Google検索

健康保険から給与の約67%を現金で給付を受けることが出来ます。怪我や病気で働けなくなったら傷病手当金を受給して安心して療養に専念することが大切だと思います。

今日お伝えしたいことは、
傷病手当に関する情報です。

怪我をしたり病気になるということは
誰にでもあり得ることです。

そんな時、一番心配になるのが生活費です。

だけど、この情報を知っていると、
健康保険から給与の約67%を現金で給付を受けることが出来ます。

最長1年6か月傷病手当金として受けることが出来るので、
この期間、安心して療養に専念することが出来ます。

詳しいマニュアルがまとめられていて、
販売もされているので興味のある方は見てみて下さい。

傷病手当金を受給する方法

<<下に続く>>

マニュアル販売者の方は、
特定社会保険労務士、三嶋道明さんという方です。

2010/11/23から販売されているマニュアルで、
現在もお申し込みが継続して続ているマニュアルです。

先ほど、お電話でマニュアルの内容は
現在でも問題なく利用可能か確認したところ、
「最新版に更新しているので問題なく使える内容ですのでご安心ください。」
とのことでした。

怪我や病気で働けなくなったのに、
傷病手当金のことが知らない方は、
いろいろ調べてみて下さい!

安心して療養に専念することが大切だと思います!!

傷病手当金を受給する方法

自分で調べても、出来るかもしれませんが、 時間を短縮して確かな情報が欲しい方には、とても良いマニュアルだと思います。

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)