Google検索

本当の意味で幸せになる為には「依存」と「無責任」を減らし、自分で自分を認めれるようになることが大事!心の管理者となり自分の人生を運営していく事が幸せの道!

本当の意味で幸せになる為には「依存」と「無責任」を減らし、自分で自分を認めれるようになることが大事!心の管理者となり自分の人生を運営していく事が幸せの道!

とても大切なことを記事にしてみました。 私もまだまだ出来ていませんが1歩ずつ進んでいこうと思っています。

自分が与えてもらう事を幸せだと思い込んで「与えてもらう幸せ」を求めて人々は日々生きています。これは皆が通過するところだと思います。

「恋」は「愛」を学ぶ為のものです。「恋」は脳内物質によるもので「与えてもらう事が幸せ」の状態です。逆に「愛」は見返りを期待せず自然に「与えていく事が幸せ」の状態です。

これは既に様々な研究により、人は恋に落ちている時は脳内に、 PEA (フェニール・エチル・アミン)というホルモンが大量に分泌されるということがわかっています。

引用元:なぜ、恋に落ちるのか? – モテる方法 2.0

恋は脳内物質の力を借りているもので、そのおかげで人は「愛」を学んでいけるのです。アドラー心理学でも「愛」は一番難しいものだといわれるように本当の愛とは簡単に語れるようなものではありません。

「恋愛」は「与えてもらう側」から「与えていく側」に変わって成長していくために必要なことなので、思う存分恋愛を楽しんだほうが良いと思います。依存から自立に向かうために必要なプロセスです。

「与えてもらう事が幸せ」の状態は「依存」

「与えていく事が幸せ」の状態は「自立」

人は誰もが「幸せになりたい」と思っているはずです。しかし、幸せになりたいと願いながら不幸になってしまう…。この矛盾は自らの選択によって不幸になっているのですが、中々「自らの選択だと気が付かない」のです。

では、どうして人は「自らの選択だと気が付かない」のか?

それは「無意識」の自分の言動に「責任」を持っていないからです。ある科学者によると一日の思考回数は60000回とも言われています。その多くは自分で気が付いていませんよね。つまり自動的な思考がいっぱいあるという事です。

それらの無意識も含めた思考から発せられる言語、非言語がコミュニケーションを通じて、他者に伝達されています。その伝達によって、人を癒したり傷つけたり不快にさせてしまったり、色々な影響を出します。

環境による影響の中で一番影響が強いのが人間関係です。その人間関係のコミュニケーションを通じて多大なる影響を与え合っているのです。時には殺人さえ起こるのがコミュニケーションです。

<<下に続く>>

それだけ重要なコミュニケーションの中に「無責任」な言語、非言語がたくさん入っているのが人間です。その「無責任」であるがために、「無責任な選択」をしているのです。「無責任な選択」が知らず知らずのうちに「不幸の原因になる選択」をしてしまうのです。

ですから、最初に書いたように、自らの選択によって不幸になっているのですが、中々「自らの選択だと気が付かない」のです。

解決策としては、自らの選択に出来るだけ「責任」を持つことです。責任とは「正しく反応する能力」の事です。「正しく反応する能力」を持つには「心の管理者」である必要があります。管理者は全てを把握し正しく管理、運営する必要があります。その為には「正しく反応する能力」が必要です。

心の管理者とは、自分の心を管理する者のことです。管理の意味は以下です。

かんり 【管理】 《名・ス他》よい状態であるように気を配り、必要な手段を(組織的に)使ってとりさばくこと。 「業務を―する」

引用元:管理 – Google 検索

つまり「心の管理者」は「自分の心が、よい状態であるために気を配って、自分の心が更によい状態になるために必要な手段を使っていける者」という意味が今の私が思っている心の管理者の意味です。

管理者が「正しく反応する能力」ではなく「いい加減な反応」や「勘違いの反応」をしていては上手くいきません。

そうして、「正しく反応する能力(責任)」を持って選択をすれば、後々「こんなはずじゃなかったのに…」となるわけがありません。何故なら自らがしっかり意識して選択をしたことですから、後々「こんなはずじゃなかったのに…」となる必要が無いのです。

心の管理者は認めることを自分の責任で自分でします。ですから他者からの承認を必要としません。他者からの承認を必要とすると永久に他者からの承認が必要になります。そして依存状態になり無責任になっていくのです。

宇宙

このような理由から、本当の意味で幸せになる為には「依存」と「無責任」を減らし、自分で自分を認めれるようになることが大事!その為には「責任」を持って「心の管理者」として、自分が管理者として自分の人生を運営していく事が大事なのです。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by あゆみ

    深いい話しですね。菅原さんの話にはいつも感心させられます。勉強になることばかりで日々の成長にとても役立っています!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)