原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)の体験談!H.Hさん(40代、女性)「プラス思考になれたことで実際にバイオリン教室に通う様に変化した」という変化が、読んでいてとても嬉しくなりました!

「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)のH.Hさん(40代、女性)「プラス思考になれたことで実際にバイオリン教室に通う様に変化した」という変化が、読んでいてとても嬉しくなりました!岡野さんという方が、マイナス思考で辛い思いをしている人が、プラス思考をするようになって、毎日を笑顔で楽しく生きていくようになることを手助けしていきたいと思って作られたのが「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)です。

2015/3/20現在では、2000以上の方がお申込みしてトレーニングを行ったという事で、実際に「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)を行った方の中に、岡野さんが120日間のトレーニング期間中に、定期的にアンケートをお願いしているのですが、喜びや感謝の言葉をたくさん頂いております。

実際にトレーニングをおこなって頂いた方の体験談というのは、「プラス思考トレーニング」(120日連続メール)のご購入を検討されている方に、本当に効果があるということを信じて頂くためのお役に立つかと思います。

そこで、多くの方から頂きました体験談の内、webサイト等への掲載の許可を頂きましたものにつきまして、ご紹介する許可が出ましたので、私のサイトからも体験談のご紹介と、私のコメントなどを合わせてご紹介をさせていただきます。体験談のご紹介をこれから少しずつご紹介させていただく予定です。

体験談4 H.Hさん(40代、女性)

(30日経過時点)
過去に、鬱の薬を飲んだ経験もありますが、効果はいまひとつ。
そもそも、鬱の症状があったにもかかわらず、自分自身に”これが鬱である”という自覚がなかった為か、長年、出たり消えたりの症状が重苦しい状態でした。医者に相談すると必ず薬を処方されますが、なんとなく納得がいかず、トレーニングをやってみたいと思いました。

約一ヶ月、ほぼ毎日トレーニングに参加できました。それも、これまでのような”なんとかしなければ”という重たい感じではなくて、”たったこれだけのこと”程度の軽い感じで進められて、何より先を楽しみに感じられたのが嬉しかったです。

私は、専業主婦なので、”掃除をしよう”、”料理をしよう”、”庭に水をまこう”などと応用しながら日々すごしました。驚いた事に、一日の終わりの疲れ方が随分と軽くなり、翌朝の過ごし方が楽になってきました。
同じ”掃除をする自分”を想像する時に、”重たい作業をする自分”ではなくて、”楽しそうに軽くこなす自分”が想像できるから不思議です。

多分、これで解決ではないのかもしれませんが、この調子で続けていきたいとおもいます。今の所は、大満足です。

そして、これは本当に、本当に余談ですが、現在は海外在住ですが私も広島出身なので岡野さんのトレーニングの音声が多少?広島弁である事に感謝です。心に優しく響きます。有り難うございました。

<<下に続く>>

(60日経過時点)
今回は(過去30回中)、いつものトレーニングの加えて、出来るだけ”気分を暗くする映画やドラマ、音楽”には出来るだけ近づかない、多少見たいなと思っても陰鬱なものであれば思い切って消す、などで体に良い気分だけを入れる事を始めました。

そのお陰かどうか分かりませんが、何かと明るいもの、楽しい物に目をつける癖?が付いてきたような気がします。
それと、”庭先に来る野生の鳥にエサを撒く”ことで、生き物が喜ぶ(喜んでいるかどうかはわかりませんが、、、)姿を眺めてホッとするという事もよかったようです。
その際も、”エサを撒こう”で始めるのですが、小さな事でも結果が良いのは嬉しい事です。

”鬱ではない人は、ずっとこういう軽い気分だったか”と考えると、これまでの自分の時間を無駄にしてきたようで残念でしたが、その気持ちが多少でも”それも何かの通り道に過ぎないのかも、、、”と納得出来始めました。
今回で、なんと60回も続けられたのは驚きです。有り難うございました。

(120日経過時点)
トレーニングも90回を過ぎて、その間小さな波に襲われたものの、進む方向のような物はわかってきていたので”やろう、やろう”と言いながら随分と軽く過ごす事ができました。

そして、自分でもビックリする様な事が起こったので、是非報告したいと思います。
以前から、音楽を聞くのは好きでジャンルにはこだわらずに色々と聞いていました。今回、その小さな波を乗り越えてから、ふと10年前に買ったバイオリンの曲の入ったCDを聞いてみようかなと思い立って”やっぱり、いいなあ?”と感心したまでは、10年前と同じなのですが、今回はなんと、ふと、”バイオリンを習ってみたらどうだろうか?”とそれは自分でもびっくりする位に自然に頭に浮かんできたのです。

そう一旦思いつくと”バイオリンを習おう””これは、絶対にいい考えに違いない”としか考えられなくなり、 それから今では実際に教室に通う様になりました。

その話をすると、”ええ、今から??”と言う人もいるのですが、それも全く気にならず”関係ない、関係ない。”で、それはもう楽しく通っています。そうは、言うもののまた、小さな波に襲われる日もあるのかもしれませんが、それはその時、”やろう、やろう”で乗り切れるのではと思っています。このトレーニングを、本当に始めてよかったなとしか考えられません。ありがとうございました。

 

私が「H.Hさん(40代、女性)」さんの体験談を読んで一番良いと思った部分は、「プラス思考になれたことで実際にバイオリン教室に通う様に変化したこと」という部分です。絶対にいい考えだと考えられるようになり、行動にも映っていて、自分をしっかり信じることが出来るようになれていること。すごく素敵だなって思います。

このようにバイオリン教室に通おうかな?と考えた時に浮かんでくるネガティブな考えの多くは他者の考え方だったりするんですよね。そして自分の考えと他者の考え(自分の考えだと思っている場合もある)を天秤にかけて、他者の考えが勝ってしまう事で諦めてしまう事もあると思います。

ですので、自分をしっかりと信じることが出来るようになっていると思い、本当のプラス思考を手にされていると思いました。

プラス思考トレーニング(120日連続メール)詳細

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。