Google検索

劣等感の押し付けをやめ尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう

恨んでもいいし、行動しないときはしなくてもいい。

大事なのは無理やりじゃなく、相手がちゃんと理解することなんです。

カリスマドッグトレーナーのシーザーミランも番組で「尊重し犬が理解するのを待つこと」と言っていました。

「行動しろ!」「でなきゃ何も変わらない!」と言いたがる人は、自分の劣等感を押し付けようとしている人です。

自分が行動が足りていないと不安になるとき他者に「行動しろ!」と言いたくなります。

自分が引きこもりの人に「怠けていないで外に出ろ!」と言いたい時、優越感に浸りたい時です。

自分が犯罪者に反省させようとするときも、犯罪者を使いストレスの発散をしている時です。

ですので「相手からの不当な指示」などそういった言葉は無視し自分が自然に進みだす時を待つのです。

心が病んでいる人も引きこもりの人も犯罪者も、自分から変わりたくなる時があるのです。

<<下に続く>>

そこを待って本人が理解できれば、必ず進みだします。

その為に尊重していけば、無理やり反省させる無理やり理解させようとする行為が如何に愚かで、より多くの犯罪者を増やし、非行に走らせ、心の病を増やしているか、わかってきます。

このことに気づくきっかけになった本は以下です。

尊重を忘れると犯罪者は増えます。

尊重し理解をしていけば、理解は癒しとなり犯罪者も心の病も非行も減るでしょう。

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    劣等感を持つことは悪いこととは限らない。大事なのはその劣等感に重い蓋をして心の奥に閉じ込めてしまうこと。

    表面上はスマートに見えても、後に歪んだ形となって爆発してしまう可能性が高くなる。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      劣等感自体は健全な場合もあるんですよね。仰る通り思い蓋をし閉じ込めることなんです。
      逆に相手の心に思い蓋をし閉じ込めることが得意な人もいます。

      そして無意識の中で傷を核として劣等感情が増えていき纏まり、複合的に絡み合うことで肥大化し劣等コンプレックスになっていくのです。

      劣等感は健全でも劣等コンプレックスは不健全です。
      コンプレックスが肥大化するとまるで別の人格が形成されたかのように外界に悪影響を出すようになるわけ。
      それがあなたの言う爆発部分です。

      その爆発を楽しむ人もいるので要注意です。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)