原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

自己愛性人格障害の原因は巧妙なモラルハラスメントかもしれない。

自己愛性人格障害の原因は巧妙なモラルハラスメントかもしれない。

まず、自己愛性人格障害の原因についてWikipediaに書いていることを引用します。

自己愛性パーソナリティ障害の原因は知られていないが、アーノルド・クーパーらは様々な研究から可能性として以下の項目をリスト化した

自己愛性パーソナリティ障害の原因となる因子

  • 生来の過度に敏感な気質
  • 現実に立脚しない、バランスを欠いた過度の称賛
  • 良い行動には過度の称賛、悪い行動には過度の批判が幼少期に加えられた
  • 親、家族、仲間からの過剰な甘やかし、過大評価
  • 並外れて優れた容姿、あるいは能力に対する大人からの称賛
  • 幼少期の激しい心理的虐待
  • 予測がつかず信頼に足らない親の養育
  • 親自身の自尊心を満足させるための手段として評価された

引用元:自己愛性パーソナリティ障害 – Wikipedia

上記の「自己愛性パーソナリティ障害の原因となる因子」のリストについて、私の考えを書いていきたいと思います。



生来の過度に敏感な気質

自己愛性人格障害の原因となる因子の一つである「生来(生まれつきの性質や能力)の過度に敏感な気質」は、母親の胎内にいる時から母親の無意識の感情を吸収していることが考えられます。例えば、父親が支配的だったとします。父親が母親の心を支配していくことで母親の苦しみが胎内にいる胎児に影響を及ぼして角に敏感になるものと思われます。

つまり、機能不全家庭にあるモラルハラスメントの恐怖に関する感情を胎内にいる胎児が母親を通して吸収している為だと私は考えています。そんな中、生まれて生きていくためには過度に敏感にならなければ防げるものさえ防ぎきれなくなります。

ですので、「生来(生まれつきの性質や能力)の過度に敏感な気質」は「機能不全家庭にあるモラルハラスメント」の環境に生まれて当然のことだと思います。ただ、本人がその後、成長がいきづまってしまうと「生来(生まれつきの性質や能力)の過度に敏感な気質」が自己愛性人格障害の原因になってしまう可能性があると思います。

こちらの本もおすすめです。

現実に立脚しない、バランスを欠いた過度の称賛

これは、自己愛性人格障害の人は問題のないことまで貶され否定されてることがあります。そこから過度な称賛を求めるようになります。恐らく自己愛性人格障害になるであろう人へ、周囲の人間が貶し続けた場合もあります。そしてセルフイメージをボロボロのものに書き換えらたことから何とかバランスをとろうと今度は行き過ぎて過度な称賛を求めるようになり、その過度な称賛がないだけで攻撃されていると思ってしまう場合もあるのです。

この「セルフイメージをボロボロのものに書き換えらた」という部分はモラルハラスメントをする家庭でみられます。モラルハラスメントをする家庭では家族間、兄弟間で、貶し合いがあることがあります。親が条件付けの愛で子供を支配している場合、兄弟たちは条件付けの愛を巡って兄弟間で争ったり、潰し合ったりすることがあります。

そんな中で育ち続け、セルフイメージがボロボロになることから、過度な称賛を求め、明らかに自分を称賛しない者は攻撃者だと思い込んでしまうこともあります。

良い行動には過度の称賛、悪い行動には過度の批判が幼少期に加えられた

これも巧妙なモラルハラスメントの支配がある家庭で行われやすいことです。親が支配下に置くために徹底して飴と鞭を使い分けます。飴が「良い行動には過度の称賛」で鞭が「悪い行動いは過度の批判」です。厳しい家庭では良い行動には条件付けの愛。そして悪い行動には暴力や暴言、誹謗中傷、嘲笑など。

この良い行動、悪い行動と言うのは支配者の価値観で決められるものです。こういった過度な飴と鞭も自己愛性人格障害の原因となる因子の一つということです。

親、家族、仲間からの過剰な甘やかし、過大評価

表面上は善のフリをした過剰な甘やかしもモラルハラスメントをする側は行うことがあります。それにより育たない様にする場合もあります。育たず、子供っぽいままだと心を操作しやすいからです。

そして親や、家族、仲間などが、甘やかすことで親が自分の何かを満たすのです。「子供を甘やかしている立派な親」などを演じるためだったりします。

本来なら子供に「甘えさせてあげることができないでごめんね」と言うほうが好ましいのに、自分の弱さを隠し「それはただの甘えだろ」と相手のせいにすることも!甘え下手な人が甘え上手になるには?

この記事に書きましたが「甘やかす」は「甘えさせる」とは別物で「支配」です。

つまり、こういった支配があることも自己愛性人格障害の原因となる因子の一つということです。

並外れて優れた容姿、あるいは能力に対する大人からの称賛

並外れて優れた容姿や優れた能力、つまり輝ける子供、または力を持った子供でなければならないという無意識レベルでの要求の中育つことで、過剰に並外れて優れた容姿や優れた能力に固執する場合があります。つまり、中身がスカスカで表面だけでも輝かしいものにしなければ命の危険さえあるような環境だったため、こういった支配があることも自己愛性人格障害の原因となる因子の一つということです。

<<下に続く>>

そして、深刻な劣等感を抱えているモラルハラスメント加害者からすると、自己愛性人格障害の人は嫉妬の対象になるので攻撃されやすくなります。そこで自己愛性人格障害の人が反撃すればするほど染まっていく仕組みです。

幼少期の激しい心理的虐待

激しい心理的虐待を受け続けることで、生きていくために身に付けたものが自己愛性人格障害というわけです。ですので自己愛性人格障害の人は簡単には改善しません。改善するには過去の激しい心理的虐待を紐解き、それに対処できるようにならなくては改善はしません。いえ、無意識のうちに改善を拒みます。

こういった激しい心理的虐待や支配があることも自己愛性人格障害の原因となる因子の一つということです。それなのに自己愛は許さない!と叫び、大義名分を手にしたように追い詰めている者は「激しい心理的虐待を受けたのに、それを言えない人」を追い詰めている悪党です。

辛い、苦しい、誰か助けて、と誰もが癒えるわけじゃないのです。必死に強がって傷を隠している優しい人もいるのです。なぜか?自分の傷を認めるということは、自分を傷つけた者を明らかにするということです。

自分を傷つけた者を明らかにするということは、加害者を特定するということ。それをしないために我慢しているのです。それを刺激して「ほら?w自己愛憤怒みたろ?ww」と煽っている者は、言葉は悪くなってしまいますが犬畜生にも劣る外道です。

人を傷つけることは、やめましょう。

予測がつかず信頼に足らない親の養育

善のフリをした親の場合、信頼に足らないどころか信頼すると骨の髄までしゃぶられます。そういった支配的な親に育てられると平気で裏切られ、騙されて、心がボロボロになりやすくなります。

こういった支配があることも自己愛性人格障害の原因となる因子の一つということです。

親自身の自尊心を満足させるための手段として評価された

親自身がモラルハラスメントを行う人間の場合、親自身の深刻な劣等感を隠すため、そして、親を満足させるための道具として扱われて育ちます。

そして、親は子供に「お前の為だ」と美徳やモラルを盾に、子を騙し、心を殺していくのです。子供は理解力がないから親自身の自尊心を満たすための道具にされているとは夢にも思いません。

巧妙なモラルハラスメントは水面下で行われるのでとてもわかりにくいです。そのわかりにくい攻撃を子供が分かるわけはありません。その分かりにくい攻撃から必死に守ろうと防衛の為に自己愛性人格障害になっていくのです。

だから自己愛性人格障害はスタートは悪人ではないのです。悪人予備軍です。問題は自己愛性人格障害の方に悪人だとレッテルを貼りたがる人たちです。追いかけて執着し静かにレッテルを貼りたがる人たち。それが加害者です。そして反撃が来たら「ほーら、悪人だw」と創り上げるのが上手いのです。

それに反撃していくことで自己愛性人格障害もモラルハラスメントの加害者になっていく可能性があるのです。染まる前の自己愛性人格障害は悪い人ではありません。染まってからの自己愛性人格障害の人が人を平気で傷つけるようになるのです。元が素直で純粋だったが故に…。

傷ついた悪人予備軍の方を追い込んで爆発することが目的ではないのなら、そっとすることが大事だと分かるでしょう。

自己愛性人格障害は被害者だった

自己愛性人格障害の方の背後には嫉妬と逆恨みに満ちた人が隠れていることがあるでしょう。

繰り返しますが自己愛性人格障害は過酷な支配や虐待で「環境によって順調に成長することを許されなかった」人の障害ですから、つまり元は被害者なのです。

だけどモラルハラスメントは感染しますから、そのままいけば悪化して攻撃者になる可能性は十分あります。その爆発寸前の状態を追いかける人こそ隠れた悪人でありサディズムを隠した巧妙なモラルハラスメントの攻撃者である可能性もあります。

以下も参考になるでしょう。

本人は、
ある意味、
被害者であり、
「本人に責任はない!」
という捉え方が正しい見方です。

自己愛性人格障害は、
狂人ではありません。

引用元:自己愛性人格障害の改善方法! – Yahoo!知恵袋

自己愛性人格障害は「生まれつきの性格だから絶対に改善されない!」と言う方、アドラー心理学の目的論で考えてみて下さい。「絶対に改善されない!」ではなく「絶対に改善されないで欲しいと願ってる目的がある!」ということです。

何故か!?

自己愛性人格障害の方の心の奥にあるものが開花されたり成長されたりすると、とても困ることがある人がいるはずです。 何が困るのか? そう、自分の欺きがばれるであろうものは早い段階で潰しておきたいですよね。そうでなければ「生まれつきの性格だから絶対に改善されない!」という思い込みを捨てることが出来るはずです。

だって、人が良くなる、改善される。嬉しいことじゃないですか。自己愛性人格障害の人は絶対に改善される!と信じましょう。

 

私は、更に巧妙なモラルハラスメントの手口を本人が理解し防げるようになることも必要だと思っています。本人はその詳細を良く分かっていないから恐怖しているのです。あの自己愛性人格障害の代表ともいえるヒトラーでさえ悪夢にうなされて何度も夜中にうなされたそうです。怖いんです。自己愛性人格障害の人は怖がっているのです。

何に?それが本人もよくわかっていない巧妙な支配、巧妙なモラルハラスメント。それに怯えていると私は確信しています。

つまりサディズムを隠した善のフリをした悪人が、早い段階で染め上げてしまおうとして非言語コミュニケーションで深く傷つけていくから自己愛性人格障害になりやすくなるのです。

当然、無意識に責任を持っていない人は自分が非言語コミュニケーションで相手を傷つけていることに気付いていない場合が多いのでこの話は理解できにくいと思います。

何故か、自己愛性人格障害の方は純粋な方が多いのです。純粋性が邪魔になるのは欺きのサディズムを隠した人です。無意識で嫌悪するのです。だから追いかけて攻撃をしたくなってしまうのです。

そして殻を強くし防衛するのが自己愛性人格障害の方です。それに負けると自己愛性人格障害の方も悪人に染まっていきます。 あくまでも私個人の意見ですので信じるか信じないかはあなた次第です。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    自己愛性人格障害にまでモラルハラスメントが潜んでいたなんて思いもしなかったです!(~o~)

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。