね^^

      やっぱりこういったことを受けているのに気が付かない人間が、自分がやられたことに気づいて、プラスに生かして自己犠牲をやめ自己肯定感を高めていくこと。

      そういった自己肯定の道に入っていくことが増えると嬉しいですね!

  21. by ゆ

    最近、何回か配信された文を読んでいるのですが、難しく思ってしまいます。

    モラハラから逃げるのが大事だそうだけど、治せないのかな?

    私もモラハラなのかな?とか思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ゆさん。

      確実ではありませんが、もしかしたらゆさんもモラハラを行うことがあるかもしれません。
      自分が受けてきた手口の詳細に気付かないと、自分も無意識でやるようになるのです。これが世代間連鎖です。

      それはゆさんだけではなく、私もそうでした。
      広い範囲で言えば多くの方がモラハラがあるのです。

      それがわかったから叩くのではなく、気づいた人から抜け出せすことが大事なんです。
      治すという意味が離れることなんですね。

      離れるためには認知の歪みの修正と自己肯定感を高めることが必要です。
      何故なら、自己肯定が出来ないから、その隙間に心の賄賂を渡されて受け取ってしまったからなんです。

      私も過去に書きましたが、モラハラをやっていました。
      無意識でやってしまっているんです。

      それはモラハラをやってる人間に期待し依存したから、モラハラの価値観をもらってしまったんです。
      そうすると自分でも気づかない間に下にやってしまうんです。人間ほとんどがそうです。

      みんな自分の価値観じゃないものを自分のものだと思い込んでいることがありあす。
      そこに気づいてしまうと、自分が不利になると思うことがありますので気付かないようにしているんです。

      私もそうでした。

      もしゆさんが自分がどうなのか知りたい場合は、

      モラルハラスメントの心理構造 著:加藤 諦三
      毒になる親 著:スーザン・フォワード

      を読んでみると良いかもしれません。

      どんどん知っていけば、自分は一体どんな立場にいたのかわかるでしょう。

      自分に気づいてあげれば、自分も喜びます。

      • by ゆ

        菅原さん、返信どうも有難うございますm( __ __ )m

        少し大変で時間が掛かりそうですが、本を自ら読んだりした方がいいかもしれませんね。

        前にも書きましたが、加藤諦造さんの本は、父親と諦造さんの関係に書かれたところが重苦しく感じてしまい読みたくなくなってしまいました(・_・;)

        でも自分から学んでいかないとダメなんだろうなとは思っています。

        • 菅原隆志
          by 菅原隆志

          そうですね。

          自分を救うための内容がわかりやすく書かれているのに重苦しく感じる理由はなんでしょう?

          私は軽くなりました^^

          核心につかれると重苦しくなったり、気づきたくないと思うと重苦しくなることもあります。

          気づくことはとても勇気が必要です。
          気づいてしまったら今までのままではいられなくなることがたくさん増えるからです。

          ゆっくり、少しずつ自分を大事にしてあげてくださいね^^

  22. by 名無し

    読んでておもったんですけど
    モラハラって、まるで悪魔みたいですね

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。