Google検索

あなたは自分の空間的縄張りのパーソナルスペースを守っていますか?

あなたは自分の空間的縄張りのパーソナルスペースを守っていますか?

画像参考:パーソナルスペース – Wikipedia

パーソナルスペースとは、誰もが持っている見えない空間的な縄張りのことで、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールによると、パーソナルスペースは大きく分けて4つのゾーンに分けられるとされている。このパーソナルスペースは他人に近付かれると不快に感じる空間のこと。個人の性格、対象者、文化、民族などによって差があるとされ、一般的には女性より男性のほうがパーソナルスペースは広いとされている。

親密な関係の相手になればなるほどパーソナルスペースは狭くなり、近づかれても不快感を感じないが、敵だと感じている相手に対してはパーソナルスペースは広くなるとされている。
このパーソナルスペースは特徴として男性は広いが女性は狭い傾向があります。そして異性の間では歓迎されやすい男女の恋愛空間とも言われているのです。同性の他人がパーソナルスペースに侵入してくると嫌悪感が出てしまいます。相手のパーソナルスペースに入ることは男女の恋愛関係を進展させることにも繋がることもあるのです。

パーソナルスペースの距離

■親しい人に許される密接な距離
・近接相(0~15cm)抱きしめられたり、相手の体臭や体の温かさを感じる距離
・遠方相(15~45cm)手が相手に届く距離

■相手の表情が読みとれる距離
・近接相(45~75cm)手を伸ばせば相手を捕まえられる距離
・遠方相(75~120cm)お互いが手を伸ばせば指先が触れあうことが可能な距離

■簡単に会話ができる社会距離
・近接相(1.2~2m)相手に触れることが出来ない商談をするような場合の距離
・遠方相(2~3.5m)表情がはっきり見えない全体を見るような距離

■複数の相手が見渡せる公衆距離
・近接相(3.5~7m)個人的なものではなく、相手の様子がよくわからない距離
・遠方相(7m以上)身振りや手振りでコミュニケーションが行いやすい距離

<<下に続く>>

パーソナルスペースの男女の違い

異性に対しては歓迎されやすい男女の恋愛空間とも呼ばれるパーソナルスペースは異性に対して興味を持つ境界線とも言えます。相手のパーソナルスペースに入ることは男女の恋愛を進展させることにも繋がるのです。
パーソナルスペース
この図のように男女ではパーソナルスペースの大きさや形が違います。
女性のほうがパーソナルスペースは小さい事が多いので、女性と普通に会話をしていても、男性は『こんなに近づいているということは俺の事が好きなのかも?』と勘違いをすることが多いのですが、これは元々のパーソナルスペース大きさや形の違いが関係あると理解しておきましょう。
パーソナルスペース
このように向かい合っていると女性は男性のパーソナルスペースに入っている場合、女性からしてみると何でもない距離です。しかし男性からすると女性が気になってしまう距離です。このテクニックを恋愛に利用すれば男性に気になってしまう状態を作りつつ、女性は冷静でいるという状態になりやすくなります。
女性が前方から男性のパーソナルスペースに侵入し男性に意識をさせてから、下の図のように横や後ろから近づくとより効果的です。
パーソナルスペース
このように男性と女性が横に並んでいる時に男性は女性のパーソナルスペースに入っている場合があり、女性は男性が気になってしまう距離です。逆に男性は気になりません。男性は目の前のパーソナルスペースが広く、横や後ろは狭いという特徴があります。パーソナルスペースの性質上、相手の横に並ぶことで会話にも警戒心が薄れ、親近感が増しやすくなるのです。

男性が気になるけど女性からしてみると何でもない距離を見つけたら、その距離に近づいたり離れたりを繰り返すことで相手に興味を持たすことが出来るのでプラスに活用して恋愛に使えそうです。

また、あなたは自分のパーソナルスペースを守っていますか?

人を支配しコントロールしようとする人は、まずパーソナルスペースに無断で侵入し、会話を通し無意識に刷り込みを行おうとします。

あなたはパーソナルスペースに侵入されていませんか?

パーソナルスペースへの不法侵入に気づくこともプラスです☆

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    思い当たる節があります。「ここから俺の陣地〜」的な遊びが不快だった事や、ただの友達に勝手に腕を組まれてイラついた事。
    当時は意味の分からなかった感情も、ちゃんと理屈で裏付け出来るんですね。

  2. by リッチマン

    え〜ッ、又々初めて知りました!

    これは上手く使わないと勿体ないですね。

    先ずは、やはり恋愛でしょうかね〜♪

  3. by シンジ

    不意にパーソナルスペースに入ってしまうと相手は嫌がりますね。

  4. by かず

    今までしらなかったし、気にしてもいなかったです

  5. by 名無し

    仕事や性格のせいかあまり気になりませんでしたが、パーソナルスペースと言う言葉を初めて耳にしました。恋愛等で試してみたいです。参考になりました。

  6. by アイコン

    パーソナルスペースは大事ですね。確かに上手いことつかいたいです。

  7. by 由来

    好きな男性に使ってみたいです。試してみます。

  8. by 伊多波博文

    『パーソナルスペース』その言葉で縄張りの事だとわかりました。自分の一番居心地の良い所を生きていくなかで見つけるべきだと私は思います。また自分の潜在能力を一番発揮出来る場所、自分をいかせる場所を見つけていくべきだと私は思います。それは日本な限らず海外であるかもわかりません。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      自分の潜在能力を一番発揮出来る場所、自分をいかせる場所を見つけていくべき。

      本当にその通りだと思います。

      それを見つけることが素晴らしい第一歩ですね^^

      頑張ってください!

  9. by 友樹

    パーソナルスペースを守る事って大事ですよね。
    昔何かの本で、私物を勝手に触る事もパーソナルスペースを侵してる事になると書いてあるのを見付けました。
    たまに私物を勝手に触ったり、荒らす人が居て、
    その行為ドン引き&パーソナルスペースを荒らされた!!!と不愉快な気持ちになるのですが、なんと断っていいのか分からず、我慢してしまう自分がいます。
    そうすると、相手は図に乗り、また人の私物を勝手に触ったり、あれこれと指図してきたり、無駄に近付いてくるんです。
    この記事を読んで、改めてパーソナルスペースを守る事の大切さを実感しました。
    自分を守る為にもパーソナルスペースをきちんと守りたいと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね。

      パーソナルスペースに侵入することで相手の無意識に刷り込みや、自尊心を傷つけることがやりやすくなるので、まずパーソナルスペースに侵入することを目的としているので、侵入させないが大事です。

      自分が離れて侵入させないことも大事ですし、出来るだけ私物を触られないようにしておくことも必要だと思います。

  10. by ms110

    あまり気にした事がありませんでしたが、読んでみてそういえば、頷ける点があると
    思いました( ・∇・)

  11. by メグミ(二児のママ)

    男性と女性とでパーソナルスペースの距離感が違ったり、物事によってのパーソナルスペースにも違いや意味があるのを知って勉強になりました。

  12. by 名無し

    苦手だなと思う人を見掛けたら先ずその人に近づかないし会社の上司だろうが知り合いだろうが距離をおいたり関わらないようにするのでパーソナルスペースに侵入されるような事はないと思いますが支配やコントロールされる事のないように付けようと思いました。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)