Google検索

匿名掲示板の嫌がらせ・人権侵害…。本当に「気にしなければいい」で済みますか?いいえ違います。気にしていいのです。

匿名掲示板の嫌がらせ・人権侵害…。本当に「気にしなければいい」で済みますか?いいえ違います。気にしていいのです。

他人への中傷や侮蔑、無責任なうわさ、特定の個人のプライバシーに関する情報の無断掲示、差別的な書き込み 引用元:法務省:インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

2ちゃんねるなどでは人権侵害とも言える書き込みが平気で行われています。 そして「気にしなければいい」という無責任なアドバイスをする人もいます。「気にしなければいい」という無責任なアドバイスはセカンドハラスメントかのように更に傷つけることに繋がる場合もあります。「気にして当たり前のことを、気にしなければいい」と言うのは「吐き気がして吐きそうな時に、吐いたら許さないぞ」と言っているようなものに似ていて、虐待者の考え方に似ています。

良く考えてみて下さい。 本当に「気にしなければいい」で済みますか? 私は堂々と言います。 「人間ですから、気にします」と、、、。「気にする人が問題ではなく、人権侵害を行っているほうが問題」なのです。気にする人は更なる成長をすればプラスになるのです。

もし、あなたが「加藤」という名前だとして、削除をしてもらえない掲示板に「加藤はゴミ漁ってたぞ」とか、やっても無い事を書かれていれば、誰だって気になるものでしょう。 気にしたらかっこ悪いという思いから「気にしてない」とか「2ちゃん見ない」と言いながら、見ている人もいるでしょう。

そのように嘘や事実を歪曲する無責任なうわさを書かれれば誰だって気にするものです。 繰り返されれば怒る時だってあるかもしれません。人は気にするからこそ、インターネット上で実名を堂々と出せないのです。 本当に気にならないのであればインターネット上でも実名出せるはずです。 気にするのが当たり前なのです。レベルが高くなったって気にするものです。ですから、法務省も「法務省:インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう」と言っているのです。 法務省のページを見てもらうと書かれている事がわかりますが、

被害を受けた児童は将来にわたって永く苦しむこととなるなど,重大な人権侵害と言わざるを得ません。 引用元:法務省:インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

何故、多くの人が、こういった問題に「無視すればいい」とか「気にしなければいい」と言う、右ならえ思考かわかりますか? それは人権侵害野郎の思考を受け取っているからなのでしょう。 人権侵害野郎にとっては都合の良い考え方なのです。 根底には自分のことを書かれたくない、自分を晒されたくないという恐怖があるから、無意識で人権侵害野郎の思考を受け取っているのです。

そして、無責任に「無視すればいい」とか「気にしなければいい」と言う、右ならえ思考になるのです。 冷静に考えてみて下さい。 「無視すればいい」とか「気にしなければいい」では、ますます人権侵害野郎にとって匿名掲示板は温床になることが分かると思います。 人間は、当たり前に気にする者ですから。

<<下に続く>>

「無視すればいい」とか「気にしなければいい」を実践

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

結局気になって疲れる

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「無視すればいい」とか「気にしなければいい」を実践

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

結局気になって疲れる

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「無視すればいい」とか「気にしなければいい」を実践

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

悪循環のループ

こうなるのです。 ですから、人権侵害野郎の思うつぼになる「無視すればいい」とか「気にしなければいい」という考えを捨てることです。 逆に、「どんどん気にしちゃっていい」とか「人間だから気にして当たり前」という考えを持つほうが良いです。

その上で、「受け取らないトレーニング」をすればいいのです。 「受け取らないトレーニング」とは、

「人権侵害野郎がそう思うことは自由だけど、私(僕、俺)は、その考えを受け取りません。例え、渡そうとして来ても、受け取りません。私(僕、俺)の心は、事実ではない事を受け取らないと決めてるので、受け取れないのです。」

この考え方を「繰り返す」ことです。 繰り返して、思考し言葉にして発することで、徐々に「受け取らない思考」が出来てきます。 繰り返すと、無意識レベルに蓄積されて固定化されるので、自然に「自分にとって不要な考えを受け取らない思考」が出来てきます。 これは本当に凄いですよ! 気にしてしまう方は是非試して下さい。

「継続は力なり」です。

 

「他人軸」で生きる親は「毒親になりやすい」ものです。 幸せになる道は、「自分軸」で生きることです。 そのことがよく分かるのがゲシュタルトの祈りです。

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen –
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du –
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

引用元:http://www.ieji.org/archive/das-gestalt.html

「他人軸」から「自分軸」で生きれるようになる為の、成長材料にもなるのです。

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by トシ

    匿名を利用して言いたい放題にしている者をおいといて、嫌な思いをしている人に「気にしなけばいい」という「アホバイス」は本当に多いです。
    何の非もない被害者に「あなたがダメなのだ」と責任をなすりつける。れっきとした加害者です。
    女叩きや、被害が著しく女性に偏っている性犯罪は特にです。
    弱い者いじめ、陰湿なところが日本の嫌いな点です。

  2. by よっし

    確かに匿名掲示板に書かれた事を「気にするな」というアドバイスは裏を返せば「気にする方が悪い」という事になりますね。

    過去に2ちゃんねるとは別の匿名掲示板に誹謗中傷を書かれた人に対して「そんな便所の落書きサイトの書き込みなんか気にするな」とアドバイスをした事がありますが、それが間違いだったという事に気付きました。

    本当に悪いのは誹謗中傷を匿名掲示板に書き込む方ですからね。

    いや、反省する事しきりです。

  3. by 秋葉原乃桃

    誹謗中傷はれっきとした、

    相手の精神を傷つける暴力です。

    人権侵害野郎をのさばらしてる2ちゃんねるの管理者を、

    威力業務妨害者を幇助したと、

    僕は訴えて勝利したいです。

  4. by リコ

    匿名掲示板はなくならないのでしょうか。見てると不快な思いしかありません。

  5. by 垂れ耳うさぎ

    人は人。うちはうち。
    勝手に自分の家(心)に上がりこんでくる泥棒は、ペシッと叩いて(嫌だ。出て行け!と言って)追い出せばいいんですね。

  6. by 友希

    その中傷と言いがかりを無視できない
    というのが情けないことじゃないって思えて良かった。
    受け取らないトレーニングと無視するトレーニングの違いは勉強になりました。

    挿入されてるドイツ語の文章に納得です

  7. by オコジョ

    人間だから気にすることは気にしてしまう。それが自然なことだと思います。やんわりと跳ね返す気持ちが大切だと思っています。

  8. by よっちゃん

    受け取らないトレーニング。そうなれるトレーニングが出来ると、継続できて、自分の心もさらに成長出来そうですね。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。