Google検索

あらゆる心の苦しみの原因の一つ。自己肯定感が高まる事にも繋がる。

あらゆる心の苦しみの原因の一つ。自己肯定感が高まる事にも繋がる。

この記事を読まれている方は、心が苦しい方だと思います。苦しいという事は良い事でもあります。何故なら自分をよりプラスに出来るチャンスだからです。苦しみに向き合うという事は未来をプラスにするという事で、幸せへの道だからです。今回は、あらゆる心の苦しみの原因の一つについて書きたいと思います。自己肯定感が高まる事にも繋がりやすく、とても深い話ですので真剣にお読みいただければと思います。

価値を下げる・無いものにするから苦しみの原因になる

心の苦しみの根源はどこからくるのか。私はその根の部分を探っていました。そして、心の苦しさを持っている人の多くに共通した部分があることに気づきました。それは「価値を下げる」または「価値を無いものにする」という事です。これはどういう事かと言いますと、心が苦しい人は世の中の物事や人の「価値を下げて見ている」または「価値を無いものにしている」という事です。価値を下げる・無いものにするから苦しみの原因になるのです。

物事や人の価値を上げて見ると?幸せになる

子供は価値を下げない

子供は価値を下げない子供は大人より人や物事の価値を下げないことが多いので、子供は遊びの天才です。元気で健全な子は何もない砂場からでも無数の遊び方を見つけ出します。砂場の価値を下げないからです。しかし、大人はどうでしょうか?「砂場なんかくっだらねぇ…」と思う大人がいたり「あんな奴なんで生きてるんだよ。生きてる価値がねぇ」と、物事の価値をどんどん下げたがる大人もいます。物事や人の価値を下げない子供から学ばせていただきましょう。

子供は物事や人の価値を下げないから楽しんでいる

ループに入っている

価値を下げたり、価値を無くそうとしている人ほど苦しんでいます。そして、その苦しさを誤魔化すために、根本原因である改善しなければいけない自分の価値を下げたり、価値を無いものとする自分を変えずに、欲を求めて欲で誤魔化そうとします。しかし欲は一時しのぎなので、また苦しくなってきて、苦労しなければならないと言うループの状態に入るのです。そんなループの中、更に根本原因を無視しようとして認知を変えだす場合もあります。そう、「苦労は買ってでもしろ」と苦労に価値をつけ出すのです。価値の付け所が違うわけです。苦労は必要な分だけすればいいだけで、買ってでもしなくていいのです。それこそ自分虐めです。「認知の歪み」の記事に「認知の歪みが強いと価値を感じられないようになる」ことを書いていますので合わせて読んでみて下さい。納得できると思います。

認知の歪みを修正するとループから脱出できる

<<下に続く>>

何故価値を下げたり、価値を無くすと苦しいか?

価値を下げたり、価値を無くすと、当然つまらなくなります。子供の時に楽しかった事が、大人になればつまらなくなり、どんどん良いものを求めていきます。良いものを求めれば求めるほど、現状が悪い物に思える罠があるとも知らずに。例えば、畑がある何もない田舎道。そんな道に価値がないと思えば思うほど、畑がある田舎道が苦痛なものになります。小鳥の鳴き声にも価値を感じられなくなります。そんな人間は鳥を車でひいても「タイヤがきたねぇ…」と思いやすいのです。逆に小鳥の価値を下げないとどうなるか?小鳥の鳴き声に癒され、感動し、写真をとったり、感謝の心が出てきたり、するのです。価値を下げない人にとっては田舎も都会も違う素晴らしさがあると感じますが、価値を下げる人は田舎なんか何の価値もなく住んでいる人間さえ価値がないとさえ思うのです。実際に昔の私がそうでした。不良以外の人間は生きている価値がないゴミだと見えていたのです。その結果、心が苦しくなったのです。

身近な人や物の価値をもっと感じてみよう

価値は自分が感じられていないだけ

この世には、生きている価値がない奴もいる。価値がないと思う事はいっぱいある。と思う人もいると思いますが、それは自分が価値を感じるだけの力がまだ身に付いていないだけです。先ほども書きましたが私は昔は不良以外の人間は生きている価値がないゴミだと見えていて、普通の人はそこらへんの雑草だと思っていたのです。

だけど、自分が変わってくると、価値がないわけではなくちゃんと価値がある事が見えてきたのです。つまり自分の主観世界が腐っていたのです。その主観世界が変わってくると、自分の見ている世界が変わるのです。

価値を感じる力を身に付けていけば見てる世界が輝く

価値を感じられることを増やせば苦しみは消える

価値を感じられることを増やせば、苦しみは消えるということです。本来価値があるものを無価値とするから、苦しみが生まれてしまうのです。そしてその苦しみを無くそうと欲で満たすのです。そして、欲は薬のようなものなので一時しのぎで次の苦しみが少し大きくなって出てきます。そして、また苦しみを無くそうと欲で満たすのです。そして無限ループに入っていくとどんどん苦しむのです。そして家族や、自分の子や、兄弟や、周囲の人を、どんどん軽視し、ディスカウントし、価値を無いものとしてみていく事が苦しみを増やすのです。

ディスカウント ⇒ プレミアム

だから「気づき」が大事

あらゆる心の苦しみの原因の一つは、自分が価値を下げたことからはじまっているので、「気づき」が大事なのです。自覚の無い自分の悪い所。自分が価値を下げたことでいったいどれだけの人に嫌な思いをさせたか?子供の価値を下げたためにいったいどれだけ子供を悲しませたか?そして悲しみを出させないように封じ込めたか?

無自覚でやっている事に気づいて、反省し、精算することで、苦しみから抜ける道に入れるのです。本来の価値を見つけ出すことが出来た時、心からの「ありがとう」が出てきます。自分がどれだけ卑怯だったのかもわかります。どれだけ情けなかったのかもわかります。

日本人の「ありがとう」は素晴らしい

勇気を持とう

価値を下げず、価値を無いものにせず、みんなが「あんな奴は生きてる価値がない」と言っても、それを受け入れず、他人の評価を受け入れない勇気を持つことが大事なのです。心の苦しみは、勇気を無くし、勇気があるフリをして、そして価値を下げ、価値を無くす自分が作り出すのです。苦しい人は変わるチャンスです。真剣に向き合って価値を引き出す自分になれたらいいですね。

勇気は取り戻せる

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 21 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 秋葉原乃桃

    人間社会で生きて行く中、人の出会の影響は多かれ少なかれあります。ボクの場合は人に恵まれてる方だと思いました。交通事故に合い身体にハンディキャップを負ってしまいました、
    けれどもなんとかクルマ椅子に乗り携帯メールが出来るまでに回復しました。ボクを助けて尽力を尽くしてくださった人たちに、ありがとう。こうして文章にできるのも「絆」に巡り会えたからこそです、感謝します。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      コメントを読ませていただき「人は字の通り支え合って生きている」という言葉を思い出しました。

      私は日々、感謝の気持ちを忘れてしまうところがあるので、秋葉原乃桃さんのように感謝の気持ちをもっていけるよう、忘れた時は思い出すことにフォーカスするようにしていこう!って思いました。ありがとうございます。

      たくさんの価値を感じていけるように私も頑張ります。

  2. by 名無し

    私はこの記事を呼んで、自分の価値に気付きたいと思えただけでも進歩できたと思います。でも、考えれば考えるほど苦しいです。あまり他人と関わりたくないと思う時もあるのですが、その苦しみから抜け出すにはやはり自分一人では難しいのでしょうか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ご質問に回答をさせていただきます。

      他人と関わりたくないと思う時は無理して関わらないほうが良いですよ。
      自分の気持ちを無視して関わってしまうともっと苦しくなる場合もあります。

      人は人の中で癒される。と言いますけど、
      人は一人で生まれてきて一人で死んでいきますから、自分一人で苦しみから抜け出すしかないのかもしれませんね。

      自分一人で抜け出せるようになるまで人は支え合って生きて感謝をして価値を感じられるようになっていくのだと思います。

  3. by mamiya

    価値を高めるのに邪魔になるものって何ですか?
    自然と高められないのには理由があると思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ご質問に回答をさせていただきます。

      一つは「恐怖」です。

      自覚がある恐怖と自覚の無い恐怖。

      例えば、自分がある集団に属しているとします。

      その集団の集団心理には「弱音を吐く奴は生きている価値がない」というものがあるとします。

      すると、弱音を吐くことを無意識で恐れてしまいやすくなります。

      しかし、恐れている自分を認めたくない。

      そこで、自分も「弱音を吐く奴は生きている価値がない」と、本当にそう思う。

      うん。納得。わかる。当たり前。

      と、自分で自分にも思い込ませていきます。

      自分で自分にウソをついて欺いたので、恐怖を抑圧します。

      抑圧された恐怖は、無意識で別の者にも同じことを言います。

      後輩に「弱音を吐く奴は生きている価値がない」と。

      そうして、感染していくのです。

      その結果、人を比較する癖が付き、比較して決めつけた弱者には価値がないと思い込んでしまい、価値を無くするのです。

      この価値を取り戻すには、勇気を持って最初に自分で自分にウソをついたことを思い出し認められるかがポイントになってきます。

      これが、価値を高めるのに邪魔になるものの一つです。

      ですので、自分に打ち勝つことが大切だと思います。

  4. by ポロマム

    何故、人は田舎には価値が無いと思い込むのでしょうか?閉鎖的だからでしょうか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ご質問に回答をさせていただきます。

      それは、人それぞれ理由も違いますが、一つは劣等コンプレックスが原因の場合もあると思います。

      それにより自分を見失って作り上げた嘘の自分を自分だと思い込んで生きているので、その犠牲として「**には価値が無い」と思い込むことで「自分を見失って作り上げた嘘の自分」を維持しているという場合もあると思います。

      認知的不協和に陥った際に不快な感情が生まれるのですが、本来は行動して変えるのが良いのですが、行動を避けて自分の認知を自分の都合の良いほうに変えることで納得しようとするのですが、それも関係していると思います。

  5. by 名無し

    とても深い内容で、何度も真剣に読ませていただきました。
    あらゆる物事をどのように見るかによって、この世が天国に見えたり、地獄に見えたりするのですね。
    どんなに小さなことでも価値を感じられる私になりたいです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      何度も読んでいただけたとのことで、とても嬉しいです。
      ありがとうございます。

      一気には無理ですから、少しずつ、小さなことから大きな価値を感じられるようになっていきたいですね。私もそう思います。

  6. by 名無し

    はじめまして。

    ご質問です。
    気付きとは…

    例えばですが、精神的に病みすぎて、しまった場合でも、気付きと言う事は、病んだ相手に通じますか?

    価値とは…

    失ったもの、例えば、家族だったり、仕事だったり。

    取り返しのつかないものを失っても、人は前向きになれるのでしょうか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      はじめまして。

      ご質問に回答をさせていただきます。

      「気づき」は本人が自ら「気づきたい」と思わなければ無理です。
      本人が「気づきたい」と思わなければ「思い込ませられた」となるのではないでしょうか。

      自分の責任で自分で「気づき」を増やしていけば、人生はより良いものになります。
      精神的に病み過ぎてしまったからこそ、気づくことが大事だと思いますよ。

      マインドフルネス認知療法http://hotrussianbabe.com/shinrigaku/archives/1400/ ⇐ こちらも、読んでみて下さい。

      また、取り返しのつかないものを失ったからこそ、前向きになれた時の前向きさが優しく強くあるのだと、私は思います。大切な家族を失っても、心の中では一緒に生きている…と考えたり、自分次第で前向きになれます。

      限度を決めてしまえば、それまでですが、自分が自分の責任で「どんなことがあっても前向きに最後まで生きる」と決心が出来れば、そのようになるでしょう。

      難しいことですが、それが分かってくると、アドラーの言う「世界はシンプルで思い通り」に繋がっているのだと私は考えています。

  7. by 名無し

    この記事は、とても+になる記事だと言える。最初は?と思ったが、よく読んでみると幸せな事を書いている事に気付いた。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      難しくもあることですが、一歩ずつ進んで本来価値があるものや人の価値を感じられる自分に変わっていけば幸せになっていけますよね。

      極端に言えば、目の前の全てに価値を感じることが出来るようになると、この世が天国に感じることも可能だと思います。

      是非、この記事内容をプラスな材料として使って下さい。

  8. by よっし

    「他人の評価を受け入れない勇気」

    これは自分の価値観を軽視して他人の価値観に合わせているから心が苦しい。嫌われたくないが故に周りに合わせる事は、人を軽視し、そして自らも軽視しているという事。

    気付きました。

    他人の価値観ではなく自分の価値観。

    自分の価値観イコール自分の心の声という事ですよね?

    砂場の話にも気付かされました。

    砂場に価値を見いだして遊んでいた頃は間違いなく自分の価値観で遊んでいて、人の価値観なんか全く考えなかった事を。

    今はあの頃とは違って周りに合わせて楽しい自分を演じてるに過ぎないんですよね。

    だから苦しい。

    周りに合わせず自分の価値観を信じるという事は、他人の評価を受け入れない事。

    周りに合わせないという事は嫌われるかもしれないが、大事なのは

    「嫌われる勇気を持つ事」

    ここに気付きました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      コメントを読んで、とても素晴らしい気づきだと感じました。

      「嫌われる勇気を持つ事」
      ここに、到達しますよね!

      「自分の価値観イコール自分の心の声という事ですよね?」という事ですが、
      私も同じように考えています。自分の心の声(無意識からの)だと考えています。

      砂場に価値を見いだせて楽しかったころは、本当の自分ですよね。
      しかし、本当の自分を全て出したまま大人になる事は、きっと誰もが不可能です。
      恐らく、本当の自分を出し続けたら、死にますし、どこかで殺されるかもしれません。
      だから、自分を隠す必要が誰もがあります。

      そこから、苦しくなるから、自分を取り戻そうともがくけど、
      また苦しくなってしまう。

      そこで大事なことは区別や整理、
      そしてバランスを持つことだと分かってくるのだと思います。

      なので「嫌われる勇気を持つ事」が大事だとわかるので、
      アドラーって奥が深いなって思います。

      だから、http://bright-ms.net/?p=1413に書いたことですが「アドラー心理学を本当に理解し生き方を変えるには、「それまで生きてきた年数の半分」が必要になると言われています。」と、言うくらい奥が深いのでしょう。

      自分も、他人も、あらゆる人や物ごとの価値を見いだせる自分になって、尊重できるようになると、敵は不要になるのだと思います。

      良いコメントを投稿して下さってありがとうございます。

      よっしさんの気づきが、他の人への気づきへと繋がると思います。

      私の場合は「親の評価を強制で受け入れなければならない」や「自分の命を最優先してはならない」をたっぷり刷り込まれたので、
      他者の評価をすぐに受け入れてしまい、自分を犠牲にしなければいけないという事が当たり前として生きてきたので、
      それが、間違っていたと気づいたことは大きな変化でした。

      きっと、これからは「周りに合わせないという事を喜んでくれる素敵な親」や「他者の評価を受け入れない事を喜んでくれる親」が増えてくると、思っています。

  9. by clover

    質問ではなく気持ちを書かせていただきます。
    毎日を楽しく過ごせるか過ごせないかも自分の価値観なんですね。
    つまらないと決めつけてたら1日が勿体無い。
    価値を下げないで毎日を過ごしたいと思いました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      些細なことと感じる事から、価値を引っ張り出せる自分になれた分だけ、幸せも増えそうですよね。
      お気持ちを投稿して下さってありがとうございます。

  10. by 名無し

    凄く興味深い内容でした。価値を無いものにしている自分を変えようともせずに欲を求めて欲で誤魔化そうとしている。欲は一時だし、虚しさだけが残る事に大人なら気づくべきですね。

  11. by れん☆

    大人になった今でも、間に合いますか?
    自分の中での価値観が、かなり固まってると思うので(>_<)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ご質問に回答をさせていただきます。

      大人になると確かに価値観が固まって変わりにくい場合も多いですよね。わかります。

      だけど、大丈夫です!

      人はいつでも自分さえ変わる気になれば変われるので十分間に合います。

      オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーは人は死ぬ1~2日前まで変われると言いました。

      間違いなくそうだと私も思っています。

      大人人ると価値観が固まってきますが、死が近くなるので、生きることに真剣になりやすくなり、固まった価値観が溶けやすくなる。と私は考えています。

      自分さえ変わる気になっていけば、変われます。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。