在宅支援をご希望の方へ

悩みとは何か?本当の自分の人生を生きることで悩みから脱出できる。

悩みとは何か?本当の自分の人生を生きることで悩みから脱出できる。

この記事は個人的な意見ですので鵜呑みにしないで下さいね。

はい。「脳」と「悩」を見て下さい。月が小さくなることが悩みです。そして「脳」は頭や体で悩み「悩」は心で悩むという感じです。

次に月の役割とは「月がなけれな自転速度が速くなり1日の時間も短くなり、強風で荒れ狂い、生命の進化も遅くなる」そうです。

そして、月光を浴びると狂人になるという言い伝えもあり、狼男は満月によって変身し悪行を行うという話もありますよね。

また別の話では「月は人をネガティブにする力がある」と言われています。

確かに人は夜中になるほど犯罪を犯しやすくなり、夜中のほうが夫婦喧嘩も起きやすいですね。

10代の頃、シンナーで遊んで幻覚世界体験だ!と言い幻覚世界の探求を楽しんでいましたが、夜中になるとネガティブな幻覚が出やすかった事を覚えています。

月は人のネガティブを大きくしやすいと、私は思います。

話は戻りますが、悩みとは字の通り月が小さくなることです。

月が小さくなるという事は、ネガティブにする力が少なるという事。

ネガティブにする力が少なくなると、バランスを崩し、当然ポジティブも少なくなります。

何故なら、ネガティブがあるから反対のポジティブを感じることが出来るからです。

苦しみや悲しみがあるから、幸せや楽しみを感じられるので、苦しみや悲しみが減れば、その分だけ幸せや楽しみも減ります。

一生懸命生きれば生きるほど辛い人生にもなりますが、人生の喜びも大きくなります。

ということは、月が小さくなると、人はプラスな事を感じることが弱ってくると言うことです。

そうするとポジティブやネガティブの境界が曖昧になり気合も抜けて憂鬱な状態になり生きている実感も少なくなっていくのです。

異常者がいるから正しく生きたいと思えるのです。

そう、悩みとは、ネガティブの力が少なくなることでポジティブも減り、境界線が曖昧になり、何が何だかわからないような状態なのです。

別の言い方をすれば、自分の人生を懸命に生きない事が悩みを大きくする原因になると言うわけです。

この悩みを分解すると「欲望」「認知の歪みや主観的な思い込み」「矛盾点、他者の価値観で生きている」という3つが表れてきます。

欲望は、自分に足りないと思う事で、それを満たそうという強い思いのことです。まずこれが大きな勘違いなのです。本当の自分は無意識であり、その無意識が望んでいるものがありのままの自分です。しかし、自分で自分を否定し自分が望んでいるものすら自分で否定するから、自分がわからなくなり偽の自分を生きるのです。偽の自分を生きれば生きるほど「本来足りてるのに足りないと思い込み満たそうとする強い思い」が欲望です。言い変えれば勘違から生まれた強い思いなのです。

<<下に続く>>

次に認知の歪みはこちらのページを読んで下さい。主観的な思い込みとは「事実ではないのに自分がそうだと思い込んでいる事」です。

次の「矛盾点、他者の価値観で生きている」は、そのままで、他者の価値観で生きて、自分の価値観を封じ込めているのです。ですから、封じ込めた自分の思いが無意識で出てきたり、引っ込んだり、引っ込めたりして、他者の価値観とごちゃ混ぜになっているのです。ですので一本道ではないから矛盾点が多くなってきます。

10代の頃、悩んでシンナー中毒になり、現実逃避をしていたのですが、それで逮捕されて少年院送致になった時に、結果が不服だったのです。事件としては軽いほうで、私よりも重い事件を起こした者は、試験観察や保護観察で鑑別所までなのになんで俺だけ?という納得のいかない思いに思い込みも合わさり「よくも俺にひどいことしたな」という思いや「彼女に会いたい」「納得できない」「俺は死んでも間違ってない間違ってるのは世の中の奴らだ」といろんな思いがあり、それは自分の本当の声でした。

それで脱走をしたのですが脱走後に一切の悩みや迷いがなく、ひたすら直感で出てくる自分の声にしたがって逃げたのです。全く知らない田舎の道から「次は左だ」「次は右だ」という感じで、確信的な感じで逃げ切り、通常は捕まってしまうのですが、一か月逃走し、長野県→神奈川県→北海道と逃げて、そこから神奈川の実家に戻り、自分から少年院に戻ったのですが、疲れ果てるまでは迷いも悩みもなく、凄い自信とエネルギーに満ち溢れた感じでした。

それを今振り返ってみて、あれが本当の自分なんだとはっきり思います。

つまり何が言いたいのかと言いますと、本当の自分を生きないから、悩みが生まれだすという事です。

命を懸けて、一生懸命生きている人たちは、皆、自分の人生を全うしているんだって思います。

火事場の馬鹿力も、助けたい!その一心で一切の迷いも悩みもないから、力がでるんだと思います。

しかし、助けたい、だけど助けるなという、どちらかが他者の価値観の場合は、悩み迷うのです。

自分の心の中には他者の価値観は入れない。もしも入れるのだとすれば、同じ道を行く者の心のみだと決めると良いのかもしれません。

本当に自分を信じて愛せる人の自己犠牲と、自分を見捨てて見返りを期待した自己犠牲、同じ自己犠牲でも天と地の差があるでしょう。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。