Google検索

攻撃されている!?自分の勘違い!?被害妄想!?

悲しんでいる

自分が攻撃されているのに誰も分かってくれない・・・

カウンセラーに相談したけど「それは自分の勘違いだと言われた」

このように悩んでいる人もおられます。

しかも説明のしにくい巧妙な攻撃もありますから、周囲に言っても信じてもらえない場合もあります。

そしてそこに追い打ちをかけるように「あなたの勘違い」と決めつけられると、それも嫌ですよね。

実際、攻撃しているように見える人は3パターンに分けられます。

1、本当に攻撃してきている
2、自分の勘違い
3、攻撃者が自分のマイナスと戦っている

1、本当に攻撃してきている

これは相手の勘違いや妄想による本当の攻撃です。

相手が勘違いしていたり被害妄想があることで攻撃してくるパターンです。

この本当の攻撃は無い!と言う人がいますが、それは危険な考えですし認知の歪みの白黒思考です。

本当の攻撃の場合もあれば、またそうではない場合もあるものです。

本当の攻撃が無いと思え = 素直に攻撃され続けなさい

このような意味にもなりかねないので危険な考えなのです。

攻撃にさらされて攻撃に気付かず攻撃をくらい続けるのは自分を見捨てているのも同然です。

この場合は、まずは相手の勘違いなどを明らかにすることです。

そして、攻撃者から離れることが大事です。

離れられなくなっている仕掛けがある場合があるので自分でそこにも気づくことも大事です。

<<下に続く>>

くっつかないで区別をすれば攻撃はされないものです。

本当に攻撃されている場合は、相手を責めることは意味が無い場合もあります。

やるべきことは自分自身が相手と自分を区別できるような自分になることです。

侵入せず侵入させず。

介入せず介入させず。

そして離れましょう。

2、自分の勘違い

これは相手が攻撃してはいないのだけど、相手の言葉や仕草などで自分の無意識に抑圧された罪悪感やコンプレックスなどが反応して、その反応を攻撃だと勘違いするパターンです。

封じ込めてしまった自分の中にある不幸の元が反応しているので幸せになる為に省くチャンスなのです。

罪悪感やコンプレックスなど自分の無意識に抑圧されたものが反応しなければ、気が付きにくい上に無意識から強い影響を出してきますので、気づいて省くことをおすすめしています。

3、攻撃者が自分のマイナスと戦っている

自分の言葉や仕草などで、相手の無意識に抑圧された罪悪感やコンプレックスなどが反応してしまうことで、相手は自分のマイナスと戦っている状況が、自分には攻撃されているのだと見えてしまうパターンです。

実際は相手は攻撃しているわけではありません。

このことを理解すれば相手の攻撃的な表情が攻撃的ではなく悲しんでいる表情だと分かると思います。

攻撃ではなく悲しんでいる場合がたくさんあります。

問題は区別しよう

どんな攻撃でも対人関係の中で起こる問題は区別することが大事なことです。

自分の問題は自分の問題で、相手の問題は相手の問題です。

区別しないで混ぜるから問題が起こってしまうのです。

あなたは、自分が攻撃されたと感じた時のことを思い出してみて、3パターンのうちどれに当てはまると自分で思いますか?

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ∞ひめくるみ∞

    攻撃的な人って、淋しい、かまって欲しいから、攻撃してるんやろな。

  2. by 名無し

    これは実際に多くの人たちが囚われていると推測します。
    日本人特有の性質も関係があるのでしょうか?

  3. by 名無し

    人から攻撃されたと感じている場合、自分が人を攻撃している可能性が高いことも心理学で学びました。驚きとショックを隠せなかったのを覚えています(笑)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      心理学ではそういいますね。だけどそればっかりが独り歩きする考えも偏ります。確認が大事だと思います。
      だけど本当に自分で攻撃しているのに気づいていない場合もありますよ(笑)
      カウンセラーの方だって気づいていない場合もありますし私にもあります。

  4. by 名無し

    攻撃されているように見えても、自分がそう思わないように出来ればあとはこっちのもの!とか都合よく解釈しています(笑)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      だけど記事の1、本当に攻撃してきている。の場合ですと、すっごい哀れな人になりますよね。攻撃されてるのに気づかないって。

      攻撃されてるのに気づけないのって、実は無意識では気づいているんです。本人は意識では気づいていないのは心理的賄賂を受け取っているから、気づかないフリが得意になってしまっている状態なのです(笑)

  5. by うさぎ

    3、攻撃者が自分のマイナスと戦っている

    の場合が職場で良くあります。攻撃的になる人は決まっているので、「また、はじまった。」と思いますが仕事の内容を優先したいので上手く交わして対応します。私はそういう方は嫌いではありません。自分も、コンプレックスがあり、そこを触られると攻撃的になることがあります。自分に自信がある時は、そういう事が気にならなかったり、冷静な対応が出来ます。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      無意識のコンプレックスを気付かれないように刺激して攻撃する人もいますし、その逆で相手の言葉などから自分が勝手に刺激されるパターンとありますが、ポジティブに考えれば「無意識の奥に抑圧された自分でも気付かないコンプレックスを引き出してくれた」と考えることができる場合もありますね。

  6. by ∞ひめくるみ∞

    ブログをやっていると、私の書いた記事を見て、攻撃をしてくる人がいます。

    いつも、相手にしないでコメントを削除しています。

    相手にしたら疲れるし、余計に攻撃がひどくなるから、私は相手にしません。『逃げるが勝ち』
    (((((((・・;)
    状態でしょうかね?

    だいたい、攻撃してくる人って、勘違いしてるか、私のブログ記事をちゃんと読んでないことが多いねんな。

  7. by 名無し

    私の場合は1、本当に攻撃してきているです。明らかに私も貴方が嫌い。貴方も私の事が嫌い。お互いに嫌いです。でも嘘や陰口は辞めて欲しいです。いかにも私が何かをしたみたいな言い回し。少しカチンときます。私は、本人のいる所ではっきりと言いますので。相手が女性なのであまり酷い事は控えてますが言いたいことはずばり言います。貴方が私を嫌い。私も貴方が嫌い。割り切ってます。

  8. by 友樹

    私の場合は、攻撃されたと感じる事はあまりないように感じます。
    むしろ自分自身が相手を攻撃してる事の方が多いかと。
    自分自身の中で沸き立つ怒りの感情をコントロール出来なくなって、爆発してしまう。
    いつも同じパターンです。
    爆発する前に小出しにしてても、いもずる式に怒りが沸いて出て来てしまう始末。
    もしかしたら、相手の問題と自分の問題を混合しているからなのかもしれませんね。
    それか○○は、○○でなければならない。
    そういう〜でなくてはならないという思考が、自分自身を苦しめてるのかもしれません。
    もう少し自分の身に起きた事を整理して、自分の心が楽になる方法、自分の問題をなんとか解決させたいとこの記事を読んで思いました。

  9. by 伊多波博文

    『攻撃されていると思う時』以前の自分もこのような被害妄想らしきものがとても強く、たまらず精神科に行った経験が有ります。そこで言われた病名が『神経強迫症』今は誰からもからかわれたりされているわけでもないのに誰かに常にバカにされている気になりました。年を取った今でも若い頃の精神病が気になることが有ります。もしかしたら精神病というのは喧嘩で殴りあったりするよりもたちが悪いのかも知れません。身体の傷も痛くやですが日ごとに回復していきます。しかし精神病はなかなか回復していかないと思います。精神の病気は本当に難しいです。私は宗教など強制的にすすめたりしませんが何か触れるものによって人間も大きく変われるような気がします。その人によってはもしかしたら宗教が救いになる場合もあるかも知れません。生活に癒やしですとかちょっとしたくだらないようなことでも幸せを感じられるようになるとか気持ちのもちようとも考えられると思います。本当に精神病は難しいです。

  10. by ダイキ

    通常は攻撃ということは会話や行動している中で、現代ではあり得ないことだと思います。
    ですが、それゆえについはじめてあった人を気にしてしまい、
    はじめて話し合ったあとに別れる時につい他の人がその状況を見ていて、その見た人が本人に悪口「攻撃的な発言を言うこと」を言うとつい考え思ってしまうことも少なくありません。

  11. by さち

    1、本当に攻撃してきている
    です。
    しかも攻撃者が自分の事を目の敵にしている感じでした。

    仕事中に私の作業をチラチラ横見してあら探しをされ、
    自分もその見られているという緊張感からか、そいいう時に、物を落とすような失敗をやらかしてしまうのですが、間髪入れずに「もうなにやってるのしっかりしてー」と自分の失敗を嬉しそうにぼやきます。

    わたしは何度かその人にやめてほしいと言った事がありますが全く聞き入れてもらえませんでした。

    その時は絶望感しかありませんでしたが、考え方を改め攻撃されていると気付いた時点で攻撃者から離れ、その人とは距離を置こうと思いました。

  12. by ナオニャン

    3のパターンが、自分の場合は多いと思います。

    子供が出来ないことを気にしている自分にとって、子供の話を出されたり、まだいないのかときかれることは、自分にとっては、攻撃されたと思ってしまいます。

    しかし大多数の人は、挨拶ついでや、挨拶の後のお天気の話の延長で言っているだけで、決して攻撃してるのではないのだと、最近やっと思えるようになりました。

    でもあなたなら大丈夫よ、と言われるのもプレッシャーでしかないのですが、相手は攻撃してるのではなく、落胆している、あるいは心配している表情が、攻撃の顔に見えてしまっているのだと思います、今の自分には。

    確かに、人と自分を一緒にしない、距離を置くことは大切だとおもいました。

  13. by スカッピィ

    最近攻撃されたんです。
    突然だったから何も言わず、無視しました。
    何度かやられて、私はあるブログに記事を書きました。

    何もそんなに攻撃しなくても、私の生活は落ちぶれているし、たぶん私を嫌いな人は「ざまあみろ」と思います。
    だからそんなに自分を貶めないでください。

    そう書きました。
    彼女のブログIDが悲しげだったから、ほんとは泣いてんだとわかりました。

    だから、たぶん3番です。

  14. by かき

    自分は、あまり攻撃された事が無い、というか多分鈍感なんだと思いますが…。

    ただ、保険の営業をしていた時に一緒に組んで行動していた人には、いろいろやられちゃったな〜と思います。

    例えば、自家用車で移動するんだけど、彼女は目が悪いからと常に私が運転してガソリン代も私が出してみたいな事がずっとありました。

    挙げ句の果てに、二人でアプローチしていたのに、成績だけは彼女一人の物になっていたりとか…

    それでも文句も言えなくて、その関係をまた続けてました。

    やっぱり見切りをつけられなかった自分が悪いと思います。

    自分は自分と、早く気づいて区別できればよかったです。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。