心の支配から脱出し「本当の自分」に近づくため5冊

モラル・ハラスメントの心理構造 著者:早稲田大学理工学部名誉教授 加藤諦三
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠著者:東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩
マインド・コントロール著者:医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。岡田 尊司
悪魔を出し抜け!著者:アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖。ナポレオン・ヒル
エマソン 自分を信じ抜く100の言葉19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソン

統合失調症の親は統合失調症の子どもを必要とする!?統合失調症と矛盾したコミュニケーション!ダブルバインドで心を封印されると苦しみます!

統合失調症の親は統合失調症の子どもを必要とする!?統合失調症と矛盾したコミュニケーション!ダブルバインドで心を封印されると苦しみます!

「統合失調症の親は統合失調症の子どもを必要とする」と言われます。

そして、以下の引用文もお読み下さい。

図3に示したように、両親のどちらかが統合失調症の場合、子供が統合失調症になる危険率は約6倍になるとされます。

引用元:統合失調症|4-2-1 統合失調症での“遺伝”の意味|4.統合失調症の遺伝子研究|脳科学から見た統合失調症|こころの健康情報局 すまいるナビゲーター[すまいるナビ]

約6倍。とても大きな数字です。

あと「誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠」という本のP222には、矛盾したコミュニケーション、ダブルバインド、精神疾患を誘発するレシピが書かれていて、こうも書かれています。

ベイトソンは、精神疾患を矛盾したコミュニケーションに対する適応学習の結果、として理解した

引用元:誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠

つまり、矛盾したコミュニケーション環境にいると、それを適応学習し、精神疾患になるかもしれないということです。

わかります。私自身も、矛盾したコミュニケーション環境にいました。事実ではないことを事実のように広められ、それを探ることを禁じられ、混乱状態に陥っていました。あの時はやばかったと思います。あのまま、あの環境に入れば精神疾患、もしくは自殺していたと思います。

実際に、過去に、医者から統合失調症と診断された方がいたのですが、その方は矛盾したコミュニケーションで無意識に刷り込みをしてこようとするようなコミュニケーションをとってきました。そして当時、私はこのようなことがさっぱり分からなかったので素直に受け答えをしていたのですが、どんどん心が苦しくなり頭が混乱してきてイライラすることが増えるのに理由も分からないという状態になったことがあります。

つまり、統合失調症になりかけていたかもしれないと振り返ってみて思うのです。今、振り返ってみれば、その統合失調症と診断された方の行ってきたコミュニケーションはダブルバインドでした。

ダブルバインドについては「ダブルバインド(二重拘束)で心に溜め込む仕組みを作られている人は気づこう!統合失調症患者の家族のコミュニケーションのパターンにダブルバインドが多い!」の記事と「ダブルバインド – Wikipedia」を、お読み下さい。

ダブルバインドを受け続けていくと、疑心暗鬼になり被害妄想も増えやすくなります。

そして以下のような症状が現れる、とした。
言葉に表されていない意味にばかり偏執する(妄想型)
言葉の文字通りの意味にしか反応しなくなる(破瓜型)
コミュニケーションそのものから逃避する(緊張型)

引用元:ダブルバインド – Wikipedia

<<下に続く>>

私は過去、ダブルバインドによって心に溜め込む仕組みを作られていたのに気が付いていなかったのです。ダブルバインド(二重拘束)という二つの矛盾した命令を受け取った人が、その矛盾を相手に指摘できないのに受けった人が相手に応答せざるを得ない状態を作ることで、溜め込むシステムが作られていくのです。

つまり、私は、事実ではないことを広められ、家族は勿論、それ以外からも「事実の歪曲」を信じ込まれて生きて、そのような扱いを受け続けるのに、それを否定しようとすると「とんでもないやつだ」と禁じられるのに、家族を大切にしなければという思いに囚われていき、最後、限界に達し、自殺を決めたことがありました。だから「溜め込むシステム」が納得です。

統合失調症の原因は遺伝や脳の変化や環境因子などいくつかの要因が考えられると言われていますが、矛盾したコミュニケーション、ダブルバインド(二重拘束)によって心に溜め込む仕組みが作られて、それが強烈なストレスになり発症の引き金の大きな要因の一つだと思っています。

※統合失調症の原因については現在も不明な点は多く「統合失調症の原因=ダブルバインド」と短絡的に考えることには問題があるとされています。

心に溜め込む仕組みとは、心のゴミ箱、感情のゴミ箱なのです。矛盾したコミュニケーションをする人は自身の矛盾から発せられるマイナス感情を自分で処理出来ないのにもかかわらずマイナス感情を発生させています。自分では背負いたくないマイナス感情を誰かに背負わせて押し付けたくなるとダブルバインドでゴミ箱にするターゲットの心に溜め込む仕組みを作ります。そして自身のマイナス感情である汚物感情を背負わせて蓋をするのです。ターゲットにされた方は気が付いていないことが殆どです。

矛盾は、どんな矛をも通さぬ最強の盾、そしてどんな盾をも貫く最強の矛というお話。このどちらも最強とうたう矛盾した矛と盾がぶつかるとどうなるのか?ぶつかると両方破壊されるでしょう。同じく、矛盾したコミュニケーション同士も最後には心の破壊という結果を出してしまうのです。

「どんな矛をも通さぬ最強の盾」と「どんな盾をも貫く最強の矛」は歪んだ認知ですよね。実際にありえません。実際にありえないものを絶対にこうだと言い張る両方がぶつかると破壊になるのです。このような歪んだ認知を抱えている人とコミュニケーションをとることで精神は病んでいきやすいのです。

「ベイトソンは、精神疾患を矛盾したコミュニケーションに対する適応学習の結果、として理解した」というように、精神疾患は矛盾したコミュニケーションからの防衛のためになるということです。このようなことを理解して人のコミュニケーションを見ていると、何故相手が怒り出しているか、悲しんでいるか、色々見えてくると思います。

心が苦しく、病んでいる人はこういった矛盾したコミュニケーションをする人から心理的に離れて、自身の中にも矛盾したコミュニケーションをとるものがあるはずですので、自己分析をして矛盾をやめて行く事が大事なことだと思います。※見捨てると言う意味ではありません。

食生活の改善も大切なので「【統合失調症と共に歩む会】薬に頼らずに改善する方法」もおすすめです。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・記事を読んであなたの「気づき」に繋がったことがあれば投稿して下さい。
・あなたの「気づき」が誰かの心に届くかもしれません。
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)