原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

コンプレックス克服。コンプレックスには、何かその人の隠れた能力がある場合が多いので、実はそこにあなたらしさが隠れている場合もあります。探してみると何か新しいプラスな発見があるかもしれません。

コンプレックス克服。コンプレックスには、何かその人の隠れた能力がある場合が多いので、実はそこにあなたらしさが隠れている場合もあります。探してみると何か新しいプラスな発見があるかもしれません。

コンプレックスとは正しくは「複合的な感情の纏まり(まとまり)」のことを言います。一般的に言われるコンプレックスは劣等コンプレックスのことです。劣等感が複雑に複合的に纏まったものが劣等コンプレックスです。メサイアコンプレックス、カインコンプレックス、マザーコンプレックスなどコンプレックスの種類は色々あります。

このコンプレックスは思春期に生まれやすいと言われています。対人関係の中で比較することで「劣等感」「優越感」が生まれていくのです。その生まれた感情自体は健全なものですが、それらをバネにしないで成長を放棄し続けると劣等感などの感情が無意識内で「複合的な感情の纏まり」になっていくことで問題になってくるのです。

マイナスのイメージで申し訳ないのですが、黒カビが発生しどんどん増殖していくと、黒カビによる黒色真菌症では患部を切除した重症例もあるとされています。このようなイメージで、コンプレックスも肥大化し増殖するように肥大化していくと大変なことになる場合もあるのです。

<<下に続く>>

このコンプレックスは「自分を嫌って自己否定し思い込んでいく事で形成されていく」のです。好き好んで自分を嫌う人はいません。自分を嫌う理由があったのです。「その理由を理解すると癒されてコンプレックスは解体されていく」のです。

自分で自分を嫌って、自己否定し、そして自分以外の他者の考えや価値観を思い込んでいったことでコンプレックスは大きくなっていったのです。今度は、そのコンプレックスを好きになることで自分を好きになっていけるのです。コンプレックスを好きになる為に新しい解釈をしてみると良いです。

コンプレックスには、何かその人の隠れた能力がある場合が多いので、実はそこにあなたらしさが隠れている場合もあります。探してみると何か新しいプラスな発見があるかもしれません。

自分の中にある本当の自分の生き方を邪魔する自分に打ち勝ってください。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。