心の支配から脱出し「本当の自分」に近づくため5冊

モラル・ハラスメントの心理構造 著者:早稲田大学理工学部名誉教授 加藤諦三
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠著者:東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩
マインド・コントロール著者:医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。岡田 尊司
悪魔を出し抜け!著者:アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖。ナポレオン・ヒル
エマソン 自分を信じ抜く100の言葉19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソン

売れる記事?コンテンツマーケティング?文章力を高めるトレーニング?それなら、まず変わるために文章を書きまくって下さい。あなたもライターです。「コンテンツ・マーケティング64の法則」はコミュニケーションを改善するためにも役立つ!

売れる記事?コンテンツマーケティング?文章力を高めるトレーニング?それなら、まず変わるために文章を書きまくって下さい。あなたもライターです。「コンテンツ・マーケティング64の法則」はコミュニケーションを改善するためにも役立つ!

売りにつながる記事を書くにはコンテンツマーケティングについて知っておく必要があります。

コンテンツマーケティングとは?

Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.

翻訳後

コンテンツマーケティングは、価値ある、関連性の高い、一貫性のあるコンテンツの作成と配布に重点を置いた戦略的なマーケティング手法であり、明確な顧客層を引き付けて保持し、究極的には収益性の高い顧客行動を促します。

引用元:What is Content Marketing?

売りにつながる記事を書くには、読者にとって価値があると感じるコンテンツを作っていくことが必要で、その「読者にとって価値がある」という点がポイントの1つです。

一貫性がなければ、その中に矛盾があり、それが結果、読者をモヤモヤさせることに繋がります。そして、読者はあなたのコンテンツを価値がないと判断してしまいやすい。だから、一貫性はとても大事です。一貫性が価値を生み出し、その価値を感じる読者も増えていくのです。

その一貫性を文章に出していくために役立つのが「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本です。著書は、コンテンツの制作・管理の専門家マーケティングプロフスのCCO(最高コンテンツ責任者)の「アン・ハンドリー」です。

成長するには変わること。変わるためには気づきが必要

成長するには変わることが必要。人が変わるためには「気づく」ことが必要です。「変わったフリ」では意味がありません。自分が心から納得し、気づいて、腑に落ちることを増やしていくことが変わるために必要です。「気づく」ためには文章を書きまくることが効果的です。何故なら、文章を書くということは「調べる(インプット)」⇒「書く(アウトプット)」を繰り返すからです。

以下の引用文もお読み下さい。

勉強は教科書を復習するより問題を解くほうが効果的です──。そんな論文が『サイエンス』誌の2008年2月15日号で報告されました。 米パデュー大学のカーピック博士の研究です。より専門的に説明すれば「入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい」ということです。

 

引用元:アウトプット(出力すること)の重要性について! – 院長のマンスリートーク

インプット(入力)アウトプット(出力)

つまり、「調べる(インプット)」だけを繰り返すことよりも、「書く(アウトプット)」を繰り返すほうが学習効果が高まるということです。言い換えれば、あなたが知りたい情報をインターネット検索します。そして「ほう、なるほどね」で止まっていたら勿体ない!ということなんです。その「ほう、なるほどね」で気が付いた自分の独自の考え、それを「書く(アウトプット)」をしなければ学習効果的に言えば非常にもったいないんです。

人の言葉をパクったらだめです。だけど、情報を調べていくことで、自分が気づいたことを自分の言葉で書くのは何の問題もありません。引用するときはしっかり引用のルールを守ればいいのです。著作権侵害も絶対にダメです。

あなたは、「書く(アウトプット)」を繰り返すことで、更に気づきが増えて、成長して、変わっていくのです。

人は今を過去の記憶で見ている

『「気づき」とは?』で 書いたことですが大事なのでもう一度書きます。

私たちは「今」「過去の記憶」で見ています。つまり、今理由もわからず苦しい人は過去の記憶によって苦しんでいるのです。ですから、過去の出来事は変えられないけど、過去の出来事への解釈は変える事が出来ますので、過去の出来事への解釈を変える事で今が変わります。

過去の辛く苦しい記憶と向き合う事は苦しい作業ですが、元となっている過去の記憶に新しい意味づけが出来れば、心は解放されていくのです。

『「気づき」とは?』から

つまり、変わっていくということは、過去の記憶を更新していく必要もあるということです。更新するには、新しい情報をインプットし、その学習効果を高め、脳回路への情報の定着をさせるためにアウトプットすることなんです。

だから、あなたは、変わるためには、書き続ける必要があるのです。

過去の出来事への解釈を変える事は可能

変わるためには、「新しい解釈の仕方」を手に入れる必要があるのです。

「解釈」とは?

語句や物事などの意味・内容を理解し,説明すること。解き明かすこと。また,その説明。 「正しく-する」

引用元:解釈とは – Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ) Weblio辞書

先ほども書いたことですが、「今」を「過去の記憶」で見ているから、過去の記憶のフィルターをかけたまま、今の出来事を解釈をしていることが沢山あります。それによって過去の傷の再現をしているかのように苦しむのです。

ですので、過去の事実は変えられないけど、過去の出来事への解釈を変える事は自分次第で可能です。そのために必要なことは「新しい解釈を手に入れる事」です。

つまり、上記の引用を合わせてみてほしいのですが、その物事の意味を「理解」する。そして「説明する」ことや「解き明かす」ということが、解釈するということです。

つまり、、、過去の苦しみである過去の記憶を、「正しく理解」して「正しく説明」して「解き明かす」ことで、過去の苦しみの記憶は消えるのです。これをやらずに無理やり前を向いても、心の奥に封じ込めるだけですから、過去を無視して臭い物に蓋をするというようなやり方ですから、それでは根本解決にはなりません。

しかし、過去の記憶は曖昧で、勘違いする場合もあります。ですから過去の記憶に対する解釈を変えるには「確かなこと」「確認できること」のみ追及することは良いと思います。

そうすれば、納得できなかったことが、納得できるようになる場合もあります。納得が出来ればスーッと心が軽くなったりします。

しかし、これは簡単なことではありません。

過去の記憶に対する解釈を変えるために学習

「理解」して「正しく説明」して「解き明かす」ことが必要なので、「学習」していくことが必要です。自分が興味のあることを学んでください。そして書きまくって下さい。

自分が変わるために、本を読み、インターネット上から情報収集し、情報をインプットし、学習効果を高めるために書きまくって下さい。ブログに自分が気づいたこと、成長したこと、問題解決したこと、そういったことを書きまくるのです。

「Plus記事作成代行サービス」は私が運営するサイトなので、こちらで文章を書いて稼ぐこともおすすめです。

書くことで、効果的な学習になります。

それが、徐々に「理解」して「正しく説明」して「解き明かす」力を上げていくのです。その結果、過去の記憶も変わってくるので苦しみも減ってきます。

あなたもライターです

あなたもライターです…。と言われたら「違うんだけど?」と、思うかもしれませんが、「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本を読めば納得できるでしょう。この本は、とても素晴らしい内容で、面白いコンテンツを作りたい方に特におすすめです。誰も反応してくれない砂漠の中に存在するような記事ではなく、多くの人が集まる記事を書くためにとても役立ちます。

変わるために文章を書きまくって下さい。あなたもライターです。「コンテンツ・マーケティング64の法則」はコミュニケーションを改善するためにも役立ちます。

こちらのコンテンツの制作・管理の専門家マーケティングプロフスのCCO(最高コンテンツ責任者)の「アン・ハンドリー」(著)の「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本に書かれていることですが、

あなたがコミュニケーターなら、肩書き、地位、経験、職種によらず、この本をしっかり読んだほうがいい。なぜなら”誰でもものを書く”のだから。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP2より

そう、誰でも、ものを書きます。メールを送ったことが無い人もいないと思います。そんな誰でも行う”ものを書く”ということが自分にとっても相手にとっても知らず知らずマイナスに影響していたら?多大なる損害です。ですので、誰でも一度はこの本を読んだほうがいいでしょう。考え方が良い方向に変わります。

この最初の法則は、これまで一般に「コンテンツ」と考えられてきたものだけではなく、”すべての”コミュニケーションを改善するための一種の武装準備だと考えてもらいたい。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

私たち人間は、コミュニケーションを通じて、そこから幸せも、その逆の不幸も起こります。つまり、コミュニケーションを全くとらない人とは、トラブルも起こらないし、その逆の、良い関係もあり得ないのです。すべてはコミュニケーションから始まります。

<<下に続く>>

その自分のコミュニケーションの中に、自分でも気が付いていないマイナスな結果を生み出してしまうものがあるとしたら…。こんな怖いことはありませんよね。一日も早く改善しておきたいですよね。そこで、自覚のないマイナスに繋がるコミュニケーションを改善するために役立つのが、誰でも行う”ものを書く”ということのレベルを上げる事なんです。

何故かというと、直接会話を通してコミュニケーションをとると、録音して後で分析しない限り、すべての会話からの影響を知ることは無理です。知ることが出来ないということは当然改善することも出来ません。

ですので、ワンクッション置いて見ることが出来る「文章」で、自分のコミュニケーションに気づいて改善していくことが大事なのです。私自身も文章を書き続けることで自分の問題点に気づいたり改善できたことが沢山あります。ワンクッションおいて見れるので、本当に改善しやすいです。

私は「コミュニケーションを改善する」ということは「本当の自分を取り戻すこと」だと考えています。何故かというと、コミュニケーションから、モラハラ、喧嘩、いじめ、色々起こりますが、トラブルや問題は「自分の人生を生きていないこと」が関係しています。自分の人生を取り戻した人はコミュニケーションからトラブルを起こしにくく、逆に自分の人生を生きていない場合、自分の考えと他人の考えが混同しているので、矛盾が増えます。そしてコミュニケーションにおいて「スーッと通らない」ことが増えます。つまり筋の通らないことが増えるので当然トラブルの原因が増えるのです。筋が通っていないというのは、「自分の人生を生きていないこと」ということです。

こういった意味で、この「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本は、モラハラ、喧嘩、いじめ、などから離れることが出来る自分に近づくために役立つ一冊と言えます。

次の引用文をお読みください。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

ライターとは、本当の自分を取り戻す道と言ってもいいでしょう。その道はコミュニケーションを改善するための道であり、コミュニケーションを改善すると、改善するだけ自分にとっても他人にとってもプラスになります。

しかし、ライターになること、つまり、本当の自分を取り戻す道に入ることを尻込みさせている障害は何か?それが上記引用に書かれている「恐怖」「無気力」そして「自信、知識の欠如」というわけです。

私は、人がライターになること、つまり、本当の自分を取り戻す道に入ることの障害になる最も影響力が大きいものが「恐怖」であると強く思っています。人は恐怖によって長いものに巻かれ、他人の考えに順応し、いつしか他人の感情を自分の感情だと信じて疑わないようになり、それを大人であり、社会人であると錯覚を起こします。

そして右ならえの考え方からでは、何を書いていいのか、何を発信していいのか、よくわからなくなり、思考停止に陥って、食べる事、寝る事、性欲を満たすことだけに囚われていってしまうのです。

その「恐怖」を乗り越えるために「自信を持つこと」と「知識をつける事」が必要なのです。

作家のスティーヴン・キングは「書くことについて」の中で、「もしあなたがライターになりたければ、とりわけ2つことをしなければならない。たくさん読むことと、たくさん書くことだ」と書いている。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

読み書きをするということは、学習効果の高いインプットしてアウトプットすることですので、恐怖の元になる「知識の欠如」を改善できるので、恐怖が減ってくるのです。

こちらの記事でも書きましたが「恐怖の正体は妄想」ですので、「妄想を打ち破るために知識が必要」なのです。つまり、日々読み書きを繰り返すことが、本当の自分を取り戻すことにも繋がるということなんです。本当の自分を取り戻していけば自分にとっての幸せに近づくのです。その頃になると、世の中にある色々なことは本当の自分を取り戻すために、優しく補助輪なしの自転車の後ろをそっと掴んでいてくれたようなものだと分かってくると思います。自分の人生を生きれるようになるために矯正してくれる力が働いているのです。

もしも、あなたが本当の自分を取り戻したいと思う人で、日々、メルマガでも、ブログでも、文章を書いて成長したいと思うのなら「コンテンツ・マーケティング64の法則」を是非とも読んで吸収してみて下さい。

本当に良い本に出合えた…。きっと、そう思うと思いますよ。

 

コンテンツ・マーケティング64の法則

私は、中学の勉強さえ、まともにしていません。中1の最初で勉強を放棄しました。そこから自分がバカになっていると気づいて、文章を書くようにしていったら頭が整って成長してきました。ですので最初に書いたことですが、米パデュー大学カーピック博士の研究でも、アウトプット(出力)をするほうが良いということが分かっている。これは間違いないと確信しています。

書くことは、あなたの人生を豊かにします。

記事にはアイキャッチ画像を設定しよう

あなたもライターとして書き始めることを決めると思います。そうしたら、記事にアイキャッチ画像を設定する時が来ます。アイキャッチ画像とは、読み手の注意を最初に引いて誘導するための画像です。記事に関係あって、記事が読みたくなるような画像を設定することで記事を読んでくれる可能性が一気に高まります。そんな画像は 「無料写真素材なら【写真AC】」でダウンロード出来ます。

このサイトは私も使っていますが本当に便利です。実は、この記事の上部の写真は「写真AC」からダウンロードした画像なんですよ!こんな綺麗な写真が無料で使えるんです。私はもちろんプレミアム会員になっています。

混乱した文章を整える12のステップ

誰でも、文章をいきなり書けば「混乱した文章」になってしまうことは当たり前のことです。私自身、何年も前に書いた自分の文章を読んだとき「何を言っているかわかんない(笑)」と思うこともあります。まるで、寝ぼけて書いていたのかと思うほどに(笑)

誰もが、文章を整えていき、その結果として読みやすい文章が作成されていくんです。そして、それと同時に自分の思考も整理され、心も整ってきて、成長していくようになっているのです。

何を書いたら良いかわからない。当然、誰でもそう思うことはあります。そして、書いてはみたけど支離滅裂で何を伝えたいかがわからない…。そして諦めてしまう。

それでは勿体ないです。せっかく書き始めたのですから、最後までやってみることが大事です。そこで、役立つのが「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP49に書かれている「ライティングGPS12のステップ」です。このステップは混乱した文章を説得力がある文章へと変貌させてくれる道標になります。

自分の書いた文章を、「ライティングGPS12のステップ」に照らし合わせて、文章を修正していくのです。そうすると、フェイスブックのいいねがついたり、アクセスが増えたりする記事へと変わります。あなたの混乱した文章を整えるための大事な道標となりますので、是非、この本を手に入れて、読者さんに理解され評価される記事を書いてみて下さい。

「どうして」と「なぜなら」を多用することは大人である証の1つ

成長するには「どうして」と「なぜなら」を多用することが大事ですが、このことは「コンテンツ・マーケティング64の法則」の「ライティングGPS12のステップ」P50に書かれています。

私自身、過去に「どうして」と「なぜなら」は使っていませんでした。つまり、「どうして」と「なぜなら」を使えないということは自分の本心ではないということ。逆に、「どうして」と「なぜなら」を使って最後まで説明できることは本心からそのことを思っているからなんです。

文章を書き続けていくと、「どうして」と「なぜなら」が自然に増えていきます。それは自分の本心に近づいていっているからです。「どうして」と「なぜなら」を使えないということは「鵜呑み」にしているからです。

鵜呑みにしているというのは餌に食いついて、中身を咀嚼せず吞み込んでいるということ。つまり、飴玉をもらって喜んで何でも言うことを聞くようなもの。言い換えれば子供だということ。そこから成長して大人になるということが「どうして」と「なぜなら」を多用することなんです。

つまり「コンテンツ・マーケティング64の法則」はただ売りに繋がる記事を書けるようになるだけではないということ。本を読んで実践して自分のものにしていく中で自分が大きく成長していけて、自分の子供の部分に気が付いていける。そして子供から大人へと成長してける一冊なのです。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・記事を読んであなたの「気づき」に繋がったことがあれば投稿して下さい。
・あなたの「気づき」が誰かの心に届くかもしれません。
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)