Google検索

巧妙なモラルハラスメントを受け続けて育つとナチスの思想を持つ可能性は高い!

巧妙なモラルハラスメントを受け続けて育つとナチスの思想を持つ可能性は高いです。

相模原障害者施設殺傷事件の容疑者もナチスの思想を持っていたと言われていますが、一方では「優しかった」という声もあります。

巧妙なモラルハラスメントは、それを特定することが難しく、巧妙なモラルハラスメントを受け続けている被害者こそ、自分が被害者だと気が付かないのです。

気が付かずに傷つき続けている自分の中に破壊的なエネルギーが蓄積されていきます。そのエネルギーが何か1つ方向に向いて、それが悪だと思い込んでしまうことで大変なことが起こってしまう可能性があるのです。

集団ストーカーの被害を受けていると訴える方も、巧妙なモラルハラスメントを受けている可能性は高いです。巧妙なモラルハラスメントを特定できず気が付いていないから、それを見えない敵、架空の敵のせいにするのです。

ですので匿名掲示板、インターネット上から匿名性を無くさない限り、まだまだ異常な事件は起こると思います。匿名で隠れながら、気づかれないように、人の心を刺している者を放置することは、ますます、異常なことを増やし、統合失調症の人を増やすことにも繋がっていると、私は思っています。

<<下に続く>>

相模原障害者施設殺傷事件のような問題が起こった時に、もっともっと巧妙なモラルハラスメントに向き合っていかないと、結局はいたちごっこのように異常な問題がまた起こると思います。

あのヒトラーは、親からのモラルハラスメントを受けて、虐待もされ、殴られ、それを感謝していたと言います。それが全世界に破壊的なエネルギーとして向いてしまったのです。

善と悪をひっくり返す匿名の嘘つきは、今日もAとBをぶつけさせようと企んでいるかもしれません。

しかし、犯人を悪として抹殺するようなやり方では、いたちごっこで、今後もますます異常な問題がまた起こると思います。

つまり、世の中には「一部の人間を犠牲にして、その犠牲になった者を悪として封じ込める仕組み」があるので、それがあるうちはいつまでも穏やかさは手に入らないでしょう。

「あいつは完全に良心が無い…。」と言う人がいますが、本当に良心がゼロの人がいると思ってるんですか?自分の心の苦しみを言えば生きてこれなかった人もいるのです。だから必死に誰にも自分の本当の苦しみを言えずに黙っている人もいるのです。

一部の人間をスケープゴートしていると、まるで悪魔のような人間が現れてしまうものです。

だけど、大事なことは、他人を支配する権限はないので、自分はしっかりと自分の人生を生きていくことです。そうすることで離れていけます。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。