在宅支援をご希望の方へ

モラハラの卑劣さ!目の前の純真無垢な存在を背後から突き刺す!

20130913_134245

うちで飼っている猫は私を信じてくれています。

ちょっと猫にいたずらをして、スマホの猫の鳴き声アプリなどで他に猫がいるかのように思わせると、素直に信じてしまい、
まさか私がいたずらしているなんて思わないほど素直で純粋です。

きょろきょろして「どこにいるの?」という感じであたりを見渡します。

この猫の状態を子供にたとえて下さい。

子供は親を無条件で信じます。

信じている子に、横から、裏から、背後から、精神的な圧力や自尊心を傷つけるいじめを毒親は子にします。

そして表面的には「お前が大事だ」「子供を忘れたことなどない」とモラルを振りかざし精神的攻撃をこっそり続けます。

この卑劣さに当てはまる言葉はなかなか見つかりません。

素直で信じてくれている子を平気で裏切り傷つけることの出来る卑劣さ。

<<下に続く>>

そしてストレス発散の道具として利用する親。

子供は攻撃されていることにも気がつかず、どんどん自己肯定感が低くなり、自尊心が傷ついて、酷い場合は子供の存在自体が透明感を増していきます。

すると子供は生命の危機を感じ、問題行動で救済の無意識的メッセージを出し始めます。

問題行動は子供が苦しい救ってほしいというメッセージなのです。

非行に走る少年少女の問題行動も、親が廃れてきたことで子供を深く傷つけているのに気づいていない状態なのです。

昔の暴走族も、薬物中毒も、援助交際、万引きなど、これらは救済の無意識的メッセージなのですが、それを救済だとは理解できず嫌がらせや理解不能な行動だとしか受け取れない親がいるので、悪循環にはまっていくのです。

そんな卑劣な大人しか知らない子は、横道にそれるのは自然なことですよね。

そして横道から這いあがったら、それはとても立派で素晴らしい事だと思います。

毒親も傷ついています。

同じように小さいころの傷がまだ癒えていません。

だからこそ、気づきを大事に変化していくことが大事だと思います。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 21 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    目に見えない攻撃、知恵を悪用して相手の心理を脅かす人間が人を不快にさせているのだと気づくことができてよかったです。

  2. by 名無し

    育つ環境はすごく大事ですね。私も子供の将来を潰さないよう、頑張って育てようと思います。

  3. by 伊多波博文

    子供の犯罪にしてもその子が全部悪いわけではなく親の影響も大きくかかわっていると思います。そして親はこんなことしやがってと無責任な方が多いのだと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね。子供が思考も判断力も育っていないときの犯罪は親がさせたと同じ事です。

      思考や判断力がしっかりしてきてからは自己責任です。

  4. by リッチマン

    子供がSOSを発している時に、気付いてあげないと悲惨ですね。

    問題行動する子は、自分を気にかけてくれる人には、極めて素直ですからね。

    子供が出来たら、親は責任重大だと改めて思いました。

  5. by 名無し

    自分より他人の方に全てに掛けるとは、お互いに信頼出来てこそ出来ることだと思いますよ。

  6. by ∞ひめくるみ∞

    可愛いですね
    (=^ェ^=)

    {emj_v_0079}もそうやし、動物は癒されますね

  7. by シンジ

    勉強になりました!

  8. by 陽菜

    主人からモラハラを受けています。
    イライラして、泣きながら産まれたばかりの子供に八つ当たりしたこともあります。
    そしてそのまま産後うつになり、現在にいたります。
    モラハラ夫はDVもしかねません。
    現に先日、些細なことで口論になった際、殴られました。
    また私がお風呂に入ってたため、湯船に顔を沈まされたり、首を絞められたりしました。
    幸い子供は寝てましたが、何かを感じたのか、寝つきが悪かったです。
    それでも私が離婚せず、主人に逆逆らわずに生活するのは子供に道を外してほしくないからです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラハラは卑劣です。

      本当苦しい思いをされているので抜け出すのは難しいと思いますが、
      モラハラ被害を受け続けると自身まで知らずに加害者になることは良くあります。

      そして離婚という選択が、お子さんの道を踏み外すこととイコールではないかと思います。
      陽菜さんが苦しんでいる場所で育つことで、お子さんが道を踏み外してしまうこともあるかもしれません。

      出来ることから始めてみたらいかがでしょうか?

      些細なことで口論になる時、「些細と思っているけど実は重要なこと」があります。

      「重要だとは気がつかないで些細なことだと思い込んでしまった」ことです。

      ・陽菜さんが些細だと思っていること
      ・ご主人はそこが大事だと感じている

      この食い違いでDVになることはよくあります。

      ですのでこの部分の理解を深め、対策を練り行動に移す、訓練する。ことがすごく大事です。
      会話を録音してみて、後で聞き返せば改善する方法が見えてくることもあります。

      もし、陽菜さんには些細であってもご主人には深く傷つくポイントを発見出来たらそれは素晴らしい事です。
      その食い違いで傷つくポイントを見抜き、変化させれば相手を止めることも可能です。

  9. by かず

    そうゆう親に育てられた子供は、親になったら同じことをするでしょう

  10. by 名無し

    確かにテレビ等で観たことがあります。親が忙しくかまって貰えない。それで万引きをして警察にそこで担任教師から一言。子供からのSOSだと。でも何か違う方法は無いのかなと思います。けれど子供なりにで考えるには難しいですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      違う方法があれば違う方法をとるでしょう。

      好き好んで自分を汚す行為をしたい子は一人もいません。

      その時に精一杯のSOSだったわけです。

  11. by 名無し

    親からのモラハラは分かってくれる人は皆無ですってw
    わかっちゃったら財産の問題とか見返りとかの問題でわかるわけにはいかないんです
    潜在意識からわかるわけにはいかんぞ!と反発がくるんですってw

  12. by 名無し

    モラルハラスメントの手口って潜在意識が顕在意識化する時にしかわからないそうで、難しいそうです。つまりは、潜在意識を勉強しない人にはモラルハラスメントの話は??って感じかと。現に旧型思考のカウンセラーでさえ知らないから妄想と片付けたがる人もいますからね(知人でw)立派なカウンセラーさんは良く知っている話です。

  13. by 名無し

    子供を虐待する親は虐待が出来なくなると今度は巧妙化しモラハラでじわじわやるんですよね。

    よくわかる話です。

    ほとんどの人が欺かれているので理解はなかなかされない話だとわ思いますが自分は分かりますね。

    なんせモラハラ過程で育ったものでw

  14. by さち

    子供は、まだ自身が幼少期の時にとても狭い世界にいるので親が自分のすべてだったり、学校だとクラスや友達が自分のすべてだったりと錯覚します。

    わたしは継母からかなりの虐待をうけていて死んでしまいたいとずっと心の中で悲鳴をあげてました。
    でも家出同然の一人暮らしを始めて穏やかな時間をすごせて先ず。自分の経験上、家が苦痛と感じてる人に対しては一人暮らしが、おすすめです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      錯覚もありますし、錯覚ではないものもあります。

      子供はすべてを錯覚するわけではありません。

      子供だからこそ正しく見れている部分もありますよ(^^)

      マイナスの仕組みから自分の力で脱出したこと、本当に素晴らしい事だと思います。
      そして(穏やかな時間)を手にすることが出来たんですね(^^)

      良かったです!

  15. by 名無し

    子どもも、気付くべきです。
    自分が親に、「殺されかけている」事を。
    親も、気付かなくてはなりません。
    自らの言葉で、子どもを「殺しかけている」事に。
    そして親が、自分の代で負の連鎖を断ち切って欲しいです。
    子ども達が、自己を肯定出来るよう、親も、自らを肯定してあげてください。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      子どもが気付くべきですというのは責任転換です。

      子供なんですから。

      子供に気づけという前に大人が率先して気づくべきでしょう。

      そんな大人がいれば自然と子供も気づいてきます。

  16. by レディババ

    あたしは絆を信じてる

    だから見ている

    真面目な話、理解不能なことがある

    だが信じてるから追いついてきた

    これからもよろしく

    真面目な女 そう それがレディババ

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。