在宅支援をご希望の方へ

対人恐怖がある人は「挫けた時期」を思い出し勇気をもって本当の自分を取り戻そう!

対人恐怖がある人は「挫けた時期」を思い出し勇気をもって本当の自分を取り戻そう!

対人恐怖がある人もそうでない人も、人は皆、例外なく「挫けた時期」があります。「挫けてなんかいないよ!」と思う人も挫ているのです。挫けていないのなら、人は完全に自分を押し通して生きてこれたのです。そんな人は世界中探してもどこにも存在しません。



挫けた時期って?

挫ける(くじける)とは、外部からの圧力や力に負け、相手の力に抵抗しきれなくなることを言います。僕たちは赤ちゃんの時は無意識100%です。そして無意識は本音でありその人の本質部分です。ですので無意識が強い子供の頃は素直で言いたいことも言えますが、大きくなるにつれて段々外部の圧力や力に負けて抵抗し切れなくなります。大体、小学5年あたりで挫ける仕組みです。

外部の圧力や力に負けて挫けることから始まる

例えば、小学校に上がる前に、家で家族に愛されている中、自分を通し続けられたとしても小学校に上がれば徐々に通用しなくなってきます。小学校に上がればそこには色々な形の圧力や、自分の力じゃどうにもできない外部の力を体感することになります。そうやって共有の場で必要なことを学んでいきます。学ばなければ共有の場で生き抜くことは出来ません。

つまり、1度本当の自分を見捨てて、他人の価値観を鵜呑みにしないと生き残ることが出来ない仕組みなのです。人生はこうして、外部の圧力や力に負けて挫けることから始まるのです。本当の自分を見失って、そこから本当の自分探しをして、本当の自分を取り戻していくのが人生の醍醐味なのです。壮大なスケールの人生ゲームのようなものです。

挫けたことを忘れてしまう

人は、誰もが生きていくうえで何かに恐怖します。そして、恐怖に迎合して、生き延びるための手段として恐怖への同一化を果たします。つまり、恐怖の対象の感情や価値観を自分のものだと思い込むことで恐怖から逃れようとするのです。

一昔前の不良少年が怖い先輩の価値観を理解もせず受け入れて自分も同じ価値観であると嘘をつき続けたことで本当に自分もその価値観であると信じて疑わない状態になっているのもソレです。

人は挫けた瞬間を覚えておらず、挫けたことを忘れてしまうのです。だから人生の歯車がずれて上手くいかないことが増えていくのです。

なぜ外部圧力や力に負けるのか

なぜ人は、外部圧力や力に負けるのか。それは「勝とうとするから」です。相手を負かして自分が勝とうとするから。つまり、支配をしたいから、支配されるのです。そして、その支配に負けるのです。

僕たちは「教育によって洗脳された」のです。競争をすることを良しとして刷り込まれています。負ければ否定され、勝てば肯定される。それは今でも至る所にありますよね。勝者こそが美しいとされる。だから人は必死に勝ちたいのです。勝って認められたいのです。そうやって支配下に置かれているとも知らずに。

世の中、上には上がいます。どんなに上を目指しても、キリがないくらい上が出現してきます。つまり「本当の世界の王」にはなれないのです。なれないものを追い求めるから永久にループするのです。そして、外部圧力や力に負け、支配されるのです。その苦しみから逃れようと自分も誰かを支配するのです。これが縦の支配世界の仕組みです。

自分が支配をやめればいい

縦の支配世界の仕組みは、永久に上が出現して支配される仕組みです。だから、勇気をもって「自分が支配をやめればいい」のです。支配をやめるということは勝ち負けを捨てるということ。そうではなく自分にも他人にも比較しようのない別の素晴らしさがあると認めてと尊い存在だと思えるようになることです。

これが非常に難しいのです。生涯かけて成し遂げるくらい難しいことです。誰もが勇気が挫けて、支配を覚えて、支配を継続させて、いたちごっこの縦の世界でもがくのです。そこから悩み苦しみ、苦難を乗り越えて、自分を取り戻して幸せになるために人はそれぞれの形で戦って生きているのです。生きている以上、戦い続けているのです。

ハラスメントやイジメは本当の自分に近づけてくれる

ハラスメントやイジメは本当の自分に近づけてくれるものです。いじめ問題は「どちらかが悪い」という問題ではないのです。いじめ加害者も被害者もそれぞれに別々の区別すべき問題を抱えているのです。加害者には加害者の問題。被害者には被害者の問題。こうしていじめ問題をなんとかクリアすることで成長していきます。すべては成長材料なのです。

ハラスメントやイジメ。これは、加害者も被害者も「本当の自分からかけ離れてしまっている」のです。それが別の形となってハラスメントやイジメとして起こっているのです。

例えば、本当の自分は警察官になりたいとします。しかし、他人の価値観を鵜呑みにしてしまい犯罪者のほうがかっこいいと思い込んでいたとします。本当の自分の警察官になりたい思いは心の奥に抑圧されいきます。そして、犯罪者のほうがかっこいいと思い込んで行動しても、所詮、本当の自分の思いではないから極めることは出来ません。つまり犯罪者としての成長はあまり見込めないのです。当然、犯罪者の世界では縦の世界の意味として弱者です。

http://bright-ms.net/?p=3179)の記事に書いたように「狡さは弱さに敏感」ですから、当然狡賢い者が寄り付いてきます。そう、ハラスメントやイジメが起こる可能性が高まるのです。このことには「目から鱗が落ちる思い」になる人もいるでしょう。

本当の自分がなりたい道なら、人は黙っていても極めようとするのです。なのでハラスメントやイジメも、問題解決に取り組むことで「本当の自分」に近づいていけるのです。本当の自分に近づいていけば、黙っていても極めようとする(強くなろうとする)から「狡さは弱さに敏感」の狡賢い加害者からターゲットにされにくくなるのです。

どんな人間でも個人差は大きくありますが例外なく挫ける

例えば、アドラー心理学では、人はライフスタイル(性格や気質)を10才前後で形成するのだと言われています。

僕はこれを、挫けてしまったことによる偽の自分形成だと考えています。誰しも偽の自分を形成し仮面を被って生きなければ、強烈な叩きに合うようになっているので偽の自分を形成するのです。例えば僕が10代の頃は「個性が大事だと謳っている大人がいたので個性を出したら否定」でした。つまり、それは「誰かが決めた見えない枠の中だけでの個性」なのでした。その枠を超えると叩かれるのです。そうして子供では説明の出来ない空気に挫けていくのです。

<<下に続く>>

その時期は個人差はありますが平均的に10歳前後ではないでしょうか。大人になってまで、挫けず無意識の本音を表に出せる純粋性の高い人はまずいないと思います。何故なら、挫けず純粋性が高いと、純粋性の高い人に巧妙に近寄り叩くモラルハラスメントやサイコパスのような人が寄ってきやすくなるので、挫けるまで圧力をかけられるので、挫けないままでいることは非常に困難なことです。

そうして誰もが挫けて本当の自分を無意識の奥に追いやり自分で自分を見捨てて忘れていくのです。それが人生の仕組みの1つです。

挫けるとどうなるの?

挫けると、本当の自分を表に出すことが苦しくなるので、本当の自分をなかったことにして無意識の奥に封印していきます。そして仮面を被った自分を本当の自分だと思い込んで錯覚していくので、本当の自分が何なのか分からなくなり、偽の自分を本当の自分だと思って生きていくようになるのです。

本当の自分をあまり深くに追いやると、無意識から「気づいて!」と、あらゆる形でメッセージを送ってきます。それが色々な症状や、原因不明の体調不良などですね。無意識の声は、体にメッセージとして現れてきたりします。

本当の自分を思い出そう!

本当の自分を思い出し自分の目的を知って自分を受け止めましょう。例えば、対人恐怖がある人は特に自分の目的を知りましょう。対人恐怖であることを否定し、あるがままの自分を否定していませんか?

そして、いつまでたっても良くならない…。それは対人恐怖を間違った捉え方をしている場合もあるのです。

簡単に言えば、対人恐怖は人が怖い、過度の緊張をする。そんな状態で無理して関わろうとしても悪化するだけなのです。本当の自分は今は人と関わるな!と言っている場合もあるのです。

無意識からブレーキをかけてきている理由があり、

・それ以上人と関わると危険ですよ!

・まだ準備が出来ていませんよ!

このように無意識からメッセージが来ている場合もあるので対人恐怖になるのです。例えば対人恐怖の人は「本人も気が付いていない凄い怒り」などが隠れていることがあります。その攻撃的な心の奥にある怒りが人に投影され、投影の結果、他の人も攻撃的に感じられて”人が怖い”となる場合もあります。

この場合は、その自分の怒りに気づいてあげることも大事なことです。

怒りの背景には悲しみと寂しさがあります。

ですので対人恐怖と言うありがたい状態を活用し、対人恐怖の良い点にフォーカスして下さい。対人恐怖だから人と関わらないで自分をしっかり持って左右されず、今は対人恐怖で良いのです。

対人恐怖の方は、今は対人恐怖であることが重要なのです。

ありのままの自分を信じてあげて下さい。ありのままの自分を認めて受け入れた時に新しい答えが見つかる場合もあります。

本当の自分の人生を再スタートする準備を開始

そして自分に何故ブレーキがかかっているかを理解し、理由が分かったら準備を始めて下さい。人は無意識の目的に沿って進んでいます。その無意識の目的に逆らっても上手くいかないだけです。

僕たちは人生の中で、大きく挫ける時期があります。挫けることで、本当の自分を見失って生きています。本当の自分を見失い、嘘の自分を生きることで、あらゆる症状が出てきて、無意識からブレーキがかかってくるのです。

大事なのは挫ける前の本当の自分に気づいて、自分をありのまま受け止めることです。本当の自分の目的は何だったのか?本当の自分はどうしたかったのか?無意識の奥に隠してしまった本当の自分を思い出して、次は挫けないで進むための準備を開始して下さい。

アドラー心理学では、幸せは貢献感だと言います。「自己受容 ⇒ 他者信頼 ⇒ 自己犠牲ではない他者貢献」これが幸せの道です。自己受容をまずできるように進みましょう!自己受容は他と比べることなく、ありのままの自分をそのまま受け止めることです。僕は、今、自己受容が少しでき始めた感じです。自分が大嫌いだったので。それを乗り越えたら他者信頼が出来るように成長したいと思っています。そして本当の他者貢献ができる自分になりたいと思っています。

過度な不安や恐怖の正体は「妄想」であり「過去の記憶」です。区別し整理が出来ていないので過去の記憶が実際に起きてもいないことを起こるかのように考えてしまう癖になっている場合もあるのです。「過去の記憶」を整理し区別し解釈や意味づけをプラスに変えて道筋のある考え方を身につけましょう。

悩んで苦しんだことは、きっと意味があったと後から思える時が来るでしょう。

そして、対人恐怖のある人は、心が弱っているので他者に媚びて何とかしてもらおうとしていることが多いです。それが対人恐怖を生み出している場合もあるので、以下の記事も読んでみて下さい。紹介している教材は有料ですが1080円と安いので良かったら読んでみて下さい。教材の「第三章、人に媚びない」はとても大事です。僕自身、対人恐怖のような症状で苦しんだ時に、人に媚びていましたので「人に媚びない大事さ」がよく分かります。

【お人好し・神経症改善】憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法!

群れに染まって自分に降りかからないようにすることはとても楽です。しかし、本当の自分への裏切りです。本当の自分を取り戻すことが難しくなります。そういった意味で言えば、対人恐怖の人は、狡くないのです。強さもあるのです。自分を信じてあげて下さい。

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

人気教材一覧

自分の力で自分を救うまで、
似たような問題が繰り返される…。

回復したら「学習を開始」することが必要。
自分で自分を育て始めて下さい。

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材

コミュニケーション能力向上

デイリーパラダイムシフト
教材提供者:会話コンサルタント 木多崇将

コミュニケーション障害は、間違った物事の見方、勘違いが原因です。つまり認知の歪みが邪魔をしているのです。なので、間違った物事の見方、認知を改善することでコミュニケーション能力も上がるということです。この「認知改善音声」を聴くことで「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」を「シフト(変える事)」が可能です。認知を改善しコミュニケーション能力を向上させる方法。 【関連リンク1】【教材参考写真1】

2,500/月
詳細はこちら

吃音改善

3ステップどもり(吃音)解消プログラム
教材提供者:どもり解消アドバイザー 宮崎一哉

1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。389人の重度の吃音(どもり)を改善。20年以上、どもりの差別に耐えながら改善方法を研究。長い年月の苦しみから生み出された根本改善方法。どもりを治そう…とする悪化する方法ではなく潜在意識レベルから変わるためのシンプルな3ステップ。

9,800
詳細はこちら

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
教材提供者:企業コンサルタント、吃音(きつおん)カウンセラー 中村しょう

重度の吃音(どもり)だった人が、たったの「57日で改善」し、今では、企業コンサルタントでもあり、吃音(きつおん)カウンセラーとして活動されるほどまで変わった方法です。【関連リンク1】【教材参考写真1】【教材参考写真2】【教材参考写真3】【教材参考写真4】

29,700
詳細はこちら

お子様の吃音を改善するプログラム 井坂京子
教材提供者:吃音改善プログラムコーチ兼、現役で高校の教師 井坂京子

重度の吃音(どもり)で21年間も苦しみ続けた人が、たったの「1日9分の簡単なトレーニング」で、35日で克服できた方法。4年で3000名以上もの吃音を改善したプログラム。吃音改善プログラムコーチ兼、現役で高校の教師をされている人のプログラムです。

9,000
詳細はこちら

あがり症改善

あがり症改善プログラム
教材提供者:心理カウンセラー、セラピスト 児島弘樹

あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。

19,800
詳細はこちら

引きこもり

ひきこもり・家庭内暴力社会復帰支援プログラム(3カ月コース)あがり症改善プログラム
株式会社エリクシルアーツ

専門指導員が社会復帰支援プログラムに沿って在宅支援を進めていきます。元警部警察歴20年の警察OBが運営する全国で唯一の自立支援施設です。ひきこもり専門相談員の配置、警察など関係機関からスタッフの受け入れ、ハローワークを通じた就労支援など常に行政機関と緊密に連携した体制を確立しております。そしてこれまでたくさんの、ひきこもり、家庭内暴力、ニート問題等解決困難と思われた事案の「最後の砦」として皆さんの期待に応えてきました。私たち警察OBのプロにすべてお任せください。

486,000
詳細はこちら

自己肯定感を高める

『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
教材提供者:岡野祐二

自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。【関連リンク1】【教材参考写真1】【教材参考写真2】

8,600
詳細はこちら

アダルトチルドレンからの回復

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
教材提供者:米国健康保険適用の臨床心理学者 西尾和美

必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。

14,800
詳細はこちら

モラルハラスメント対策

【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
教材提供者:モラハラカウンセラーの大谷

モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。

9,800
詳細はこちら

自分軸で生きる

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
教材提供者:株式会社ハイパーコンサルディング・ジャパン 代表取締役 須藤裕司

自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。生きづらさを抱えているあなたは是非試して下さい。とくに自分がHSPだと思うのならこちらのマニュアルがおすすめです。

12,800
詳細はこちら

精神的な強さを手に入れる

精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
教材提供者:会話コンサルタント 木多崇将

ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。

14,700
詳細はこちら

不安・恐怖を克服

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法
教材提供者:網野純一(兵庫医科大学先端医学研究所教授推薦)

20年も自律神経失調症や神経症などで苦しみ、ヨガ、断食道場、合気道、呼吸法、太極拳等を試しても改善されずにいたということでしたが、ご自分で色々試した方法で症状の軽快に成功されたので、その方法の中から、良いと思う方法をまとめ上げて作成された教材です。 【関連リンク1】【教材参考写真1

1,080
詳細はこちら

うつ病、パニック障害、自律神経失調症

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法。(1年間サポート・全額返金保証付)
教材提供者:川口 奈美子

僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。だから前述したように「再認識」が大事なのです。

そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう!

12,800
詳細はこちら

言葉のいじめ対策

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
教材提供者:安岡晴男

つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。あなたの自尊心を傷つけセルフイメージを下げて奈落の底に引きずり込もうとするような者に心を明け渡してはいけない。自分で自分を守れるようになることが大切なこと。【関連リンク1】【教材参考写真1】

7,800
詳細はこちら

恋愛成功

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
教材提供者:米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー 恋愛セラピスト 阿妻靖史

1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。あなたはまだ知らないかもしれない。恋愛が成功しない真の理由と「心の中の親との問題」について…。あなたが恋愛を成功させて幸せになる勇気があるのなら「心の中の親との問題」をクリアする必要がある。そんな自分を幸せにしたいと思う勇気ある人の為の運命の相手を引き寄せる方法。

9,800
詳細はこちら

コメント一覧

  • Comments ( 22 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    まずはアイデンティテーの問題でしょうか・・・
    挫けてばかりですが、頑張ります。

  2. by さち

    私はこれまでの人生で幾度となく挫けました。
    まさに圧力や力に負け、抵抗が出来ない状態でした。

    わたしは自分をこれ以上傷つけられないようにする為に、やはりどこか自分を偽って生活をしてました。その行為は防衛本能なのだとある書物に記されていました。
    挫くとは自分を偽る為の形成…実に考え深いですね。

    挫けるとどうなるのか。
    本当の自分を表に出さず
    なかったことにして無意識の奥に封印し仮面を被った自分を本当の自分だと思い込んでいく。
    そして本当の自分が何なのか分からなくなり、偽の自分を本当の自分だと思って生きていくようになる。
    それが色々な症状であわられる…つまり心身症ですね。

    大事なのは
    先ずは無意識の奥に隠してしまった本当の自分を思い出し挫ける前の本当の自分に気づいて、自分をありのまま受け止めること。

    わたしは心理学に興味があり今回凄く勉強になりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      凄く勉強になったとのことで良かったです。

      挫ける前の本当の自分に気づいてありのままを受け止めましょう!

      自己受容です。

      ダメな部分があってもいいんです。

      それもあって自分の素晴らしいところです。

      偽ったのはさちさんが言っているように守る為だったのです。

      それも立派なことです。

  3. by 伊多波博文

    私も対人恐怖を少年時代に経験して町を歩くのもどんせ俺なんかよくおもわれていないだろと街を歩くのも抵抗があった時代もありました。現在では年をとり落ち着いてきましたが 生活のメインを海外へ移す事が決定したため以前対人恐怖だった私も中国人台湾人の友達が40人ぐらいにのぼるぐらいまで来ております。過去のおとなしかった自分には今の自分は考えられないです。今対人恐怖などの精神病で苦しんでいる人も多いかもしれませんが変われる時期は必ずくると思います。前を進んで行きましょう。

  4. by 名無し

    昔の私も、今思えば対人恐怖だったのかもしれません。とにかく人の視線が気になってしょうがなかったです。でも今は、人なんかいちいち気にしてられるかです。私は私。人は人と割り切ってます。

  5. by 名無し

    2度資格試験に落ちた時は2度とも暫くは現実逃避してたのを思い出しました。
    挫ける前に気付くのって難しいですね{emj_d_0163}

  6. by とらのすけ

    本当の自分を受け止めることは、大切なことですね。

  7. by 薔薇

    私自身、対人恐怖症かなと思います、甘えかとどうあるべきか独り悩んでいましたが拝見し、気持ちが一歩軽くなりましたm(_ _)m

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      本当の自分は「今は人と関わるな!」と言って意味が理解できて来れば、何をしたいかも見えてくると思います。

      周囲は甘えだ!ダメだ!と言う人が多いかと思いますが、周囲の意見は気にせず自分の必要なことを見つけて進むことが大事なことです。

      甘えだ!ダメだ!って言う人は単に、ダメだと思って安心したいだけです。
      そこに一見正しい理由をつけてレッテルを貼ってくるのです。

      そうでないのなら、アドラー心理学でいうところの『勇気づけ』をしてくるのです。

      『勇気づけ』をせず、甘えだ!ダメだ!って言う人はそう言いたいだけです。
      本質がわかれば左右されなくなってきます。

      どんどん気持ちを軽くして、自分に必要の本当の準備を見つけて進んでみてください。
      良いコメントをありがとうございました。

      薔薇さんの気持ちが軽くなったことが、同じく対人恐怖で悩んでいる方も読んだら気持ちがかるくなるかもしれませんね(^^)

  8. by かず

    確かに、年齢を重ねるにつれ、自分の本質を見失っている気がします

  9. by ダイキ

    人は必ず立ちはだかる壁があり、またそれをこえることで、極度の達成感を得られ、自分に自信が着くと思いました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      納得です。

      人生それの繰り返しですよね。

  10. by ゆ

    良いなと思った点は、自己受容→他者信頼→自己犠牲でない他者貢献です。

    本当の自分を思い出す。。本当の自分って?と思ってしまいます。

    私も偽の自分で生きているのかもしれません。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      本当の自分は無意識の自分です。

      本当の自分を知るには自分の無意識を知ることです。

      人は脳の数%しか使っていないと言われています。
      人は自分の無意識の数%しか気づいていないと言われています。

      自分を知らないのです。

      そして作られた自分を本当の自分だと思い込んでいます。

  11. by アイコン

    自身を見つめ直すことができます。プラスになるよう頑張っていきます。

  12. by あっちゃん

    本当の自分に気づけるようになればいいですね。試してみます。

  13. by a

    自我が芽生えた時期から始まり、思春期になると悪化し、でも対外てきには対面をつくろってた。しかしある書物にめぐりあった時、赤面しょうや対人恐怖しょうの要素があることにきずいた。引きこもり気味て内弁慶、社交性に乏しい、我の強い自分がいた。そして他人よりも気弱な自分。それでは世知辛世の中生きのこれないという。頑張って生きていこう。ゴ―イングマイウエイ

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      赤面症や対人恐怖の要素があることに気づいた・・・ではなく、それらが勘違いであるわけです。

      引きこもり気味も良し、内弁慶も良し、社交性に乏しいも良し、我の強い自分も良し、他人よりも気弱な自分も良し、

      なので、あなたの言う「頑張って生きていこう」はその時点で自分を否定しているのです。

      あなたの言葉は最初から、否定的な捉え方ですので、自分が踏み台を探しているのではないでしょうか?

      常に誰かが悪い、何かが悪い、と踏み台を探しているように感じます。

      あなたの言う「頑張って生きていこう」は裏を返せば「頑張らないと生きれない」

      つまり、自分に嘘をついて生きているから、頑張らないと生きれない。

      頑張らなければ自分が存在できない。

      本当の自分をかなり見失っていると思います。

      自分を受け止めましょう。

      罪を刷り込む時代は終わりですよ(笑)

  14. by Zuuch

    良いと思い再発見させられた点…赤ちゃん(産まれる前も)の時は『無意識=自我を持たない』という内容が1番でした。
    自我=自意識(?)でしょうか、内容の通り10歳位〜自我というものが自身の中に現れ、人間の能力でありプラスにもマイナスにもなる『考える』というものと、周囲からの影響⇒仮面の自分、悩み考えるスパイラル、のような気がします。
    私が携帯サイト等を作っているのもそれにつながる理由だと思いました。
    =集団・他人との一般バイトができないリアルタイムの悩みです。
    しかしこちらに偶然このテーマについて投稿させて頂き、独りで抱え込み悩む苦しみが少しだけ緩和されたような気がしました。
    投稿者様ありがとうございました☆
    (勝手な長文すみません)
    (__)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      自我=自意識ではありません。

      自我は全体的なイメージで、自意識は一部と言うイメージです。

      自我は1歳半や2歳頃からと言われていますが、仰る通り周囲からの影響 ⇒ 仮面の自分の悩み考えるスパイラルになるような気がしますよね。

      「集団・他人との一般バイトができないから、携帯サイト等を作っている。」

      ちゃんと繋がっていると思います。

      ですので、このことを思い悩むのではなく、

      「今は集団・他人との一般バイトができない状態で良い」のです。

      無知な人は、なんとかあら探しして否定をしたくなるものですから、

      「弱いからダメ」とレッテルを貼ってこうとするものです。

      そのレッテルを貼る人間は自分が不安だから必死にレッテルを貼りたがるのですね。

      こういったことがどんどん知ってくると、あなたが「今は集団・他人との一般バイトができない状態で良い」ということが分かります。

      そんな中、「集団・他人との一般バイトができないから、携帯サイト等を作っている。」という行動の中から、必ず自分のためになることがあるものです。

      今やるべきことは、独りで抱え込み悩む苦しむよりも、「集団・他人との一般バイトができないから、携帯サイト等を作っている。」この点にフォーカスし、真剣に今を生きることをすれば、新しい変化が見えてくるんじゃないかと思います。

      本当の自分を大事にしていきましょう^^

  15. by メグミ(二児のママ)

    くじけた時期は、多かれ少なかれ誰にもあると思います。
    いくら頑張っても学歴から出世させる会社や職場とか、自分は出来ない方だったからとは思いますが、くじけた時期になると思います。
    頑張っても消せない過去を、背負ってなかなか貧乏から抜けれ無くてくじけかけてます。
    恋愛の方は、それ以上に音沙汰無しになって、自分が過去破産してお金も無くて、連絡とれなくなってサイトだからって思っても、一番くじけたのは既婚者でお金ないのに騙され、お金作れない今かなと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      目的の為に、今にフォーカスし、今を真剣に生きてみてください^^

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付