原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神は「支配しない精神的な自立への道」です。

「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神は「支配しない精神的な自立への道」です。

「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神は「支配しない精神的な自立への道」です。

これはどういうことかと言うと、まず「来る者は拒まず、去る者は追わず」は「来る者」と「去る者」がいます。「来る者」はあなたのところに来たいから来ているのです。「去る者」はあなたのところから去りたいから去るのです。

つまり「来る者」と「去る者」は、どちらも本人が「そうしたい」から「そうしている」のです。相手の考えや思いですよね。そこで「来る者」を拒むというのは相手の「そうしたい」から「そうしている」を拒む(拒否、邪魔する)ということ。「去る者」を追うというのも相手の「そうしたい」から「そうしている」を拒む(拒否、邪魔する)ということ。

そして、「来る者」と「去る者」は自分が作った「縁」によって起こった出来事です。「縁」無しでは起こりません。自分が最初に作った「縁」によって自然な流れで「来る者」と「去る者」が成り立つのです。

<<下に続く>>

それなのに、自然な流れとして起こった「来る者」と「去る者」を拒む(拒否、邪魔する)ということは「自分の都合で支配する」ということなのです。自分が作った「縁」によって起こった出来事ですから「来る者」と「去る者」に対して適切な対処が出来ることが良いです。

ですが人生中々そう上手くはいきません。なのでまだまだ未熟な自分の問題によって「来る者は拒まず、去る者は追わず」が出来ないのです。ですから「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神を鍛えるということは「支配しない精神的な自立への道」へ進むということと同じなのです。

この記事を読んで「目から鱗が落ちる」と思う人もいるかと思います。僕もこのことを最初に考えた時は「目から鱗が落ちる」という感じでした。

「来る者は拒まず、去る者は追わず」は緩やかな自然の流れと一体化するようなものなのです。

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    初めて知りました!新たな学びの場をくださってありがとうございます。もっと勉強したいです(^-^ゞ

  2. by りん

    「来る者は拒まず、去る者は追わず」が出来ると、とても気持ちが楽になりますね。
    人に執着してしまうと、この考えにはならないと思うので、「自分を大切に、自分らしく」日々過ごしていけば気が付いたら、毎日生き生きと出来るかなと思います。

    なかなかの名言ですね。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。