原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

ネガティブ思考改善・克服!真剣になり「気づきを起こし」腑に落ちると無意識に入っていく!プラス思考はトレーニングするもの!

ネガティブ思考改善・克服!真剣になり「気づきを起こし」腑に落ちると無意識に入っていく!プラス思考はトレーニングするもの!

ネガティブ思考のメリットはトラブルに対して予め対処できるなど、良い面もあるのですがバランスを崩して過剰にネガティブ思考になってしまうと、精神的に疲れて人間関係も悪化しやすくなりデメリットが多くなります。

大事なのはプラス7割、マイナス3割くらいのバランスです。過剰に偏ってマイナスを排除することも好ましくありません。どちらも大事な事なのでバランスをとることが大事になります。



ネガティブ思考の正体

ネガティブ思考って突然湧いてきますよね。「よし今からネガティブな思考をしよう!」と意識する人っていないと思います。つまり、あなたのネガティブ思考は無意識のうちに思考しているという事です。大事なのでもう一度繰り返しますね。「ネガティブ思考は無意識的にしている」ということです。

無意識って何?

無意識は意識していない状態や、私たちの心の中の意識ではない領域が無意識です。「潜在意識」と「無意識」は同じ意味です。無意識で唇を触ったり、無意識の口癖や、無意識で落書きをしたり、無意識で貧乏ゆすりをしたり、無意識で行っていることは意外と多くあります。しかも意識していないので自分では気が付いていないことがあります。

そして無意識はあなたの命を安全にする為に様々なことをしてきます。例えばブレーキをかけたり、先ほど書いた貧乏ゆすりも一種のストレス回避行動だと言われています。

そう、無意識はあなたの味方なのです。

何故、無意識でネガティブ思考をするか?

先ほど無意識はあなたの味方だと書きました。その味方が何故、ネガティブ思考をいっぱい無意識から促してくるか?これも味方だからです。あなたを守るためにネガティブな思考を無意識から促してくるのです。例えばネガティブな思考によって孤独になり人間関係が悪化したとします。当然ネガティブ思考が嫌だ!今すぐなんとかしたい!と焦ってしまうものです。

しかし無意識はあなたを守るためにネガティブ思考を促しますから、そのまま進むと危険なことがあったから、ネガティブ思考によりブレーキをかけてきたのです。それが何かまだは私はわかりません。本人が後から気づくことでしょう。このことがなんとなくでも理解できてくるとネガティブ思考も受け入れやすくなると思います。

つまり、ネガティブ思考はあなたを守るための安全ブレーキの役割を果たすのです。

でもネガティブ思考を改善したい!

先ほども安全の為のブレーキがネガティブ思考だと書きました。改善するためにはブレーキを解除しなくてはいけません。ブレーキを解除するためには危険を回避できるようになっていないと危険なままですから、危険を回避できるようになったかが大事になります。

イメージしてみて下さい。あなたは車に乗って進んでいます。あなたは気が付いていないけど無意識は道の先がどうなっているかわかるので、このまま進めば崖から転落すると分かったのでブレーキをかけました。しかし無意識からの守るためのメッセージだと気が付かないので、本人はアクセルを踏み進もうとしますが無意識は守るためにブレーキを更に強く踏みます。これがネガティブ思考で苦しい人の状態です。

<<下に続く>>

スムーズに進むには無意識がブレーキをかけた理由を知って理解し、危険回避出来るようになれば無意識はブレーキをかける必要はなくなるのです。先ほどのイメージで言いますと、本人が道の先にある崖に「気づく」ことが大事になります。

つまり、自分のネガティブ思考は何に気づけと言っているかが分かってくると、分かった分だけ自然とネガティブ思考は消えていきます。

気づきが大事

先ほど書きましたように自分のネガティブ思考は何に気づけと言っているかが分かってくると、分かった分だけ自然とネガティブ思考は消えてくるので「気づき」が大事だという事はご理解いただけたかと思います。ここまでお読みいただけた方はなんとなくわかってきたと思います!

「気づきを起こせばネガティブ思考は改善されていく!」という事です。

気づきを起こすって何?

気づきを起こすと言うのは、そのままですが気が付いていないことに「気づく」ことです。私たちは自分で気が付かない事って無数にあるのです。例えば部屋の全てのものを意識して下さいと言っても、全てを意識など出来ませんよね。すべてを意識したつもりになっていても、壁の模様は意識できなかったかもしれませんし、床のゴミには意識できなかったかもしれません。気が付かないことなど無数にあります。物だけじゃなくても人に対しても同じで気が付かない事ばかりなのです。

ですので気づきを起こすと言うのは、気づくためのきっかけを作る事なのです。

「気づく」きっかけ作り

ネガティブ思考を改善するために「気づく」ことの重要性がお分かりいただけたかと思います。気づくことは本物です。「はっ!」とか「なるほど!」とか「完全に腑に落ちた」という感じで自分で納得し気が付いたことはストンと腑に落ちるのです。

腑に落ちる「腑」は、「はらわた」「臓腑(ぞうふ)」のことです。腹割って話すというのは本音を話すという意味です。つまり腹は本音を意味します。本音は背中や腹を意味します。ですので「腑に落ちるというのは無意識に入る」ということに繋がるのです。言い変えれば「100%の本気の真剣な気づきは無意識に入る」という事になります。ネガティブ思考改善には、その無意識を変える「気づき」の「きっかけを作って行く事が必要」ということです。

トレーニングが大事

きっかけは人それぞれ無数にあります。正解などありません。大事なのはなんでもいいので行動を起こしていく事です。行動を起こし本気になり、真剣になり、無意識にある既存のネガティブの塊を溶かし、あらたなプラスを無意識に入れていく為に「なるほど!」が増える一日にすることです。その為に効果的なのがプラス思考になるためにトレーニングをすることです。

今、ネガティブ思考を改善したく悩んでいる方は、今までネガティブ思考トレーニングを何年もやってきたようなものですから、逆にプラス思考トレーニングをしてトレーニングをしながら新たな気づきを増やし腑に落としていく必要があります。

無意識の内に自然にプラス思考をするようになれる『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)がおすすめです。諦めず楽しく真剣にトレーニングをしてみて下さい。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。