原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

ネガティブ思考改善方法はここに書かれています

ネガティブ思考改善方法ですが、その前に必ずご理解いただけなければならないことがあります。

それはネガティブ思考やネガティブな感情は無意識から来ていることです。

そして無意識の力は90%以上もあるので意識でなんとかしようと思っても無意識には中々勝てません。

ですので本当の改善は「無意識のうちからプラス思考になる」ことです。

無意識のうちからプラス思考になるために効果的なのはこちらの『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
です。

このトレーニングは無意識にプラスを蓄積させていくことで無意識のうちからプラス思考になっていける正しい方法ですのでおすすめです。

このトレーニング以外にも自分で出来ることはたくさんあります。

思考 ⇒ 行動 ⇒ 感情

このように思考し行動し解釈の結果感情が生み出されていき、無意識は感情の宝庫ですのでプラスの感情を生み出すことで無意識をプラスにして行く事が可能になります。

つまり、ネガティブ思考を改善していくにはプラスな感情をたくさん生み出すことが大事だということです。

プラスな感情を生み出していくにはプラスな行動とプラスな解釈が必要になります。

プラスな行動とプラスな解釈を行いやすくするにはプラスな思考をすることです。

そして言葉。

言葉には人を動かす力があります。

ですのでプラスな言葉を発することが非常に大事なのです。

<<下に続く>>



プラス思考になる為にやってほしいこと

ネガティブ思考を改善しプラス思考になる為にやってほしいことがあります。自分の一日の使っている言葉を録音したりして、どんなマイナスな言葉を発しているかなどを把握して下さい。

自分でも知らないうちにネガティブな言葉を使っていることはよくあります。

そして自分が使っているネガティブな言葉を発見したら、その少し前に何があったか?何が引き金となってネガティブな言葉を発するようになっているか分析して下さい。

自分で引き金を発見できるようになれば、次はその引き金になる物や相手を自分の環境に置かないようにしましょう。

最終的には自分次第ですが、人は環境に左右されてしまいますので自分がネガティブになってしまう原因を取り除くことは大事なことです。

そして逆に自分がプラスな気持ちになれる人や物をどんどん自分の環境に増やしていきましょう!

これは人が環境に左右されてしまう点をプラスに活用する方法です。

自分の環境に自分がプラスになるものや人を増やし、マイナスになる物や人を減らしましょう。

そして自分がプラスな言葉を増やし、プラスな思考をしていくと、プラスな行動も増えてプラスな感情も増えていきます。

自分の環境にプラスを増やすことでプラスの解釈の仕方も出来るようになります。

解釈の仕方は無限大です!

是非、止まることなく自分の「好き」を増やしてください。

 

 

 

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    私も脱却を目指し、思考の改善に役立てる毎日です。今しか出来ない、今やらなきゃいけないから、前進あるのみです。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。