快適で動けなくなる魔法のソファ「Yogibo Max」

騙される前に気づけ!平気で嘘をつく人たち!「空想虚言者」の「虚言」から生み出される「本当の虐待」もある!「虚言」も現実化していく力がある!

騙される前に気づけ!平気で嘘をつく人たち!「空想虚言者」の「虚言」から生み出される「本当の虐待」もある!「虚言」も現実化していく力がある!

あなたは「虚言」から生み出される「本当の虐待」を知っていますか。

最初に、以下の引用文を読んでみて下さい。

例えば一人の人間が、ありもしない虐待をでっち上げ、それを周囲に話してまわる事で虚言が一人歩きし増幅し怒りを生み出し、それが本当の虐待を生み出してしまう場合があります。そしてそれがまた次の虐待を生み出します。虚言を吐いた最初の人は、嘘が事実と化した事をうけ、それが本当の事であったのだと妄信してしまいます。これが民族間の闘争にまで発展してしまう場合があります。

引用元:トラウマ(心の傷)を克服・解消するには: 心について研究する

こちらの引用文は本当にわかりやすく書かれています。

僕自身の昔の話ですが、過去にありもしない虐待を何度も何度もでっち上げられたことがあります。でっち上げてきた相手は「嘘」と「事実の歪曲」と「演技」を巧みに使い、人を操り、僕が虐待をしたと拡散させ、何の確認も証拠もなしに周囲は皆、僕が虐待をし続けていたと信じていきました。

信じ込ませるテクニックは色々ありますが、常勤の引用にあるような手口でした。つまり、虚言によって深く傷ついた僕は、悲しみを怒りとして表に出してしまって、それを逆手に取らてて「ほら、ああやって脅迫的に虐待されたの」と言う感じで、周囲は怒っていた僕を見て「本当に虐待をしていたんだろう」と思い込んでいきました。

そして、その相手から経済的、精神的に搾取されていくわけです。

僕は自分が気が狂っていくようで、何が黒で何が白なのかさえわからなくなりそうな、混乱状態に陥っていきました。やってもないことをやったと言われ、周囲もそれを信じていき、僕に対して酷い態度をするようになっていき、味方はいなくなりました。

虚言を吐いた最初の人は、嘘が事実と化した事をうけ、それが本当の事であったのだと妄信してしまいます。これが民族間の闘争にまで発展してしまう場合があります。

引用元:トラウマ(心の傷)を克服・解消するには: 心について研究する

虚言を吐いた人が繰り返し虚言を人に伝え続けることで本人が本当のことであったと思い込んでいく場合があるのです。これが嘘を繰り返すことの怖いところです。

相手が妄信していくと、相手も本当のことだと思い込んでいるので、でっち上げられていくレベルも高まるのです。僕もそうやって、でっち上げられていきました。

一方は「虐待なんかしてない!」もう一方は「虐待された!」と互いに本気で主張しますから、争いはエスカレートする可能性が高いのです。だから事実確認が大事です。確認できることはどんどん確認することが大切です。

これを踏まえ、以下の引用も読んでみて下さい。

エミール・クレペリン[* 2]によるとサイコパスのひとつに「空想虚言者」という類型がある。ただしクレペリンの時代の精神病質の概念は現在のものとはことなる。同様のものに「てんかん性精神病質」などがある。てんかん患者の一部に放火、虚言、詐欺、性器露出、破壊行為を行う一群があり、時にはその行為について追想できない、第三者のように三人称を用いて語り、行った事に関して責任や罪過観念を持たない、など[4]。

引用元:精神病質 – Wikipedia

僕に対して、過去に虚言から作り出そうと近寄ってきた者は2名で、2名とも「てんかん」でした。破壊行為もあり、虚言、他、似ているような部分がありました。

つまり、巧みに人を操作し、巧みな演技と話術と魅力で周囲を取り込んでいく虚言者は「サイコパスの可能性」もあると僕は思っています。自称サイコパスではなく自身がサイコパスであるかのことを隠しているような者です。なぜそう思うのかと言うと、ある虚言者は誰もいないところでまるで映画の悪霊かのように僕を無言で見続け、背筋がゾッとするかのような異様な雰囲気でした。そのことを周囲がいるときは絶対にしません。僕にだけ、それを執拗にしてくる。他にも色々ありますが、これらを隠して普段は演技しています。

話は変わりますが、僕は子供のころ、そんな虚言から作り出されていく現実が嫌で、当時の僕は勉強を放棄し、薬物依存、はっきり言って廃人のようになっていきました。そうなると虚言から作り出されていくことは減ったように思います。

「やってもないことをやったと言われる。」「じゃあ、本当に虐待をしたらどうなる?」「虐待をしていることになっているんだから、周囲は変わらないか?」など考えていたこともあります。あまりにも限界が来たときは、覆面を被って金属バットで半殺しにしようか悩んだこともあります。それほど我慢の限界も来て悔しくてどうしていいかわからなかったのです。

つまり、僕は「虚言」による虐待のでっち上げから、本当に虐待をする一歩手前までの考え方になっていったのです。抑えきれない怒りや悲しみ、悔しさ、そしてそれさえも出せないし、出したら家族中から非難される仕組みが既に出来上がっていました。

子供だった僕にはどうすることも出来なかった。そんな怒りが破壊的なものになり、その破壊的な怒りは、外部の人に向いてしまいました。抑えきれない怒りが、何の罪もない無関係な人を傷つけたこともあります。無関係な人の目が、虚言から作り出すものの目と似たようなものを感じた瞬間、殴りつけてしまったこともあります。

<<下に続く>>

そのことこそが、最初に紹介した引用文のことだと思います。引用に書いてあるように「民族間の闘争にまで発展する場合も…」というくらいのことだと分かります。言葉では説明できないくらいの怒り悲しみ悔しさがあります。長年の怒り悲しみ悔しさの蓄積によりまさに殺人を起こすくらいのレベルと言っても過言ではありません。自分がやったことは確かに自分が悪い。だけど、どうすることも出来ないレベルって言うのもあるのも事実です。

僕の場合は、それから人との関わりを避け、自己分析をして自分を癒していくことで徐々に破壊的な感情は消えていきました。しかし、僕のように癒せない者が、自分のことも理解していない状態(破壊的な感情を抱えた状態)で誰かに刺激されると、一気に衝動的に破壊的な感情が誰かに向いてしまうような可能性もあるかと思います。

そんなことを起こしてしまったら無関係な人を傷つけてしまいます。だからこそ「根本解決」が大事なのです。自分をでっち上げて長年集団で苦しめてきた者を理解し許すことなど本当に難しいことです。何度も心が壊れそうになることだってあるでしょう。

だけど、自分をでっち上げて長年集団で苦しめてきた者を理解し許すことが出来なければ、きっと自分は苦しいままだと思います。一歩ずつ理解を深めて自分を癒しながら相手を許していこうと思っていると、徐々にですが、自分をでっち上げた虚言癖の者の気持ちがわかってくることがあります。

その相手も「同じく傷ついた一人の人間」だったのです。僕はその相手と話したことで、どうして「嘘」と「事実の歪曲」と「演技」を巧みに操り、僕が虐待をしたと拡散させたのかが分かってきました。

「自分を守るため、防衛のための手段」だったのです。つまり、本当の恐怖に立ち向かう勇気をなくした虚言者が、僕のせいにしていた。というわけです。それが理解できてくると自分をでっち上げて長年集団で苦しめてきた者を許すことが出来るようになってきます。

僕の場合は僕を追い詰めていたのは「家族」だったから、とても悲しく受け入れたくない気持ちもありました。

ただ「追い詰めよう」という意図はなかったかもしれないこと。みんな、辛い中、苦しい中、傷だらけの中、生きていくために精一杯だったのです。ただ、歯車がずれているから、「みんなの防衛」や「勘違い」がごちゃまぜになり傷つける結果になっていく場合もあります。

「虚言」から生み出される「本当の虐待」を防ぐために虚言癖の人も傷ついているということを理解してみると良いかもしれません。でっち上げられる人は、その闇を紐解くことが出来る人なのかもしれません。

恐らく、僕に対してでっち上げてきた虚言者はサイコパスではなく、他のある支配者(サイコパスみたいな)への恐怖があり、それを自覚できないことで、僕にせいにして僕に流していたのだと思います。

僕は、こういった闇を出来ることは紐解いていって、まだまだ家族全体は完全回復には至っていませんが、僕を悪の根源だと思い込んでいた母親から「あなたのおかげで僕も人間らしい心に少しずつ戻ってきている。ありがとう。」って言われました。

ハッキリ言って、昔は、悪魔の棲みつく家。と言う感じでした。言えることは「虚言」「妄想」は本当に恐ろしいことであるということ。「思考は現実化する」は確かに現実化します。

だけど、それは思考だけじゃなく、「虚言」も現実化していく力があります。「虚言」を現実化させないためには「現実を生きる」ことです。虚言者の巧みなでっち上げを防ぐには、現実を見ること、つまり、録音、録画も効果的です。動かぬ証拠で事実が分かってきます。

僕が出会った「空想虚言者」についてピッタリな表現を見つけましたので日本の医学者(精神科医)、作家。博士(医学)である岡田 尊司(おかだ たかし)さんの「マインド・コントロール」という本から引用してご紹介します。

空想虚言と偽りの証言

本当のようなウソによって、周囲がすっかり騙されてしまい、警察や裁判官も欺かれ、まったく無実の人が、何年も刑務所に入れられるということもおきる。

こうした場合の虚言の特徴は、自分を被害者に、それも悲劇のヒロイン的な被害者に仕立てあげることで、周囲は「被害者」であるその人に同情し、すっかり取り込まれてしまう。

引用元:マインド・コントロールのP73~74より

もう一つ。

演技性タイプがからんだケースでは、余程気を付けていないと、冤罪が起きやすい。

引用元:マインド・コントロールのP78より

まさにこれです。そしてこの「空想虚言者」は巧みな演技と話術で嘘をつき続けているうちに本人も嘘を本当のことだと思っていくので、ますます本当の被害者が加害者として扱われて、本当の加害者である空想虚言者が被害者として扱われていくのです。

その頃には本当の被害者は正気を失うほど追い詰められているので、耐えきれなくなった被害者が本当に手を出したり虐待をするようになったりする場合もあるのです。そうなれば負けです。空想虚言者の妄想が現実化してしまったので誰も真実を知ることは無くなるでしょう。

 

 

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。