Google検索

認知の歪みがあるとトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)になる場合もある

妄想メッキとは現実を直視したくないから現実に妄想でメッキをして自分の理想通りに現実を無視して思う事です。これは当人は一時しのぎの逃げが出来るので良いと思い込んでいますが長期的にみると認知の歪みが酷くなるのでやめたほうが良いです。

認知の歪みとはを見ていただけるとわかりますが、認知の歪みは人生を不幸にし無数のトラブルを生み出すのです。

例えばAさんとBさんの会話を見てみましょう。

Aさん『海の家が相次いで規制強化だって。将来的に入れ墨入れてる人は居場所無くなりそうだね』
Bさん『うるせーこのやろう!俺の居場所がなくなるだと!?』
Aさん『は?何言ってるの?』
Bさん『俺の居場所がなくなると言っただろうが!なめてんのかコラ!ぶちころす!』

これはBさんが認知の歪みがある状態です。 AさんはBさんに対して言ったわけではないのに

認知の歪みの5、結論への飛躍や7、感情的決め付けによって、 ストレスに感じなくて良い話をストレスに感じてしまうのです。認知の歪みは日常生活の中で根深く人々のトラブルの原因になっているのです。

<<下に続く>>

正しい対処はまず状況を把握することです。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130817/crm13081706090002-n1.htm によると海の家の経営者で作る団体や自治体などが相次いで規制強化に乗り出しているとのことなので、 将来的にAさんの言うように入れ墨入れてる人は今よりも居場所無くなる可能性はあるのが現実なので、 入れ墨を入れなかった人たちの選択が正しかったのかもしれない。 昔と違い誰でも簡単に入れ墨を入れれるようになったけど、実は泳がされているだけで、時が来たら………。という場合もあるかもしれません。 これが現実です。

状況把握が出来たら自分はどうしていくか冷静にゆっくり考えていけば良いのであって、BさんがAさんに怒っても何一つプラスの事はないだけではなく不必要なトラブルを生み出すトラブルメーカー(トラブルの原因となる人)と化すのです。

現実に妄想メッキをかけても現実は変わらないので現実を直視することが大事なことですね。

つまり、普通に今後の流れを予測したAさんに対し、Bさんの認知が歪んでいるために『自分が否定されたような気がしてしまい』トラブルが起きてしまうのです。人と人がトラブルを起こす大半はこの認知の歪みが原因です。

認知の歪みの修正に大事なことが『気づき』です。

みんなが個性を認め合えるようになっていきたいですね(*^_^*)

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    10代の頃は自分もこんな思考回路でした…。現実を見きれなかったというか、都合の良いようにしていたんだと思います。

  2. by ∞ひめくるみ∞

    難しいことは分かりませんが、Bさんは自分に言われたと勘違いしたんですね。

    同じアパートの人に

    「赤ちゃんの泣き声がうるさい」って、怒鳴られたから、
    私が「赤ちゃんはいません。」って返したら
    「嘘つくな。そこに居るやろが」って言われたことありますが、これはなんなんかな?

    思い込み?

  3. by 名無し

    認知の歪み、というのですね。私もつい自分が責められた気になって、家族にくってかかってしまいます。自分の行動の源にあるモノを知る事は大切ですね。

  4. by 名無し

    私のことかな?認知の歪み…あります!だから家庭でトラブルのですね!冷静にならなきゃ…

  5. by 大変です!

    認知の歪みは、我が家最大かもしれないことに、今気が付きました。(^_^;)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      認知の歪みを家族から修正すれば、その家族はプラスの渦に飲み込まれるので、黙っていても良い事が起きてきやすくなります(*^_^*)

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)