心の支配から脱出するため厳選5冊

モラル・ハラスメントの心理構造 著者:早稲田大学理工学部名誉教授 加藤諦三
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠著者:東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩
マインド・コントロール著者:医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。岡田 尊司
悪魔を出し抜け!著者:アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖。ナポレオン・ヒル
エマソン 自分を信じ抜く100の言葉19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソン

モラルハラスメントをする人が実際に3時間の会話内で行っていた手口!

モラルハラスメントをする人が実際に3時間の会話内で行っていた手口!

モラルハラスメントの加害者は、被害者の「両手両足を切断してから『ほら自由だよ?』と見えない枠の中だけの自由を与えているイメージ」のように、先に「支配を成立」させてから、被害者に被害を気づかせないように精神的に嫌がらせをしていく、最も悪質なハラスメントです。

例えば、引きこもりの子の個性を親が長年かけて奪っておきながら「ほら外でなよ」と言う。つまり、巧みにでっち上げて、自作自演、マッチポンプ方式で精神的に追い詰めていくのがモラルハラスメント加害者の手口の1つなのです。このカラクリは中々理解できません。まして、生活を長年見てきたことが無いなら尚更理解できません。モラルハラスメントの支配は複合的に作用していくものなのです。

実際に約3時間の会話の中でAさんがBさんの自尊心を傷つけたテクニックを公開しますので、防ぐ為に知っておくと良いかと思います。この方法で何度も何度も繰り返し追い込んでいたのです。

(※この内容は、相談者の方のことを公開しているのではありません。個人的なものになります。相談者の方のことは間違っても公開しません。)

簡単な流れとしては以下になります。

1、共感、信頼構築
2、辛さや苦しみを全て受け止めるからと言い吐き出させる。
3、Bさんは自分の苦しみを吐き出すので、Aさんはここで「傷」を見つけ出す。
4、褒める、優しくする。
5、傷に関したことを仄めかす、傷を抉る、相手の話を聞かないで負荷をかけ出す。
6、心の奥の傷を抉り怒らせる
7、相手の傷を突いて、マイナスを引き出す。(怒りや暴言を出させるなど)
8、引き出したマイナスを巧みな演技で、周囲に見せつけ、脅されたなど、でっち上げる。
9、更に、誇大表現、嘘などを使い、周囲にも拡散させて一気にイメージ低下をさせて悪者扱い。
10、論点のすり替えなどで相手に反論させずに傷を抉る仄めかし連続。
11、ターゲットが何も出来なくなったところでヒートアップさせ一気に詰めていく。

このように自尊心を傷つけるために、まずは心を開かせ、傷を見抜き、傷を癒すのではなく傷を悪化させるようにします。これがモラルハラスメントを行う人のやっていた流れです。

このように相手は「褒める」を巧みに使い、目的として自尊心を傷つけることですが、こういった攻撃に気付かないでいる人います。気づきましょう。気づいてちゃんと対処しましょう。対処しない人はあがり症や神経症、対人恐怖、引きこもり、視線恐怖のようになる場合もあります。気づいていない、つまり、理解できていないからモヤモヤするのです。

自分が攻撃されていても見て見ぬふりをすると自尊心は傷ついていきます。自分を見て見ぬふりをするのは心理的賄賂を受け取っているから自分で気付かないフリをしているのです。

<<下に続く>>

自分を高めるチャンスを無駄にしてはいけません!プラスにしましょう!

私は宗教団体は入ることもしませんし興味もないですが、仏壇の中に本尊をしまい仏壇の扉が徐々に開きその中の本尊が大事なように、人の心も開いた先にある自尊心は大事なモノです。その自尊心を他者に攻撃させる自分は愚か者です。自尊心を守り心理的賄賂など捨ててしまいましょう!

そして、どうして相手がこうするのかを理解していけばもう一歩踏み込んでプラスになると思います。Aさんも傷ついているのです。

そして、巧妙なモラルハラスメントをする人間が使う別のテクニックに、似ているのがこちらです。

 

ヤクザは弁護士にならぶ、交渉のプロです。ヤクザは揉め事に首をつっこみ、巧みな交渉­によって、何も無いところから報酬を獲得します。
その狡猾なテクニックの中には、私たち一般人が応用できるものも多くあります。そこで­、ヤクザがよく使う交渉テクニックをまとめてご紹介します。

1、無理難題をスタート地点に
2、小さな要求から攻め込んでいく
3、都合よく話をまとめる
4、言葉尻をとらえる
5、謝罪からの一点突破
6、戦略的に威嚇する
7、時に優しく、時に厳しく

http://youtu.be/31KZ6Mv1dbcより引用

このようなテクニックを使い、表では善の顔をしながら、被害者が加害者に見えるようにしながら追い込んでいくのです。そこで悲しみを表面に出せずに怒りを使う点を悪用しながら、悪者のレッテルを貼りながら追い込む場合もあります。

世の中には「大嘘つき」もいます。情に流されないようにすることも大事です。モラルハラスメントは「正直者」と「大嘘つき」の間で起こりやすく深刻化しやすいものです。加害者が持っていないものを持っている相手が被害者に選ばれやすいのです。

先ほどの引用部分にはこう書かれています。「ヤクザは弁護士にならぶ、交渉のプロです。ヤクザは揉め事に首をつっこみ、巧みな交渉­によって、何も無いところから報酬を獲得します。」 巧妙なモラルハラスメントは「モラルハラスメントとはいじめのプロです。モラハラ加害者は善の顔で相手の落ち度を見つけ出して、巧みな話術によって、何も無いところから搾取(精神的利益も含む)の構図を作り出す。」 一般的なモラハラから踏み込んでいくとこのような巧みなモラルハラスメント加害者が隠れています。

搾取されたくない場合は「働きたくない。でも贅沢がしたい」なんて、甘い汁を吸う考えを捨てることです。甘い汁を吸おうとすると隙が出来るのでモラハラ加害者のアンテナにひっかかりやすくなる場合もあります。選択肢を増やすためには客観的視点を増やすことも大事。そうすると搾取されにくくなれる。

矛盾が多い素直な人は狙われます。

矛盾が少ない素直な人は狙われにくい。

嘘のある人生をやめることが、素晴らしい人生のはじまりですね!

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント一覧

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    実在するとしたら、かなり悪質ですね。同じ女性から見ても、ここまで執拗な人には出会ったことないです。

  2. by ∞ひめくるみ∞

    初め、誉めておいて、次にバカにする。

    誉める→バカにする→誉める→バカにする→誉めるを繰り返したら、モラルハラスメントを受けてるか、分からないな。

    私なら気付かないな

  3. by 名無し

    こう言う人いますよね!悩みを打ち明けた途端次の日他者に広がってることあります!

  4. by るっこ

    いい人のふりをして近づいてくるのですね。
    相手の悩みをうちあけられるだけでも返事に困ることもあるのに傷つけるなんて酷いですね。
    やっぱりモラルハラスメントする方のかたはかなり心が病んでいると思ってしまいます。

  5. by kyu

    他者から受ける心理的攻撃…信頼を得て攻撃に持って行こうとする心理的賄賂…思い返してみれば他者との会話や交流の中で思ったよりたくさんあるかもしれないと思いました。どんな攻撃であっても…まず管理者様の言う心の本尊…自分の誇りや不動のもの…を大切にすれば、心理的賄賂を跳ね返すことができるのではないかと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      思ったよりもあります。しかし無いものとしたい側の気持ちも理解していくことが大事だと私は思いました。跳ね返したうえで相手の傷も理解できる自分になって行く事が大事だと思いますよね(#^.^#)そういった芯がある自分になれれば、裏切られる怖さを持つ人へ少しでも安心を感じてもらえるのかもしれませんね。まずは自分を高めることですね!おっしゃる不動のモノ。それが素晴らしいなって思いました。

  6. by 名無し

    味方を装いながら、粗を探し論破して追い詰めるなんて、遣り口が怖いですね。そのような知人とはなるべく距離を置き、自分の心の平安を優先させようと思います。

  7. by ancoro

    褒めあげることにより味方だと思い込ませて、相手が本来持っていた防御力を下げ、下がった防御力につけこみ一気に蹂躙していく。

    関係性につけこんだ、とんでもない手法ですね。

    私も無意識のうちに同じようなことをしてないか、確認する必要があります。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      無意識のうちにやっている場合もあれば「自分がやってるからそうされていると思うんだよ」と怪しい信じ込ませるテクニックもあり、
      色々なパターンもありますので、確認って凄く大事なことですよね。

      例えば髪の毛を気にしている人の前で「うわっ薄くないか?飛ばないか?」と執拗に仄めかします。すると気にしている人はやはり気にしてしまうものでそれが成長最中の人間ですが、そこで「自分がやってるからそうされていると思うんだよ」という言い方は酷いと思います。従って「自分がやってるからそうされていると思うんだよ」は非常にマイナスなやり方だと私は思っております。相手に気付かせるには別の方法が良いと思います。

      根拠は無しですが、仄めかしで精神を追いつめる側は「自分がやってるからそうされていると思うんだよ」という言い方が効果的だそうですよ。実際にこのテクニックを使っていた人から聞いた話ですが、仄めかしの力が怖くてやめるには勇気がいるとのことでした。

      つまり、恐怖で自分がされたくないからその手口を使うようになったということでした。

  8. by 名無し

    やはり人のペース、性格に合わせるのは大切だと改めて思いました。

  9. by ないと

    創価○会 エ○バ 統一○会等カルト認定された組織が使うテクニックに似ているように思います。

  10. by りん

    知らず知らずのうちに、モラルハラスメントの被害にあってしまう事もあるんでしょうね。
    相手の気持ちや感情に癒着したり、入り込み過ぎない様に適度な距離は必要だと思いました。
    同時に、自分自身も周りの人達にしていないか考える様になりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ほんとそうですよね。相手の感情に癒着している問題がありますが、さらにマインドコントロールのように癒着するように仕向けられて育っている人は可哀相です。

      癒着し相手の不始末を背負うのが常識と刷り込む家族の場合、被害者は家族に癒着し助けなければならないと思い込んでいる場合もあります。

      自分自身がしていないかを考える事はとても良いことですよ。

      広い意味で言えば多くが当てはまりますので。

      癒着している方には「離れてもいい」「裏切ってもいい」そう伝えてあげることが必要です。

  11. by 名無し

    このテクニックを悪用してる人には痛い配信ですねw
    図星だと思うと回答がしにくいと思います。
    にしても凄い悪用だことw

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね(笑)
      このように相手の自尊心を追い込んでおく手口を被害妄想と言いたがるのがモラルハラスメントの巧妙さです。
      悪事を隠そうとするのです。

      ですので見抜いて離れて縁を切ることも必要です。

  12. by 名無し

    モラハラは会社や企業の至るところで潜んでいるので心構えや用心に徹するだけでも軽減出来ると思います。
    学びの場が有難いです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      潜む人が増えてきているようですね。

      手口を知らないとどんどん暗示もかけられていきやすいので防ぐことは必須ですよね!
      少しでも学びになっていただけたのでしたら嬉しいです。

コメント投稿(承認制)

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)