在宅支援をご希望の方へ

毒親への恨みは時期が来たら水に流そう!誰にでも醜い部分や汚い部分はある。そして美しい部分もある。ある程度知ったら水に流そう!「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。

毒親への恨みは時期が来たら水に流そう!誰にでも醜い部分や汚い部分はある。そして美しい部分もある。ある程度知ったら水に流そう!「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。

誰にでも「醜い部分」や「汚い部分」はあります。生きていく以上、そういう仕組みなので醜い部分や汚い部分をゼロにすることは不可能なことです。少し汚いお話になりますけど、例えば、誰でもご飯は食べますよね。そしてトイレに行き汚物をトイレに流す。これは誰もが避けて通れない道です。

生きるためには食べ物を食べる必要がある。だけど食べることでそれは汚物になる。避けて通れません。心も同じで一生懸命に生きると汚物感情が出てしまうのです。一生懸命頑張るからこそ疲れるし、不条理を感じて時に道が逸れたり、怒りを出してしまったり、八つ当たりをしてしまったり。だから毒親って一生懸命頑張っていた部分もあるのだと思います。その裏返しとして汚物感情が発生しやすくなり、それが距離感の近い家族に出てしまいやすかった場合もあるのです。

そして、毒親の大変さを理解できない側は、当然苦しんだり嫌な思いをすることになります。そして毒親の毒に向き合いだして「こんな酷い育て方をされた」と言いたくなるのも当然ですし、成長過程に必要な材料です。一生懸命生きると、どうしても汚物感情が出てしまうものですから、大事なのことは汚物感情の扱い方なのです。

トイレも同じで汚物をトイレに流さずに、放置していると汚いし大変な事になります。心も同じで汚物感情が出てしまう事は避けられないし仕方ないこと。だけど、その都度「さっきは、自分の都合で嫌な思いをさせてしまった。ごめんね」と、ちゃんと一つずつ向き合っている人たちの間ではトラブルは起きにくいのですが、モラルハラスメントの関係などの間では汚物感情に向き合わず、いい加減に扱って「そんなこと言ったか?」と汚物感情に無責任でいる状態で関わるので相手との問題が増えていくのです。

そして、相手側も目の前に汚物感情がそのままあるイメージだから納得がいかないのです。「さっきは、自分の都合で嫌な思いをさせてしまった。ごめんね」と正しく伝えて修正できるのであれば、相手も許してくれやすいのです。

汚物感情に責任を持たず、汚物感情を散らばせて無責任でいるのに、情に訴えてきて離れないでと涙を流したりするから、相手もいつまでも汚物感情に執着してしまいやすいのです。

<<下に続く>>

そして支配者に執着させられて離れてはいけない気がして、だけどいつまでも汚物感情が散らばっているから、汚物感情をほじくって「こんな酷い事をされた」「あんな攻撃をされた」と、言いたくなることは自然な事です。

ですが、ここで気づくことが大事なのは汚物感情はどこまでいっても汚物感情だという事です。汚い話ですがトイレで出た汚物をどれだけほじくったとしても汚物は汚物であって、中から綺麗なものが出てくるわけはありません。ですので汚物はトイレで水で流すよう、他者からの汚物感情もある程度知ったら水に流すことが大事な事なのです。

防衛のためなどで汚物に悪い菌があるか知っておくことは守るために大事。しかし、ある程度安全の為に知ったら、それ以上汚物をほじくっても意味がないのです。ほじくればほじくるほど自分がマイナスに呑み込まれていくかもしれません。家族は距離感が近いから汚物感情の影響を受けやすいからトラブルになるのですから、原因が汚物感情だとわかり、防衛や成長のために汚物を知る必要があるのです。

だけど、ある程度知ったら水に流す生き方が大切で自分にプラスなのです。過去のいざこざをなかったことにして、そこで許して、リセットして、水に流すということは、自分の決断次第で「許す!」と決めるだけで、トイレのレバーを回すだけで汚物が流れていくように、過去のいざこざの汚物感情も水に流れていくのです。

いつまでも水に流さずいると、自分の心が汚物感情でいっぱいになると、今度は自分が毒をまき散らす人間になってしまうのです。

このように「水」は私たちに「過去のいざこざを許すこと」を教えてくれているのです。水に流して自分が成長する為に毒や汚物感情に向き合っていく事は必要で大事な事だと思いますよ!

コインの表裏のように汚物や醜さの裏には美しさがあります。毒や汚物感情に向き合った人は深い部分を知る力があるので、新しい視点で別の面を見る力は既についているはずです。今度はポジティブなほうに向ければ、相手の美しさも見えてくるようになりますよ!

誰にでも汚さや醜さやあります。しかし、美しい部分も誰にでもあるのです。毒親にも美しい部分がいっぱいあります。コップの中に土と水を入れてかき回すと泥水になりますが、放置すれば土は下で水は上になるように、人の心も同じですね。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。