Google検索

苦しみから解放され乗り越える方法

よく苦しんでいる人に「弱いだけでしょ」という方がいますが「苦しんでいる人が弱い」は勘違いの場合が多いです。

苦しんでいる方は自分を責めるのはやめましょう。

なぜ勘違いなのかと言いますと、たくさん苦しんでいる方はたくさん苦しめるのです。

苦しみをファイルだとすると、たくさんの苦しみファイルを持っているということです。

たくさんの苦しみファイルを保存するには、たくさんの容量が必要です。

<<下に続く>>

苦しんでいる方はそれだけ器が大きいのです。

器が大きいから、自分以外の他者の感情も背負ってしまい、不必要に苦しんでしまっていることがあります。

ですので自分の感情と、他者の感情を見極めて、自分以外の感情を省いてよいのです。

それが解放し乗り越える方法です。

あなたは多重人格です。記憶や感情は細胞にある!信念は細胞を変える!苦しみ克服法もお読み下さい。

 

 

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    自分以外の感情を自分のものかのように勘違いしてしまう人間の心理が興味深かったです。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。