原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「正直者」は「妄想の中にいる者」によって、悪者にされたりして、でっち上げられやすいものです。

「正直者」は「妄想の中にいる者」によって、悪者にされたりして、でっち上げられやすいものです。



何故、「正直者」はでっち上げられやすいのか?

何故、「正直者」は「妄想の中にいる者」によって、悪者にされたりして、でっち上げられやすいのか?

それは、「妄想の中にいる者」は経済的な利益や精神的な利益を得る手段として「嘘」を使っている場合があるからです。その嘘の辻褄合わせのために「正直者」は邪魔になるので悪者にされたりして、でっち上げられやすいのです。

何故、辻褄合わせのために「正直者」は邪魔になるのか?

嘘というのは事実ではないことなので、本当にあった事ではありません。本当にあった事ではないことを、本当にあったかのように嘘をつくと、その嘘に付随していることすべてに嘘をつく必要が出てきます。つまり、次から次へと嘘が必要になります。

そうすると「嘘」に「嘘」が重なっていき、嘘のメッキだらけになるのです。所詮、メッキはメッキですから本物と比較すれば本物との違いが出てきます。

ですので「嘘」と「本当」「正直者」と「妄想の中にいる者」では、どれだけ本当かのように言っても本物が目の前にあれば本物との違いが出てきます。

<<下に続く>>

「正直者」は自分が正直なので嘘に「ん?」と、気づきやすいのです。ですので正直者がいると、嘘がばれやすくなるので、「正直者」は馬鹿を見やすく、邪魔扱いされやすく、悪者にされたりして、でっち上げられやすいのです。

「妄想の中にいる者」からしてみたら「気づくんじゃねーよ」というような感じです。

論理的に思考すること

ただの正直者ではなく論理的に考え、本当にそうなのか確認し、「妄想の中にいる者」の煽りや誘惑に負けず、悪者にされたり、でっち上げられたりしないように、1つ1つを確実に確認していくことが大事なことです。

1つ1つを適当に曖昧にすることが、「妄想の中にいる者」にとっては都合が良いことで、それこそ、悪者にされたり、でっち上げられたりすることに繋がるのです。

そして自分に余裕が出てきたら「妄想の中にいる者」に「現実を生きることの良さ」を上手く伝えていけたら良いかもですね。誰もが自分のためになることだと思って進んで生きています。たとえ悪いことでも犯罪でも、その人はそれが自分のためになることだと思って進んで生きているのです。

ただズレが生じてしまっているだけです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。