Google検索

モラルハラスメントというネガティブから学ぶ!「相手の言動に対する自分の反応を変化させる」ことでモラハラは止まる!

モラルハラスメントというネガティブから学ぶ!「相手の言動に対する自分の反応を変化させる」ことでモラハラは止まる!

モラルハラスメントというネガティブから学びましょう。「相手の言動に対する自分の反応を変化させる」ことでモラハラは止まります。

プラスはネガティブから作れることもあります。つまり、ネガティブを避けるのではなく、ネガティブに突入するのです。そう、例えばモラルハラスメントというネガティブに突入すると、見えてくるものがあり、その中から、プラスが見つかる場合があります。

モラルハラスメントに向き合う事で「相手の言う言葉や行動などに、自分がどう反応すればよいか」を学べます。モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブックにモラハラから解放される為の3つの具体的ステップという部分がありますが、ステップ2では「相手の言う言葉や行動などに、自分がどう反応すればよいか」を学べるのです。

自分の反応が大切!

モラルハラスメントを自分自身で解決したいと思う方は、モラルハラスメントというネガティブから、プラスである「自分が相手にどう反応するかで、相手が変わる」方法を身に付けることが出来るのです。これが身に付かない人は、いつまでもモラハラに苦しめられるでしょう。しかし、これを身に付けた人は、モラハラされることなく幸せになっていけるでしょう。

<<下に続く>>

喧嘩両成敗!

モラルハラスメントとは「相互作用」ですので、互いに影響を与え合っているのです。つまり互いに傷つけ合っているのです。一方が被害者だと主張しても、相手をどこかで傷つけているのです。ですから、相手も怒りと言う手段で支配してくるのです。恐れているから怒りを使い支配下に置こうとしてくるのです。

根本解決は、自分がモラハラを止めることです。その為にはモラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブックで学び、相手にモラハラをさせないような反応を自分が身に付けることが必要です。そうすればモラルハラスメントはされなくなります。

いつまでも人格を攻撃され続けているより、自分が止めてやる!という気持ちで学ぶことが、あなたが幸せになる最短の道で、最高の方法だと思います。さぁ一歩踏み出してみましょう!

モラルハラスメントは自分の力で解決が出来ます。
「正しい知識」と「情報」の2つが大事です。
相手の言動に対する自分の反応を変化させると変えれます。
その具体的方法を学べます。 一生モラハラに悩まされない自分になりましょう!
モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック詳細

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    例えるなら、『光は暗闇がなければその存在が明白にならない』といった感覚でしょうか。対極のものは常に表裏一体ですね。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)