Google検索

自尊心を傷つけられる人は、自分を攻撃してくる人間を見抜いて一切の関わりを絶つこと!モラルハラスメント加害者は粘着性が強い

自尊心を傷つけられる人は、自分を攻撃してくる人間を見抜いて一切の関わりを絶つこと!モラルハラスメント加害者は粘着性が強い

自尊心を傷つけられる人は「素直で優しい人でいることが良いと思い込まされている」場合があります。これは何なのかと言いますと、自尊心を傷つけずにはいられない攻撃をする人は、相手の自尊心を傷つけやすいように心に細工をします。それが「素直で優しい人でいることが良いと思い込ます」ことです。素直で優しい人でいることが良いと思い込ませれば、心が開いているので攻撃をしやすいのです。

ですので、自分を攻撃してくる人間を見抜いて一切の関わりを絶つことが絶つことが大事です。「自分が変わるための分岐点なんだ」と思って離れましょう。そうすると、一時的に防衛のために殻に籠るようになりますが、自尊心を傷つける側は今度はその殻をあの手この手で壊そうとします。モラルハラスメントを行う人間は一度相手の自尊心を傷つけることを覚えると粘着し執拗に追いかけてきますので、兎に角関わらないことが大事です。巧みな攻撃をさ続けると苦しくなったり悔しくなったりして中々忘れることは出来ないと思います。根も葉もない噂を流されたり事実の歪曲の繰り返しで心を傷つけられた時は「受け入れない」と強く決めましょう。

<<下に続く>>

そこで効果的なのがアドラー心理学です。モラルハラスメントを行う人間はターゲットに自分が可哀相だと言うことを訴え、自分の問題に介入させようとする場合があります。介入させて依存させて逃れにくいようにするのです。モラルハラスメントを行う人間は自己愛的な変質者ですから道具化した人間がいなければ困るので自分に依存させようと誘惑するのです。

モラルハラスメントを受けている人間はこれ以上自尊心を傷つけられるわけにはいかないので、自閉的になり殻で防衛するのです。防衛すればするほどモラルハラスメント加害者は嫌がるので、必死に防衛をさせないようにします。その意味や手口をしっかり理解し防ぐ能力が身に付くまでは自閉的で殻を被るのです。 ですのでモラルハラスメントからの脱出にはアドラー心理学を学んでいきましょう。「区別」「分離」を学んで、相手の問題を背負う必要は無いと決心し離れることが大事です。

モラルハラスメント加害者は情に訴えてくることがあり、お人好しでいれば心が操作されていく場合もありますから情に流されず相手の問題・課題は背負わないと決めましょう。

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 翼

    やはり、相手の挑発に乗らないことが重要なんですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      挑発してくる人も、挑発したふりして気付かせようとする人も、どちらも劣等感にやられ歪んだ解釈を持っている焦っている人だと納得していくと良いと思います。

      後者の「挑発したふりして気付かせようとする人」も無駄な時間を使う優越コンプレックスの持ち主の場合もあるので、挑発の中身が可哀相なことが分かってくると挑発に乗りたくなくなりますよ。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)