Google検索

モラハラ!自己受容!本当に自分が被害者なら戦わないで抜け出せばい良いのです。

モラハラ!自己受容!本当に自分が被害者なら戦わないで抜け出せばい良いのです。

本当のモラルハラスメントを行う人はカウンセラーなどにもいる可能性は十分ある。

いじめられた被害者側にもいる可能性は十分ある。

え? 本当に? そう思った方もいると思います。 だって良く考えてみてください。 モラルハラスメントは、モラルを使ったり振りかざしたことが前提での、モラルによる精神的な暴力、嫌がらせのことを言います。

モラルハラスメントと言うのは、モラルを使った嫌がらせですよ?

「あなたの為・・・」 「お前の為・・・・」 「あいつは悪い・・」 表面上、良い人だと思われる必要がある巧妙な気づかれないモラルハラスメントを行うには、カウンセラーはとても相性ピッタリだと思いませんか?

まともなカウンセラーは心の中に敵を持っていません。 ですので、一方を敵とみるカウンセラーや精神科医は好ましくない事だと私は思います。また、「いじめられたという立場」もモラハラを行うにはとても役立つ立場なのです。

※全てがそうだ!ということではありません。

モラハラ加害者の特徴の一部

・モラルハラスメント加害者は罪悪感を持たない。

・本物の加害者は自身のほうが被害者だと考えている。

・加害者が暴力をふるう暴言を吐くように仕向けることすらある。

モラハラ被害者の特徴の一部

・モラル・ハラスメント被害者となるのは、几帳面、秩序を愛する、他者への配慮を働かせる、責任感が強い、うつ病になりやすいタイプの人物

・自分が悪いのではと罪悪感を持ちやすい

・誰かに与えることを欲している人

・耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。

加害者が欲しているけど持っていないものを被害者が持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出している場合、 加害者の前に居合わせることになったとき被害者に選ばれるのです。  モラルハラスメントを受け続けると、人格障害になりやすいのです。 つまり、自己愛性人格障害などの人の周囲に、モラルハラスメント加害者は誰にも気づかれず潜んでいることが多いのです。

<<下に続く>>

そしてモラルを振りかざしながら、誰にも悪さに気づかれないように、ターゲットをジワジワ追い込むのです。 モラハラ加害者は誰かを追い込んでいないと気が済まないので、「モラハラのサークルから抜け出さない」ようにしています。 モラハラのサークルとは矛盾した世界です。常に自分を被害者だと言いながら泣き落としを巧妙に利用し、何としてもモラハラ界から脱出しないようにしています。

抜け出せばいいのです。 本当に自分が被害者なら戦わないで抜け出せばい良いのです。 抜け出せない理由、そこに自身のモラハラの加害者としての傾向があるのです。 抜け出せない理由を言い訳としているのです。

・モラルハラスメントの心理構造を理解する。

・論理的思考をする。

・論理的会話をする。

・妄想思考を許可しない

・相手の妄想を辿りストーリーを見抜く

・絶対に怒らない

・会話を録音、録画する(後で見抜くため)

・アサーショントレーニングを環境に導入する

・モラハラと戦わず逃げる、離れる、無視する  

このようなことを意識してモラハラのサークルから脱出しましょう。 許せない!と言い、相手を追いかけているうちは自分もモラハラのサークル内にいることになります。 モラハラの加害者は、あの手この手で、怒らせ暴力や暴言を引き出そうとします。 暴力や暴言を使ったほうが不利になることが多いから、相手を不利な状況に追い込むために、コンプレックスなどを的確に見抜き、そこをうまく突くのです。

そうして怒らせ、ターゲットに悪いレッテルを貼り、立場を失わせることを目的の一つとしています。 モラハラの加害者は被害者になりすまし、そして被害者は次の加害者になりやすいのです。 被害者でも加害者でもない場所に抜け出すしかないのです。 抜け出したら、二度とモラハラ界に足を踏み入れない様に、自分と他者をしっかり区別し、パーソナルスペースを守り、自己受容をしっかり行って下さい。 自己受容とはありのままの自分に評価を下さず良いも悪いもなしにすべてを受け止めることです。

抜け出したら、自分が如何に異常な価値観の中で生きてきたかがわかります。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 26 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 匿名

    一般的にモラハラと呼ばれそうな行為をしてる方を何人か見受けた事があります。
    「あんたの為に」「あんたの為なんだから逃げるな」という口上でつきまとい、嫌味やからかい人間性の批判し、
    第三者に悪口を振り撒いて笑い者にしたり、「そんな駄目人間をみてあげている優しい私」と見せかけるアクセサリーにしたり、典型的と言えるモラハラです。
    でも皆、一様に努力家で、失礼ながらモラハラ対象者より成果もあげており、自分が正しいと思う秩序には厳しく、サービス過剰なくらい気をつかう人でした。(要らないと思うものが大半で見返り要求が激しいけど)
    殴りたい気持ちと言えば、話を聞けばモラハラ対象者も含め両者とも秘めているようでした。

    何が言いたいかと言うと、被害加害は特徴では語れないのではないかと言う事と、どちらも離れたくても離れられない被害者意識でいっぱいで 「シメシメ利用してやったぞ」というような解りやすい加害者意識はないのではないかなぁと言うことです。
    両者共々傷ついていると思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      「失礼ながらモラハラ対象者より成果もあげて」と仰っておりますが、成果を上げていなければモラハラされても仕方ないと言うのはおかしいと思います。

      両者共々傷ついているというのは同感です。互いに迎合的になるか攻撃的になるかでモラハラをし合っている部分もあるでしょう。

      本当に離れる場合は良いのですが、マインドコントロールが解けた後も離れない理由を探している場合は何かに利用してやろうと思っているかもしれませんね。

      被害者と言う盾を持ち、非言語で刺していく・・・。そういうモラルハラスメントもあるでしょう。

  2. by 名無し

    私の性格だと、無駄なことに構わず他にやるべきことに力を注ぎます(笑)しなやかな心になれれば、必要ない部分では妥協も無視も出来ます!

  3. by うさぎ

    自分がきちんとした知識がないのなら、関わらない方が良いと思います。双方に取っても、良くないことだと思います。

  4. by 名無し

    表面上は仕事もしっかり出来て頼りがいのある人がモラハラを行う事はよくある事ですね。

    わたしはモラハラの被害を受けた事があるので加害者が巧みなのはよくわかります。モラハラの加害者は本当にしたたかです。会社の上司も気付かないのですから…。

    次にまた被害に合うような事があったその時は冷静を装い絶対にむきになって怒らず、逃げる、離れる、無視するに徹しようとおもいます。

    意識して行動すればモラハラのサークルから脱出できそうですね。参考になりました。有難うございます。

  5. by 名無し

    私もモラハラの加害者になってしまいます。あまり暴力を振るったりはしないのですが、仕事となるとつい言葉に出てしまいます。相手が気づくなら気をつけなければなりませんね。

  6. by 名無し

    何だか人付き合いをするのが怖くなりそう{emj_d_0163}

  7. by こまり

    学生の頃、ある日突然に担任の先生に呼ばれ個室に連れていかれました。

    先生の話は「お前、〇〇さんをいじめているんだってな。」でした。

    まっっっったく身に覚えの無い突然の言葉、尋問に、私はパニックになり、「全く身に覚えがありません。何を言っているのか良く分からないです。」と、いくら言っても全く信じて貰えませんでした。

    その〇〇さんとは、クラスメートでしたが、挨拶をしたりする程度の接点のない、本当にただの1クラスメートで、好きとか嫌いとかの感情も抱いておらず、クラス内でも、その子がいじめにあっていたとゆう訳ではありませんでした。

    そして、私は元々いじめが大嫌いでしたので、なおさらするわけもなかったです。

    ではなぜそうゆう話になったのかと言うと、何と、本人自らそう申し出たらしいのです。

    更に驚きだったのが、その子はそれが原因でうつ病になってしまったと言うのです。

    先生も、そう本人が言い、その子の母親からも相談を受け、実際に病院にも通っていたらしいので、信じない訳がありません。

    あまりの出来事に「えっ?!えっ?!私、無意識的にいじめてたのかな?!」と、本当にいじめていなかったのに、自分で自分を疑ってしまったりしました。

    でも、実際にやっぱりやっていないし、泣きながらその事を他の友達にも話ましたが、皆一様に驚いて、友達が先生に訴えてくれたりもしましたが、事が大きかっただけに、それも全く信じて貰えませんでした。

    その子と回りの人達には、私がいじめてうつ病になった。それが揺るぎ無い真実として存在していました。

    私も嗚咽しながら泣きながら訴えても、全く信じて貰えず、パニック状態でした。

    先生の望みはただ1つ。
    いじめはやめて、反省し、その子と母親に謝るとゆう事でした。

    何日か頑なに頑張りましたが、自分ではどうしょうもない、その不可思議な状況に、私自身が狂ってしまいそうでしたし、そんな状態の私に降りかかった問題にクラスメートも巻き込ませてしまっていたので、「謝って、全てが丸く収まるなら、もうそれでいいや」と、無気力のまま、後日学校に訪れたその子の母親とその子に謝罪した。

    とゆう、今思い出しても謎な出来事がありました。

    長文になり申し訳ありませんが、この記事を読んで、その出来事を思い出しました。

    長文、乱文にて失礼しました(^_^;)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      その先生は、こまりさんが、いじめをしている人間であってほしかったのかもしれませんね。

      正しく確認もせず信じてくれないのは嫌ですね。

      その子には「うつ病としての理由づけが欲しかった」のかもしれませんし、解釈の違いでそう捉えてしまったこともあるかもしれません。

      または妄想のようなものがあったのかもしれません。

      繰り返すと言うのは本当に怖いもので、やってもいないことを繰り返し繰り返し言われ続けると、本当にやったと思い込んでしまう場合もあるようです。

      「謝って、全てが丸く収まるなら、もうそれでいいや」という気持ちになったのは相当辛かったのでしょう;

      ですが心の中では「自分は絶対にやっていない!」そう思うことは大事です。

      やってもいないことを、やったと言ってしまうと自分を傷つけてしまいます。

      本当に世の中、周囲を操作することが上手い人はたくさんいます。

      そういった操作する側の人間が言っていた言葉ですが「感情的になり素直でまともなことを言う人」は簡単に転がせる・・。そう言っておりました。

      そういった操作する側にやられないために以下のことを大事にして見て下さい。

      ・モラルハラスメントの心理構造を理解する。
      ・論理的思考をする。
      ・論理的会話をする。
      ・妄想思考を許可しない
      ・相手の妄想を辿りストーリーを見抜く
      ・絶対に怒らない
      ・会話を録音、録画する(後で見抜くため)
      ・アサーショントレーニングを環境に導入する
      ・モラハラと戦わず逃げる、離れる、無視する
      ・むやみやたらに素直でいないこと

  8. by あっちゃん

    私は戦いを放棄します。内容がとっても参考になります。

  9. by つかmama

    モラハラ
    今職場で合ってる感じです
    軽いいじめのような気がするんですよね
    自分のストレスを私に難癖つけて
    くる感じです
    こちらが
    ストレス溜まります
    自分のミスを無理やり理論だてて
    私のせいにしたり
    周りの人は、分かってくれているのでまだ
    助かりますが気が滅入ります。
    上司なので無視するわけにもいかず
    困っています。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      「自分のミスを無理やり理論だてて私のせいに」

      これがはっきり証拠あるのでしたら、行動にうつしたら如何でしょうか?

      はっきりと自分のミスを人のせいにしていると突きつけてあげることも必要かもしれません。

      例えば近くのカウンセラー(モラハラに詳しい)の所などに同行してもらいカウンセラーから説明してもらうことも効果あるかもしれません。

  10. by アイコン

    加害者でも被害者でもない世界にいきたいです。

  11. by リッチマン

    モラハラの加害者って、あらゆる所に潜んで、獲物を狙っているってかんじですね。

    ボーッとしていると、何されるか分からないのでこわいです。

    とにかく付け入るスキを見せないように。

    あとは逃げて、離れて、無視する。

    これイイですね。

  12. by シンジ

    言う通りですね。

  13. by 花梨

    モラルハラスメント最近よく耳にしますね。加害者は自覚がない事が多い気がします。周りはその方の本質を見抜いて対応する力が必要ですね。特に女性同士は無視などは逆効果になると考えます。

  14. by 名無し

    まさに魔のループですね。

  15. by 伊多波博文

    私もモラハラ被害者でありうつ病になりました。ただ加害者側に肉体的な攻撃を抑える事が出来た自分がいました。攻撃してやり返したい気持ちも強かったのですが私の場合は抑える事が出来ました。 肉体的攻撃ではなく完全無視といった精神的攻撃のような態度をとっていたように思います。

  16. by かず

    モラハラというのを受けたことがないので、よくわかりませんね

  17. by 名無し

    モラルを覚えいてもそのようなこと社会で活かすのはやはり難しいと少しながら理解しました。

  18. by メグミ(二児のママ)

    モラルハラスメントは、普段の生活の中に『◎◎のために』って言う言葉で、確かにしてしまっているように思います。大人の都合で子供を犠牲にするみたいな感じですが。でも、恋愛関係の気持ちの中にも『相手のためにしてあげたい』という気持ちがあります、この気持ちが大事だからというのでなくなって、大事じゃなくなったらモラルハラスメントになるのかなと、考えてしまうと、会えないなら離れた方がいいように思ってしまいます。モラルハラスメントにならないように、しないように傷つけないようにって気をつけたいと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうなんですよね;^^

      モラルハラスメントは、普段の生活の中で『◎◎のために』って言う言葉などを使い、相手の心を縛り上げています。

      ですので気付いて抜け出すことが大事な事なんです。
      戦ってもどんどん悪化するだけなんです。

      仰る通り恋愛関係にもたくさん隠れている場合があります。

      『相手のためにしてあげたい』という気持ちの裏に見返りがあると、それは後で恨みに変わったり増します。無条件で与えたい場合は恨みや不満など後で出てこないのです。

      見返りの無い相手への『相手のためにしてあげたい』は、自分がありのままの自分をちゃんと受け入れていないと出来ません。

      モラルハラスメントは知らず知らずやってしまう事もありますので、気づいて省いて抜け出すことが大事です。

      「アドラー心理学」がおすすめなので機会があったら調べてみてください^^

  19. by 二児の母

    (´Д`;)

  20. by 名無し

    何!!?

    よくそんなこと言えますね
    虐められた人の気持ちを踏みにじって!!

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      踏みにじっていません。

      勝手に踏みにじられたと言ってレッテルを貼ってこないで下さい。

  21. by 名無し

    良く分かりますね。
    被害者になると相手を追い込みますよね
    わかってるけどやめられないってかんじっすね

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)