快適で動けなくなる魔法のソファ「Yogibo Max」

苦しみから解放され乗り越える方法

よく苦しんでいる人に「弱いだけでしょ」という方がいますが「苦しんでいる人が弱い」は勘違いの場合が多いです。

苦しんでいる方は自分を責めるのはやめましょう。

なぜ勘違いなのかと言いますと、たくさん苦しんでいる方はたくさん苦しめるのです。

苦しみをファイルだとすると、たくさんの苦しみファイルを持っているということです。

たくさんの苦しみファイルを保存するには、たくさんの容量が必要です。

<<下に続く>>

苦しんでいる方はそれだけ器が大きいのです。

器が大きいから、自分以外の他者の感情も背負ってしまい、不必要に苦しんでしまっていることがあります。

ですので自分の感情と、他者の感情を見極めて、自分以外の感情を省いてよいのです。

それが解放し乗り越える方法です。

あなたは多重人格です。記憶や感情は細胞にある!信念は細胞を変える!苦しみ克服法もお読み下さい。

 

 

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    自分以外の感情を自分のものかのように勘違いしてしまう人間の心理が興味深かったです。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。