原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

13歳から煙草を吸い始め、約17年間、毎日1日3箱吸っていたヘビースモーカーだった私が無理なくやめれた禁煙法をご紹介します。5月31日は世界保健機関 (WHO)が制定した世界禁煙デー!

13歳から煙草を吸い始め、約17年間、毎日1日3箱吸っていたヘビースモーカーだった私が無理なくやめれた禁煙法をご紹介します。5月31日は世界保健機関 (WHO)が制定した世界禁煙デー!

1日煙草を三箱も吸っていた人間が簡単に禁煙できた方法!5月31日は「世界保健機関 (WHO)が制定した世界禁煙デー」です。禁煙を推進するための記念日で、この日をきっかけに禁煙される方は非常に多いです。

禁煙する方法

「煙草を消しては吸い…1日3箱…」を繰り返していた私は、何年も前に禁煙に成功したので、その方法を無料で公開します。13歳から吸い始め、約17年間、毎日1日3箱吸っていたヘビースモーカーだった私が無理なくやめれた禁煙法をご紹介します。

外部リンク:5月31日は「世界禁煙デー」|厚生労働省

無理なく禁煙
この言葉に憧れますか?

私は13歳から吸い始め、約17年間、毎日1日3箱吸っていたヘビースモーカーでした。熱が39度あっても煙草を吸っていた極度のニコチン依存症です。周りからは煙男と思われていたかもしれませんよね(笑)

消しては吸って、また消しては吸っての繰り返しでした。「タバコやめようかなあ」と思い挑戦しても、一時間も持たない。

「自分は意思が弱い…」と思っていましたが、あることが原因で、大事なことに気が付いてしまったのです。タバコはやめるものじゃなくて「やめたいと思えるようになることが本当の禁煙」なんだと。

私は以前どうしてもパソコンを使ってやりたいことをやるために、1日10時間近くパソコン作業のためにパソコンに向き合っていて、頭痛や肩こりが酷い頃がありました。眩暈も酷く、私は「脳梗塞の前兆ではないか…?」と思い、病院に行きMRIをとってもらいましたが異状なし。んー…。他に原因があるのかもと思い、心臓も痛い気がして次はレントゲンもとってもらいました。結果は問題なし。結局自律神経やられたり運動不足が原因だったんですが、当時は本気でタバコが原因だと思ってしまったんです。

何故かと言うと「強烈な頭痛は、タバコを吸っている瞬間」に起きたからです。

つまり、私は「煙草のメリットがあると思っていたことから、逆に、煙草は自分にとって最悪なものだ!」と考え方が変わったことで無理なくやめれたのです。

1、タバコを吸うと体に悪すぎると無意識に自分で刷り込む

2、タバコを吸っている自分をかっこ悪いと無意識に自分で刷り込む

これだけで禁煙なんて成功出来るのです。

要は思い込みの力を利用して「煙草は自分にとってこれからは不要だ」と思い込めれば簡単なんです。タバコは無理してやめようとしても、まず無理です。禁煙失敗します。

タバコは「心からもう吸いたくないと思えるようになって初めて禁煙が成功する」のです。無理してやめてる禁煙は、ただの無駄な我慢です。ストレスが溜まるからマイナスです。そして結局また吸ってしまいます。

私は、今も煙草を吸っていません。吸いたいとさえ思いません。

煙草を吸いたいと思う人は、以下のように「体への悪い影響」よりも「吸いたい気持ち」が上回っています。

体への悪い影響 < 吸いたい気持ち

簡単なことです。吸いたい気持ちより、圧倒的に体への悪い影響やデメリットを無意識に刷り込めばいいのです!

つまり、、、

体への悪い影響 < 吸いたい気持ち

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

体への悪い影響 > 吸いたい気持ち

このように、自分の考え方を根本から変えて、「吸いたい気持ち」より、圧倒的に体への悪い影響やデメリットを無意識に刷り込んで「体への悪い影響」をしっかり知ればいいのです!

そうすれば、自然に衰退と思わなくなります。

それでは早速その方法を教えたいと思います。



▼ステップ1

まずは、”たばこの体への影響”をしっかり理解して下さい。
まずは三大有害物質

ニコチン、タール、一酸化炭素

●ニコチン
・自律神経系の神経節に作用して、初めは興奮させるけど、後にマヒさせる恐ろしいもの。喫煙者が神経質で、偏頭痛や不眠持ちが多いのも納得である
・神経毒
・中毒がひどくなると呼吸と心臓の麻痺で死ぬ
・脊髄の性中枢の興奮性も低下。男女の性的興奮の減退は、ヘビースモーカーたまに見られる。
・ニコチンの毒性は青酸と同じくらいあります。タバコの葉などを食べてしまうと命にかかわります。
・ニコチンには強い依存性がある。
・タバコを吸ってすぐに脳に到達するため、人はタバコを吸うと落ち着くと錯覚を覚えます。
・他の依存性の有る薬物と同じで、辞めようとする時に落ち着かなくなったり怒りっぽくなったりする禁断症状がある。

<<下に続く>>

●タール
・数多くの発がん性物質を含んでいる。
・肺癌以上に食道や喉に癌が発生する確率が上がる。

このような感じで、すべて書き終えていませんが、たくさん害があります。

怖いですね…。知れば知るほど怖いですし、「百害あって一利なし」です。

このようにノートに自分なりに調べながら書いて下さい。書くと言う行為は情報をインプットしアウトプットさせるのに非常に効果的です。つまり書くという行動をすることで学習効果が高まるので、より煙草をやめやすくなるので絶対に書いて下さい。

体への影響
精神への影響
周囲への影響
体への影響の結果どうなるか
精神への影響の結果どうなるか
周囲への影響の結果どうなるか

書き出しましたか?

それでは次は、ステップ2

▼ステップ2

自分の体や精神面のマイナス面を書いて下さい。例えば頭痛がある、依存しやすい、怒りっぽいとか思いあたることはすべて書いて下さい。

書きましたでしょうか?

それでは次です。

▼ステップ3

繋がりをみつける

ステップ1とステップ2で書き出した内容から繋がりを見つけて下さい。

繋がりだけを書き出すと良いです。

そうすると、タバコでの精神面や体への影響がしっかりと自分に出ていることに気が付きます。これをどんどんしっかり認識して下さい。自分の吸いたい気持ちよりも、タバコめ!今まで俺をここまで追い詰めていやがったのか!(笑)自分のせいだけど(^^;と思えるようになれるまで情報を頭に叩き込んでいけばいいのです。

それでも煙草をやめたくならない方は、まだまだ正しい情報が足りない(学習できていない)だけです。

タバコは体にも精神面にも悪く、お金もかかり、いいことなんてほとんどありません。現実的にはメリットは殆どありません。メリットがあると思っているのは妄想のようなものです。

そう言われてもピンとこないのは”知らないから”なんです。煙草は百害あって一利なしだと心の底から知ればやめれます。

禁煙は誤った自分の知識を正して、正しい知識を増やせば簡単にやめれます。脳は、タバコを「安心するもの」とか「吸っているとかっこいいもの」などとプラスな面もあると認識しています。

それは間違った情報です。禁煙したいなら、正しい情報を脳に入れ込んであげればいいのです。

▼ステップ4

脳にインプットさせることを生活に取り入れる。脳、潜在意識(無意識)は良いことも悪いことも繰り返す性質があります。経験ありませんか?自分は変わりたいのに変われない、やめたいのにやめられない。原因は脳にインプットされていて、それを繰り返すからなのです。つまり、潜在意識(無意識)レベルでの習慣になっているのです。

脳はタバコを良いものと認識しました。当然、タバコは良いものと言うことを無意識で繰り返します。そこに、どれだけ煙草をやめようと思っても、脳からすると良いものだからやめなくても良いと思うわけです。脳にタバコは本当に体にも精神的にも悪いとインプットすれば、無理なく禁煙が成功します。自分の不調の原因はタバコだと思い込めば思い込むほどやめれます。

脳に強烈にタバコは体に悪くてこれだけの症状がでるのだとインプットさせてしまえば、脳は繰り返す性質がありますので、タバコは体に悪いから嫌いだと繰り返しのループ処理を行いますので、以後吸いたいと思わなくなります。

私は2011年7月11日時点(この文章を書いたとき)でタバコをやめてから1年3カ月です。まったく吸いたいとすら思いません。

煙草を完全にやめることが出来て、空気も美味しいし、ご飯も美味しい、この世界はこんなに綺麗だったのか、と思えるくらい過去は感覚が麻痺していたように思えます。

煙草は百害あって一利なしです。誰もが始めは煙草を吸っていません。禁煙するということはありのままの自分に戻るだけです。どこかで煙草の精神的利益などがあると潜在意識(無意識)レベルで勘違いをしてしまっただけなのです。

その勘違いを取り除き、禁煙に成功するということは、ありのままの自分を取り戻すことに繋がるので、禁煙成功は他にもプラスなメリットがあるでしょう。私は、極度の依存症(煙草、人、薬物など)でしたが、少しずつ少しずつ依存からの脱出が出来てきました。

禁煙は本当に素晴らしいことです。まさに自分革命です。

ここまで真剣に読んでいただきありがとうございます。ここまで真剣に読んでいただいた禁煙したいあなたに、お伝えしたい情報があります。

それが、「終煙ガイドブック」です。

「終煙ガイドブック」は、タバコをやめたい人向けの禁煙指導ガイドブックです。タバコをやめようとして何度も禁煙にチャレンジして挫折した人でもきっぱりとタバコをやめることができるように構成しています。

終煙ガイドブック一般向けの詳細はこちら

終煙ガイドブック看護師向けの詳細はこちら

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    連れに禁煙を勧めても罵倒されるばかりで、半ば諦めていました。
    含有成分の毒性を調べてみると凶悪そのものですね。
    放射性物質のポロニウムも入っているとは…
    データを書くと頭で理解し易いと実感しました。
    粘り強く禁煙を勧めてみたいと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      データを書き出しアウトプットし自分で腑に落とせば吸いたいとすら思わなくなりますよ!

  2. by 名無し

    チェーンスモーカーの私のいとこは、専門機関に通院しながら徐々に減らしていって煙草が無くても平気なまでになりました。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。