Google検索

世の中の不満に必死に食いついてどうするの?

世の中の不満に必死に食いついてどうするの?

世の中の不満に必死に食いついてどうするの? と、いうのが私の意見。

テロがどう、 戦争がどう、 いじめがどう、 モラハラがどう、 犯罪がどう、 キリがないって気づいていない人が90%くらいいます。 私も過去はそうでした。 正直「この腐った日本を変えたい!」と思っていたこともあり、 今では、お子様だったと思っています。

世の中の不満に必死に食いついて、世の中は変わりますか? イジメ問題に必死に取り組んでイジメは消えますか? 消えませんよね。 犯罪もなくなりませんよね。 逆に、食いつくからいつまでもなくならないのです。

奥が深い話ですが、、、 「食いつくから、生み出してしまう」というわけです。 真理と言っても良いでしょう。言葉を変えれば「食いついて無自覚で生み出している」と言うわけです。 私のように気づいてしまえば、楽になれる部分があります。

よく観察してみて欲しいのですが、ごく一部ですが「イジメは絶対に許さない!」なんて正義を振りかざしながら「いじめ加害者を煽って次の被害者を生み出すキッカケ作りをしている」人がいます。これは無意識でマッチポンプで作り出している可能性があります。

だって、いじめ加害者は弱いんですよ?芯が無い。つまり親や環境から傷つけられて生きてきた可能性が高い。そんな弱くて芯の無い、いじめ加害者は矛先を弱い者に向けます。これは当然わかりますよね?特にいじめ問題に熟知していればいるほど、わかりますよね!そのいじめ加害者は矛先を弱い者に向ける性質があると知っている者が「イジメは絶対に許さない!」と、いじめ加害者を追いつめれば、ますます、いじめ加害者は次の被害者を作り出す可能性があります。本当に「いじめを必要としている人」は一体誰なのか…。。。

<<下に続く>>

このような感じで、その人が自覚無いにしても「食いつくから、生み出してしまう」こともあるのです。

つまり、世の中に期待している事が問題なのです。 世の中に期待しているから、世の中の暗示にかかるのです。 暗示は期待するからかかります。 世の中に期待するから、自分の考えで生きていけないのです。 自分の考えで生きていけないから?? そう、問題がループするのです。

だから、世の中に期待することをやめ、 食いつくことをやめて、抜け出せばいいのです。 お医者さんに頼ると不安が軽減されますよね。 世の中に頼ると人のせいに出来ます。 そこから自分軸へとシフトすれば、 右ならえ思考が嫌になります。 自分の考えを自由に持つことの素晴らしさに気づけます。

ですから、キリの無い底なし沼の世の中の不満に 必死に食いついてどうするの? ってのが今の私の考えです。 個人的に言えば、 「いつまでも、無駄にしがみついてやんのーwww」って思う事もあります。 抜け出せばいいのです。 自分から縛られに行く必要などないのです。

最後に、世の中や社会は、親の喩えです。 つまり、世の中や社会への不満は、親への不満と同じであり、精神的自立が出来ていないというわけです。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。