在宅支援をご希望の方へ

【嘲笑対策】しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。

【嘲笑対策】しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。

【嘲笑対策】しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。モラルハラスメントは美徳を使って欺くハラスメントですから、正義の仮面、または、弱者の仮面をかぶって攻撃をしてきます。こういったモラルハラスメントを受けて育つと自分の感情を素直に出せず自分の感情がわからなくなりやすいのです。

ですから被害者は「私は悲しんでいる」と相手に伝えられずに「殺すぞコノヤロウ!」と怒りを出すことがあります。怒りは二次感情で、一次感情は悲しみです。一次感情が本当のメインの感情です。しかし、本当の気持ちを出すことでマイナスなことが多かった事で隠すようにもなります。そこがモラルハラスメント加害者の狙いです。怒っているほうは悪者扱いされやすいので、巧妙な加害者は怒らせてイメージを低下させることをします。とにかくしつこいのです。

被害者は本当のことを言えなくなっていますし、本人も自分の本音が分からないくらい混乱したり乖離していることがあります。そこで理解を深めることが大事です。自分が怒っていたら悲しんでいると理解しましょう。「お前はあたまがおかしいんだよ」と言われたとすれば、怒りではなく悲しみを出して「私は、そう言われると、悲しいなぁ…。」と伝えると効果的です。こう言うと相手は「悪者に出来ず、自分が悪者だとばれそうになる」ので、「私は、そう言われると、悲しいなぁ…。」は効果的です。

<<下に続く>>

それでも、しつこく言葉のイジメ、からかい、嫌がらせをしてくる者もいます。悪化した嫌がらせをする者は人を苦しめずにはいられないくらいになっている場合があります。嫌がらせをする者は、人の自尊心を狙っています。自尊心を破壊するためにしつこく付き纏います。

あなたが嫌な奴に勝てない理由もあります。相手は卑怯者ですから自分が勝てないと分かっている相手には媚び諂います。そして相手を分析し勝てるとわかってからネチネチやってきます。そんな嫌な奴に勝つには効果的な方法を学ぶことが必要です。

無駄に傷つけば人生において多大なる損失を産みます。そんな嫌な奴を人間と思わないのも自由ですし、ゴキブリと思う事もゴミと思う事も自由です。相手に伝えることはダメですが自分だけで思う事は自由ですし、不要な一つ必要な人を区別する為にも、思うことは必要な場合もあるでしょう。お人好しすぎてはつけあがられます。あなたの大事な人生をゴキブリやゴミに渡してはいけないのです。イヤな奴の攻撃を撃退し断ち切る必要があります。そのためには有効な対処方法を身に付けることが重要です。

逃げていてはいつまでも同じような事が起こるので、自分が変わり戦う事が必要です。

では、戦うにはどうするか?それは対話法を学ぶことです。この気持ち悪いイヤな奴を撃退する対話って何かと言うと、教えてもらえる3つの短いフレーズを使って対話することです。簡単で当たり前な言葉で返すことで相手を撃退できます。

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。