在宅支援をご希望の方へ

モラルハラスメントと認知的不協和と認知の歪みの関連性。モラハラは心の手錠をかけられる

モラルハラスメントと認知的不協和と認知の歪みの関連性。モラハラは心の手錠をかけられる

悪いことをすれば手錠をかけられます。

私も17歳頃の手錠をかけられました。

モラルハラスメントは「偽りに気づかない」と、モラハラの罠にはまり心を雁字搦めにされていく仕組みです。

「偽りに気づかない」点を修正することは「認知の歪みの修正」と関連性があります。

「認知の歪みの修正」をしていけば「偽りに気づく」ことが増えるので徐々にですが、モラルハラスメントの世界から抜け出せるでしょう。

つまり、あらゆる取捨選択をするのが人生ですが、生きていると認知的不協和に誰でも陥ります。

認知的不協和とは、人が自分の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態のことを言います。

その結果、矛盾からくる不快感を解消しようと新たな認知を追加して既存の認知を弱めたりします。

人はこの認知的不協和からの不快感を解消するために「自身の態度や行動を変更するか、または自分の態度や行動は変えず思い込みで楽して誤魔化すことを選択」します。

後者の「自分の態度や行動は変えず思い込みで楽して誤魔化すことを選択」していくと、どんどん現実離れした認知が増えていくので認知の歪みになっていくのです。

そしてそれでも認知の歪みを修正しないでいると、モラルハラスメントの世界に入っていくのです。

<<下に続く>>

攻撃的なモラルハラスメントか、または非主張的なモラルハラスメントです。

自分の行動を変えずに、新たな誤魔化しの認知を追加し続けたことで、どんどん認知が歪んでしまい正しく現実をみることが出来なくなります。

正しく見ることが出来ないから偽りに気づけなくなります。

つまり、善人のフリをした悪人が良い人に見えて、本当の善人を悪人だと心底思うようになるのです。

その証拠に私は昔、一般社会の人間はみんな悪い奴だと思っておりました(笑)

不良や宗教の人が正しいとさえ思っていたこともあります。

この歪みのより、矛盾や混乱が増え、しあわせになりたいと言いながら不幸を選択していることに気づけない・・・

そうやって不幸の目的にそって進んでいるのです。

正しく行動を変えないで、思い込みで誤魔化し逃げた人は、心の世界の犯罪者としてモラルハラスメントの罠にはまる仕組みです。

これがモラハラ界脱出に非常に大事な考え方です。

ですから、モラルハラスメントの被害はあなた自身で解決することが出来るのです。
一か月でモラハラの苦痛から抜け出すための「モラハラ実践対策プログラム」を公開!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック【CD付き】

正しい行動があなたを救っていきます!

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ゆっか

    私は思い込みが激しいです。

    良い思い込みもあれば、悪い思い込みも。。。
    心が悪いように捕らわれてしまうと、行動も悪化してしまいます。心が捕らわれるほど、辛いものはないです。

    ですが、心を前向きに正して、行動していくと、周りに対する見方が変わり、捕らわれてるものから少しずつ脱皮出来ます。

    これを仏教学では、転生出離と言います。

    つまり、心も生まれ変わる事が出来ると、仏様は説いて下さっているんです。

    どんどん、モラルハラスメントとから脱皮していきましょう。笑

  2. by kyu

    人は誰でも矛盾があり、何かしら悪いことをしたり失敗してしまうものだと思います。モラハラに出会ってもあまりのめり込まず被害を最小限にするのが大事だと思います。

  3. by くまモン810

    感想としては、モラスハラスメントは普段の生活にもあるんだなあと思いますもし、ご主人や奥様から被害を受けるといつ心が休まる時があるんだろうと思います。モラスハラスメントのキーワードは小さな親切大きなお世話と言ったところでしょうか。

  4. by 名無し

    正しく行動を変えないで、思い込みで誤魔化し逃げた人は、モラルハラスメントの罠にはまるなんて怖いですね。
    でもこの仕組みがわかっていればモラルハラスメントの被害は解決することが出来るのですね。
    為になります。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。