Google検索

変わるために文章を書きまくって下さい。あなたもライターです。「コンテンツ・マーケティング64の法則」はコミュニケーションを改善するためにも役立ちます。

人が変わるためには「気づく」ことが必要です。「変わったフリ」では意味がありません。自分が心から納得し、気づいて、腑に落ちることを増やしていくことが変わるために必要です。

『「気づき」とは?』で 書いたことですが大事なのでもう一度書きます。

私たちは「今」「過去の記憶」で見ています。つまり、今理由もわからず苦しい人は過去の記憶によって苦しんでいるのです。ですから、過去の出来事は変えられないけど、過去の出来事への解釈は変える事が出来ますので、過去の出来事への解釈を変える事で今が変わります。

過去の辛く苦しい記憶と向き合う事は苦しい作業ですが、元となっている過去の記憶に新しい意味づけが出来れば、心は解放されていくのです。

『「気づき」とは?』から

つまり、「新しい解釈の仕方」を手に入れる必要があるのです。

「解釈」とは?

語句や物事などの意味・内容を理解し,説明すること。解き明かすこと。また,その説明。 「正しく-する」

引用元:解釈とは – Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ) Weblio辞書

先ほども書いたことですが、「今」を「過去の記憶」で見ているから、過去の記憶のフィルターをかけたまま、今の出来事を解釈をしていることが沢山あります。それによって過去の傷の再現をしているかのように苦しむのです。

ですので、過去の事実は変えられないけど、過去の出来事への解釈を変える事は自分次第で可能です。そのために必要なことは「新しい解釈を手に入れる事」です。

つまり、上記の引用を合わせてみてほしいのですが、その物事の意味を「理解」する。そして「説明する」ことや「解き明かす」ということが、解釈するということです。

つまり、、、過去の苦しみである過去の記憶を、「正しく理解」して「正しく説明」して「解き明かす」ことで、過去の苦しみの記憶は消えるのです。これをやらずに無理やり前を向いても、心の奥に封じ込めるだけですから、過去を無視して臭い物に蓋をするというようなやり方ですから、それでは根本解決にはなりません。

しかし、過去の記憶は曖昧で、勘違いする場合もあります。ですから過去の記憶に対する解釈を変えるには「確かなこと」「確認できること」のみ追及することは良いと思います。

そうすれば、納得できなかったことが、納得できるようになる場合もあります。納得が出来ればスーッと心が軽くなったりします。しかし、これは簡単なことではありません。

「理解」して「正しく説明」して「解き明かす」ことが必要なので、「学習」していくことが必要です。自分が興味のあることを学んでください。そして書きまくって下さい。

自分が変わるために、本を読み、インターネット上から情報収集し、情報をインプットし、学習効果を高めるために書きまくって下さい。ブログに自分が気づいたこと、成長したこと、問題解決したこと、そういったことを書きまくるのです。

「Plus記事作成代行サービス」は私が運営するサイトなので、こちらで文章を書いて稼ぐこともおすすめです。

書くことで、効果的な学習になります。

それが、徐々に「理解」して「正しく説明」して「解き明かす」力を上げていくのです。その結果、過去の記憶も変わってくるので苦しみも減ってきます。

あなたもライターです。

あなたもライターです…。と言われたら「違うんだけど?」と、思うかもしれませんが、「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本を読めば納得できるでしょう。この本は、とても素晴らしい内容で、面白いコンテンツを作りたい方に特におすすめです。誰も反応してくれない砂漠の中に存在するような記事ではなく、多くの人が集まる記事を書くためにとても役立ちます。

変わるために文章を書きまくって下さい。あなたもライターです。「コンテンツ・マーケティング64の法則」はコミュニケーションを改善するためにも役立ちます。

この「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本に書かれていることですが、

あなたがコミュニケーターなら、肩書き、地位、経験、職種によらず、この本をしっかり読んだほうがいい。なぜなら”誰でもものを書く”のだから。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP2より

そう、誰でも、ものを書きます。メールを送ったことが無い人もいないと思います。そんな誰でも行う”ものを書く”ということが自分にとっても相手にとっても知らず知らずマイナスに影響していたら?多大なる損害です。ですので、誰でも一度はこの本を読んだほうがいいでしょう。考え方が良い方向に変わります。

この最初の法則は、これまで一般に「コンテンツ」と考えられてきたものだけではなく、”すべての”コミュニケーションを改善するための一種の武装準備だと考えてもらいたい。

<<下に続く>>

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

私たち人間は、コミュニケーションを通じて、そこから幸せも、その逆の不幸も起こります。つまり、コミュニケーションを全くとらない人とは、トラブルも起こらないし、その逆の、良い関係もあり得ないのです。すべてはコミュニケーションから始まります。

その自分のコミュニケーションの中に、自分でも気が付いていないマイナスな結果を生み出してしまうものがあるとしたら…。こんな怖いことはありませんよね。一日も早く改善しておきたいですよね。そこで、自覚のないマイナスに繋がるコミュニケーションを改善するために役立つのが、誰でも行う”ものを書く”ということのレベルを上げる事なんです。

何故かというと、直接会話を通してコミュニケーションをとると、録音して後で分析しない限り、すべての会話からの影響を知ることは無理です。知ることが出来ないということは当然改善することも出来ません。

ですので、ワンクッション置いて見ることが出来る「文章」で、自分のコミュニケーションに気づいて改善していくことが大事なのです。私自身も文章を書き続けることで自分の問題点に気づいたり改善できたことが沢山あります。ワンクッションおいて見れるので、本当に改善しやすいです。

私は「コミュニケーションを改善する」ということは「本当の自分を取り戻すこと」だと考えています。何故かというと、コミュニケーションから、モラハラ、喧嘩、いじめ、色々起こりますが、トラブルや問題は「自分の人生を生きていないこと」が関係しています。自分の人生を取り戻した人はコミュニケーションからトラブルを起こしにくく、逆に自分の人生を生きていない場合、自分の考えと他人の考えが混同しているので、矛盾が増えます。そしてコミュニケーションにおいて「スーッと通らない」ことが増えます。つまり筋の通らないことが増えるので当然トラブルの原因が増えるのです。筋が通っていないというのは、「自分の人生を生きていないこと」ということです。

こういった意味で、この「コンテンツ・マーケティング64の法則」という本は、モラハラ、喧嘩、いじめ、などから離れることが出来る自分に近づくために役立つ一冊と言えます。

次の引用文をお読みください。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

ライターとは、本当の自分を取り戻す道と言ってもいいでしょう。その道はコミュニケーションを改善するための道であり、コミュニケーションを改善すると、改善するだけ自分にとっても他人にとってもプラスになります。

しかし、ライターになること、つまり、本当の自分を取り戻す道に入ることを尻込みさせている障害は何か?それが上記引用に書かれている「恐怖」「無気力」そして「自信、知識の欠如」というわけです。

私は、人がライターになること、つまり、本当の自分を取り戻す道に入ることの障害になる最も影響力が大きいものが「恐怖」であると強く思っています。人は恐怖によって長いものに巻かれ、他人の考えに順応し、いつしか他人の感情を自分の感情だと信じて疑わないようになり、それを大人であり、社会人であると錯覚を起こします。

そして右ならえの考え方からでは、何を書いていいのか、何を発信していいのか、よくわからなくなり、思考停止に陥って、食べる事、寝る事、性欲を満たすことだけに囚われていってしまうのです。

その「恐怖」を乗り越えるために「自信を持つこと」と「知識をつける事」が必要なのです。

作家のスティーヴン・キングは「書くことについて」の中で、「もしあなたがライターになりたければ、とりわけ2つことをしなければならない。たくさん読むことと、たくさん書くことだ」と書いている。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

読み書きをするということは、学習効果の高いインプットしてアウトプットすることですので、恐怖の元になる「知識の欠如」を改善できるので、恐怖が減ってくるのです。

こちらの記事でも書きましたが「恐怖の正体は妄想」ですので、「妄想を打ち破るために知識が必要」なのです。つまり、日々読み書きを繰り返すことが、本当の自分を取り戻すことにも繋がるということなんです。本当の自分を取り戻していけば自分にとっての幸せに近づくのです。その頃になると、世の中にある色々なことは本当の自分を取り戻すために、優しく補助輪なしの自転車の後ろをそっと掴んでいてくれたようなものだと分かってくると思います。自分の人生を生きれるようになるために矯正してくれる力が働いているのです。

もしも、あなたが本当の自分を取り戻したいと思う人で、日々、メルマガでも、ブログでも、文章を書いて成長したいと思うのなら「コンテンツ・マーケティング64の法則」を是非とも読んで吸収してみて下さい。

本当に良い本に出合えた…。きっと、そう思うと思いますよ。

 

コンテンツ・マーケティング64の法則

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)