Google検索

高圧的な人の心理と対処法「もう!!喧嘩はやめてよね!私怒っちゃうもん!」

高圧的な人の心理と対処法「もう!!喧嘩はやめてよね!私怒っちゃうもん!」

高圧的な人に暴言を吐かれたり人格を否定されるような言葉や態度で悩んでいる方もいると思います。 簡単に言いますと、高圧的な人は弱い人が多いのです。弱いという事は弱っているということですので、高圧的な人は弱ってしまっているけど、何かの理由があって「これ以上弱るわけにはいかない現れ」で高圧的になって防衛している場合があるのです。

高圧的な人が高圧的になった原因は親や環境などによる心への傷つけることなどから「高圧的にならなければ自分を守れなかった」という原因があります。人は自分を防衛するために高圧的になったり、トゲのある言葉や態度で近寄らせないようにして防衛をしようとします。心の中に殻を作って守ろうとすることもあります。

そして、高圧的な人は、文字通り「圧力が高まっている人」なのです。何故、圧力が高まるか?「抑圧すると次第に圧力は高まる」ものですが、抑圧とは何か?

社会科学の用語で、被支配者が、支配者から苛酷な支配を受けること。 抑圧されているのに気づいていないから無意識で高圧的になります。Wikipediaより

抑圧(よくあつ、英: repression 独: Verdrängung)とは、自我を脅かす願望や衝動を意識から締め出して意識下に押し留めることであり、意識されないままそれらを保持している状態である。精神分析において想定される自我の防衛機制のうち、最も基本的なものと考えられている。 Wikipediaより

はい、上記の引用からわかるように「高圧的な人は、支配者から過酷な支配を受け、その支配に気づいていなので防衛のために無意識で高圧的になっている」ということがお分かりいただけたかと思います。

ですので、高圧的な人に悩んでいる人は、相手が弱って傷ついていることを理解し、それ以上刺激しないようにすることです。近寄らないことが大事です。高圧的な人で悩んでいる人も過去に高圧的な人とのコミュニケーションで深く傷ついているでしょう。互いに傷つけ合う事になるのです。一方だけが悪いというわけではないのです。怒る人も悲しんでいるのです。互いに違う生き方や違う傷だという理解ができれば良いのですが、難しいことです。

<<下に続く>>

そして、高圧的な人は、自分が防衛の為に高圧的になり、無関係な人を傷つけることに繋がっていることを理解するために、まず自分の気づいていない傷に気がついてあげることが大事です。自分の傷がわかってくると、自分と違うタイプの方を無自覚で傷つけることに繋がっていたこともわかってきます。

支配者からの過酷な支配により蓋をされてしまった、または自分で蓋をしてしまった事に気づき、自分を一番大事にしても良いと自分に許可を出して蓋をあけることです。自分の人生ですから自分を一番大事にしても良いのです。

高圧的な人は根は優しい人です。複雑な支配により、他者の価値観で生きてしまって、他者を傷つけないようにするがあまり、ズレてしまったのです。その結果、無関係な人にも高圧的になって傷つけてしまいますので、一日も早く自分の人生や自分の価値観を取り戻すことが大事です。

例え親であっても同じ価値観ではなくても良いのです。不要な価値観は捨ててもいいのです。正常な親なら違う価値観を背負って生きることを喜んでくれるものです。

いがみ合っていると子供がこんな顔でこう言いますよ。

「もう!!喧嘩はやめてよね!私怒っちゃうもん!」

高圧的な人を、悪と見るのではなく「傷ついた人」という解釈は、それだけ自分の世界から悪が減るので人生を豊かにしますね♪なるほど!と気づいたことがあれば投稿して下さい!あなたの純粋な「気づき」は他の方にもプラスになることが多いのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 16 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ∞ひめくるみ∞

    よく偉そうにしてる人が居るが、そのような人も他の人に偉そうにされたから、
    また他の人に偉そうにしてるのかな{emj_v_0097}

    ストレスが上手く発散出来ないのかな?

    出来ないか誰かに当たり散らすんやろか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そういう場合もありますね。人はみんなすべてを正しく正しい所に返せませんよね。逆らえない相手にビビってしまった自分がいたとして、それを認めたくないから相手を正当化して誤魔化すなどもよくあることです。

  2. by ナオニャン

    高圧的な人を悪と見るのではなく、かわいそうな人と見ることで、自分の中の悪が減ることが、大きな学びになりました。
    かわいそう、という思いを、蔑みでなく、心からそう思えて祈れたら、より良いと思いました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですよね!蔑むのではなく理解した上で可哀相と思えて、理解が癒しや回復になれば素敵ですね!そのためには自分の成長ですね(*^_^*)

  3. by りん

    高圧的な人は、どこか周りの目を気にしていたり、自分が攻撃される前に先に相手を攻撃したり批判したりするのではないでしょうか。
    自分を守る為に高圧的になると言う事は、過去に酷く傷つく様な出来事があって、もう傷つきたくないと言う思いからの行動なのかなと感じました。
    表面だけを見るのではなく、何故そんな態度を取るのかなど視点を変えてみると、相手を理解する事が出来るのではないかと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね。高圧的な人は自分の傷に気づいていない部分がありますので、自分を傷つけたものが何かも気づいていません。なので周りを気にしているです。それ以上傷つくと爆発するので防ぐ為に攻撃したりします。そしてその高圧的な人を静かに煽って怒らせることを楽しむ人もいますので、そこらへんの理解が深まれば穏やかになるパターンもあります。反対に自分の勘違いで傷つけられていると勘違いしている場合もあるでしょう。

  4. by ぴぼぼ

    私は高圧的な人、性格のきつい人を想像すると、昔私をいじめていたいじめっ子とかぶる気がして怖いと思ってしまうのですが、本当は優しい人、傷ついている人とということが理解できれば、本当は怖がる必要などないのですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そう!そこです!(^^)相手の傷を理解し悪気はないけど刺激になってしまう部分において自分の態度などを変えると、怖がる必要もない事に気づくだけでなく自分がプラスになっていきます。ですがいじめられたことによる傷を深めないように無理はしないように理解を深めていけたら良いですね。

      悪気が無く傷つけ合う気もないのに、互いに傷を刺激してしまう事って仲が良いほどあるんです。

  5. by あゆ

    会社に高圧的な上司がいます。
    その人は弱い人には優しく接し、
    強い人には高圧的な接し方をします。

    そのことから
    高圧的な人は”真”からの
    悪ではなくて、実は
    優しい人なのかなと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      弱気を助け強気を挫くって感じでプラスな高圧的って感じがしました(^^)

      意識と無意識(本音)は鏡みたいなので、表で高圧的な分、裏で優しいってありますよね!

  6. by ぜろ

    『攻撃は最大の防御なり…』

    昔見た何かの映画の台詞にありましたね。

    強くなるための暗示のようにも捉えられますが、弱さを隠すための武器なのかも知れませんね。

    最近、気になりだした漫画の中に“力に対して力で対抗したのは間違いであった”というような内容のシーンがあります。

    力に対して力ではない対抗をすれば、高圧的な人の優しさを全面に引き出せるものかもしれませんね。

    聖なる力…

    人間(ひと)の持つ最大の力、引き出したいですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      その通りだと思います。高圧的な力に、力、または迎合的に返すと悪化しますが、「理解で対抗すると引き出せる場合もある」ということですね(^^)

      本当の尊重の前には皆優しくなるものだと思います。

      トゲのある態度で高圧的になった小学生に「強がっていて苦しいでしょ?本当は気持ちをわかってもらいたい、辛さを知ってほしいんでしょ?だけど言えない、縛られて苦しい。という事かな?」と言うと高圧的だった子が涙を流して「うん」と頷きました。

      説明がつけられない支配者からの攻撃から、高圧的になることで防衛していたのです。

  7. by 名無し

    高圧的な人は根は優しい人…ピンときませんでしたが、気の毒な人なんだと思うようにする事で自分の気持ちに余裕が持てるようになりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      「気の毒な人なんだと思うようにする事で自分の気持ちに余裕がもてるように」なったということで、通過点として良いと思います。もっと余裕が出てきたら「根は優しい」部分に気が付くかもしれませんね(^^)

  8. by ヒマワリ

    悪を減らしていくのは自分にとって楽なことですよね。
    私は恐がりなので怖いと感じた人はすぐにシャットアウトしてしまいます。
    でもそんな私のオドオドした態度を見て高圧的な人はイラつくのかなって、絆さんの配信を見ているうちに思うようになりました。

    高圧的な人もまた、自分が過去に受けた傷によってそうなっていると、その人の立場になって考える事も必要ですよね。
    「人の立場になって考える=思いやり」という単純な事を近頃忘れがちなので思い出せてよかったです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      高圧な人は「オドオドした態度」を見て悲しみますが、悲しみを素直に出せないので怒りで出します。ですので仰っている「人の立場になって考える=思いやり」を思い出していけば、理解が深まりプラスになりますね。

      人は下からの態度で行くと相手を持ち上げてしまうので相手は悪者にされたと思い怒る場合もあり上から行くと抑圧してしまいます。

      互いに尊重したコミュニケーションをするには高圧的な人を尊重するようにすれば相手は鎮まりやすいでしょう。

      何かを「悪」で完結する人たちが「悪」を必要とし「悪を無意識で作り出す」という場合があります。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。