原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

自分が自分として生き、自分の心の管理者となり、自分の道を見つける為に生きている

自分が自分として生き、自分の心の管理者となり、自分の道を見つける為に生きている

誰もが、自分が自分として生き、自分の心の管理者となり、自分の道を見つける為に生きているのだと思います。

それが「自分の幸せ」ですよね。

他人の人生を生きて幸せだと言う人も、それはそれで良いのだと思います。

「現代社会の仕組みに合わない人間は、病気として排除される」という外部サイトの記事がありますが、実際にこういった仕組みはあると私も思います。

邪魔者は排除される…。

それでいいんだと思います。

それが自然の道理だと私は思います。

この記事を合わせて読んでみて下さい。

一部引用しますね。

  この孤独と不安は耐え難いものですが、実はこのときYu(ユー)を知る瞬間なのです。この時、強くかぎりなくやさしいYu(ユー)を感じることができるのです。「集団無意識」の中にいる限り、Yu(ユー)を知ることは困難です。「集団無意識」でYu(ユー)を知るというのなら、原始宗教と変わりません。現代的な意味はありません。

引用元:生かされてる医学のカウンセリング(性格分析3)

<<下に続く>>

邪魔者は村八分にされることもあります。

それでも村八分に負けなかったものは、「自分の道」を生きていけるのです。

そして、自分の道を生きるのは難しい。

村八分に遭うのが怖い、なら集団に迎合して長い物には巻かれておけば楽だ。

と、自分を見失うのです。

だけど、

難しいから価値があるのです。

そう思えば排除も受け入れられる気がしませんか?

そして、大事なことは「村八分にならない自分の道を生きる方法」を見つけることです。

自分の道を生きることは「村八分」に遭う可能性が高い。

だけど、自分の中から支配的な部分を減らしながら自分の道を生きることで「村八分」に遭う可能性を減らせます。

人を支配してしまう自分に向き合って改善したぶんだけ自分の道が明確になるようです。

人の数だけ色々な道がある。

1、自分を殺して集団に迎合していくうちに自分を見失う

2、本当の自分を取り戻そうとすると村八分に遭う。そこで怖くなったものは1に戻る

3、2を乗り越えていくと実は自分の支配的な部分が2を超えられない原因だったと気づく

4、3を超えると本当の意味での自由が待っている。支配せず支配されず。責任者。心の管理者。

こういうことなんです。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。