快適で動けなくなる魔法のソファ「Yogibo Max」

嘲笑!お前は異常者として多くの人間から白い目で見られる存在だと気づくべき…

嘲笑!お前は異常者として多くの人間から白い目で見られる存在だと気づくべき…

お前は異常者として多くの人間から白い目で見られる存在だと気づくべき」と、相手に対して、「異常者であってほしい」「白い目で見られる存在であってほしい」という願いを込めて相手に必死にレッテルを貼りたがる人がいます。

白い目で見る

 

こういった人に左右されてしまう人も少なくありません。しかし、その背景を知れば左右される必要がないことがわかります。その背景とは、自分が不安だから自分を変えずに相手を変えようとするのです。自分は変わらずして相手にペタペタと勘違いをたっぷり思い込ませる為のレッテル貼りをしたいだけです。

多くの人と違うを意見を言うと必ず現れてくる「正しい根拠がないのに否定したがる人」

 

1、相手の意見を受け入れると自分が崩れる

2、相手の意見を受け入れないで否定する

多くの人と違う意見に遭遇した時に、上記のような選択に迫られます。そして多くの方は2の「相手の意見を受け入れないで否定する」を選びます。しかし「相手の意見を受け入れないためには理由が必要」ですが相手が間違っていない場合は正当な理由が見当たりません。ですので「理由を作ろうと理由を探して無理やり理由づけをする」のです。

無理やり理由づけをするので正しい根拠が出せないので、正しい根拠のない否定になってしまうのです。

正しい根拠もなしに「お前は異常者として多くの人間から白い目で見られる存在だと気づくべき」と、このように相手に対してレッテルを貼り「ほんのごく一部の白い目で見ている人たちだけのことを、さも多くの人間がそう見ているかのような言い方をする」のです。「みんな思ってるよ」「全員思ってるよ」と根拠も無しに誇大表現で責めていくのです・・。

<<下に続く>>

そして「白い目で見る人間の正体」を知れば左右されないのです。「お前は異常者として多くの人間から白い目で見られる存在だと気づくべき」正確には「お前は理解の限度を超えた人がお前をなんとか異常者として思いたいから、理由は無いけどごく一部の冷たい人間から変な眼で見られると思い込みたいし決めつけたい」と言っているのです。

「白い目で見る」は「冷たい目で見る」「白目をむき出しにしてみる」「視線をそらす」という意味です。つまり、「お前は異常者として多くの人間から白い目で見られる存在だと気づくべき」とレッテルを貼る人は、「白目をむき出しにしながら、都合が悪いと視線をそらし、冷たい目で見たがる人」です。

 

白い目で見る

こんなイメージです。

最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無いから、白い目になったり視線をそらしたり冷たい目になったりするのです。たとえ異常者であったとしても温かい目で見れば良いものを、あえてわざわざ白い目で見るのは、直視できないからなのです。

物事を曲がった見方しかできないから、曲げられない、曲げにくい物事を見る場合は以下の画像のようなイメージ(心の状態のイメージで実際に目がそうなるという意味ではない)の見方になるのです。

白い目で見る

左右される必要のない事に、左右されて傷ついてしまっている人も少なくありません。その実態を知れば傷つかずに済むこともあります。この事実を知っても、白い目で見られることが怖いと思いますか?

そしてレッテルを貼りたがる人は傷ついているのです。傷があるから、癒されたい。癒されたいけど癒される方法が分からない。分かれば変われるのです。

嘲笑とは「理解の限度を超えた」と言う意味なのです。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    子供の社会でも大人社会でもいますよね、とにかく人より優位に立とうとしたがる人。見ていて必死感が伝わってきて笑えます。

  2. by 名無し

    クラス中から白い目で見られるくらいなら、いっその事完全無視して楽にしてくれ!と発狂しかけた事がありました。
    過度に怖がる必要は無いんですね…当時その事を知っていれば、と思います。

  3. by 名無し

    普通の人なら白い目で見られたら嫌だと思います。私は普通では無いのでしょうか。本当の私を知っている人達だけ私の事を理解して頂けたら他の人は関係ありません。そこが少し難しい問題です。

  4. by メグミ(二児のママ)

    人の意見ばかり気にして、相手が本当にどんな人かを知ってて悪いレッテルを貼るのはひどい事です。
    私も理由付けして文句言って、旦那と姑を悪く言って言うこときかない所があるんで、旦那と姑にレッテル張らないようにしないとっていうふうに思いました。

  5. by りん

    周りの人達を白い目で見るのは、自分に問題があるからですね。
    日々充実した生活を送っていたら、そんな気持ちは出てこないのでは…?と思います。
    人を白い目で見るのは、その人の問題であって、それに対して左右されない様にしたいですね。
    それでも、気分の良いものではないので、されたくないですが。

  6. by 名無し

    私の身近にも、目をそらしたり冷たい目で見る人がいます。

    あの軽蔑したような目、何とも言えませんね。

    何か悪い事をしたんだろうか、とゾッとします。

    でも、気にしなくていいんですね。

  7. by 名無し

    「白い目で見る人間」たちが相手を変えようとする行為は良くないと思います。私も心に余裕がない時はそういう事をしていまうことがあり反省します。
    相手を拒否したり、意見を取り入れられない人は視野が狭い経験値が少ない人だと思うようにしています。

  8. by 名無し

    正直に、私は怖いです。
    頭では『左右される必要のない事』だとわかっていても、実際の人間関係では上手く割り切ることが出来ません。

    そして何よりも怖いのは、
    『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』人達にそういうレッテルを貼ってしまう私達もまた、
    『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』のではないかということです。

    ですがたくさんの人の中には、レッテルも貼られていない、素の自分を見て、受け入れてくれる人がいます。
    そういう人に支えられ、助け合い生きていく事が出来、またその有り難さや幸福感を感じられるのは、実は自分自身も、レッテルを「貼る」側の人間だからなのでしょうね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ~~~~~~~~~~~~
      『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』人達にそういうレッテルを貼ってしまう私達もまた、
      『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』のではないか?
      ~~~~~~~~~~~~

      それは自分がそうだと思うのであれば、自分自身が相手に対し好ましくないレッテルを貼りたいという気持ちがあるのかもしれません。

      そうではなく、『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』人を『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』と認識したり理解したりておくことは『レッテルをはがす』ことになるのです。

      そして判断を下して不要であるとなれば関わらなければ良いのです。

      人は誰彼かまわず温かい目で見ることなど出来ません。

      「すべてに温かい目で見れる」というのは偽善になっていきます。

      偽善になれば無意識レベルで悪影響を出し始めます。

      そして人には誰かを嫌う権利もありますし、関わりたくないという権利もあります。

      好きなものは好き。嫌なものは嫌。

      その権利を使うためにも『最初から温かくまっすぐな目で直視して見る気が無い』を理解し区別しておくことが大事です。

      レッテル貼りの心理は大きく分けると二つです。

      一つは相手を理解したいときなど好ましいレッテル貼り。

      もう一つは相手を煽ったり不快にさせるために使う好ましくないレッテル貼り。

      世の中には、善人だけではなく悪人もいます。

      どちらのタイプと関わりたいかは自由です。

      ですので中々わからない心を少しでも見抜いて理解し、自分のための選択に役立つようにレッテル貼りをすることもあります。

      ですので必ずしもレッテル貼りが悪いというわけではありません。

      名無しさんは怖くなるとのことですので、怖くなる原因があるのです。

      怖くなる原因。

      知らないことに人は恐怖します。

      レッテル貼りについて、知らないことがまだあるから恐怖が出てくるのだと思います。

      この機会にもっとレッテル貼りについて知ってみてください。

      知っていけば怖くなくなってきます。

  9. by 由来

    興味深い内容ですね。これからの人生に参考になりました。

  10. by 名無し

    画像付きで文章もとてもわかりやすくてよかったです。

    自分を棚にあげて人を否定したりけなしなりあることないこと人の影口ばかり言ってる人は白々しい目で人をみるし見下してるような表情をしています。

    そんな人に何か自分を落とし入れるような事を言われたとしても今はもう気にしないと思います。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。