Google検索

あなたの苦しい原因は認知の歪みかも

認知の歪みとは?

私が何故これほどまでに、口が爆発してしまうかのようにしつこく、うるさく、認知の歪みについて書くのかといいますと、認知の歪みは必要以上に悪く受け止めたり、良い事なのに悪く受け止めてしまうので、幸せになるはずのことをマイナスにとらえるので、放っておけばストレスは尋常ではないレベルに達する非常に危険なものが認知の歪みだからです

 

「認知の歪み」は、新たなストレス要因を作り出したり、脳に負担をかけ機能低下を起こし、思考力や精神力が無くなっていきうつ病にもなると言われています。ストレスが貯まることで影響を受けやすい「自律神経」「免疫機能」「血管」などに障害が起き、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、感染症、狭心症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気や心の病気になる原因となります。

それほど「認知の歪み」が生み出すストレスは強烈なのです。

 

あなたが辛いこと

 

あなたが悲しいこと

 

あなたが怒っていること

 

あなたが問題視していること

 

もしかしたら全部、実は良い事なのにあなたの認知が歪んでいる為に悪いことだと捉えて思い込んでいるだけかもしれないのですよ。

 

もし、そうならとても辛く苦しいと思います。

 

そんな苦しい原因である認知の歪みから解放されませんか?

 

気づくことで変わる事ができるのです。

 

気づきとは最高の薬だと私は思っています。

<<下に続く>>

 

認知の歪みを修正されたい方に有料でメール相談を行っています。メールのやり取りは相談者様が『私の考えはこうなんですが?』という問いに対し私が『こう考えると良い』というご提案をします。

例:

相談者:

自分は彼女の薬物依存をやめさせることができなかった…生きてる価値の無いダメ人間だ。

※出来るだけ具体的に書いていただけるとより把握しやすいです。

私:

まず薬物依存はやめさせることはとても難しいことですので、もし出来れば素晴らしいことであって、出来なかったことがダメなことではありません。もしあなたが彼女の薬物依存をやめさせることができたとすればそれは素晴らしいことだと思いますし、出来なかったとしても決してマイナスではないと思っています。薬物に依存しなければいけない彼女ですので、もしもあなたの存在が無かったら…。もっと酷い結果になっていたのかもしれません。もし現在も彼女と関わっているのでしたら、薬物依存の治療には、認知行動療法が有効と言われているように適切な対応をしていきませんか?何かの縁で出会ったと言うことは彼女も心の奥であなたに救いをもとめていたのかもしれません。そんな思いをマイナスではなくプラスにする為に適切な治療をすることが良いと思います。きっとそれが出来るからこそ出会ったのだと思います。適切な治療とそして心の支えを通して互いが気づき自己肯定感を高めていくと抜け出せるでしょう。その為に…続く

 

このような感じでメールでやり取りが可能です。

料金や相談方法はこちら

外部リンク:認知の歪みがあると人生悔しい思いをすることにつながる!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    まさに認知の歪みが発生しています。苦しいです。でも人には頼れません。自分の力で解決したいから頑張ります。

  2. by ∞ひめくるみ∞

    肯定的、プラスなことを考えるようにしたいです。

    でも、なかなか、出来なくい「汗」

  3. by 名無し

    自分を否定するのではなく、まず肯定することが大事なのかなと思いました。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。