原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

プラス思考になるには無意識のうちからプラス思考が出来るようになる為にプラス思考トレーニングが必要です。

マイナス思考にとらわれて人生が上手くいかないと悩んでいるのなら、このページはあなたがプラス思考になるために役立つと思います。

このページではプラス思考になる方法やプラス思考に関係あることを書いています。是非、上から順に読んでいって下さい。そしてマイナス思考で苦しむことを終わりにして下さい。



プラス思考って?

プラス思考とは物事を肯定的に捉える考え方の事です。無理にプラス思考をするという事ではありません。

どうしてマイナス思考になるの?

スキーマと呼ばれるたくさんの情報の纏まりがあり、その纏まりが自動思考を生成しています。ユングの言う無意識の「複合的な感情の纏まりであるコンプレックス」とスキーマは同じ意味です。

その「スキーマ」または「複合的な感情の纏まりであるコンプレックス」が無意識のうちに自動思考を促していて、その自動思考の多くがマイナスな捉え方の場合は自動思考がマイナスの自動思考が多くなります。

ですので意識でマイナス思考をやめたいと思っても無意識でマイナス思考が自動で出てきてしまうという事です。

無意識って?

無意識は潜在意識とも呼ばれ中々自覚できない心の領域です。90%から95%とも言われ、無意識で行う癖・しぐさ・発言・態度・などは自覚していないものが殆どです。つまり「気づかない」ことが無意識であり、「気づく」ということは無意識を意識化したという事になります。

ですので無意識で自覚のないまま思考をしていることは多くあります。こうして、思考は現実になるのP153とP158によると、1日6万個もの思考をしていると言います。無意識で気が付いていないだけです。更に科学者によると6万個のうちの98%は前日の繰り返しで新しい思考は6万個のうち、たったの1000個だという。

マイナス思考が多すぎる人は、黙っていてもどんどんマイナス思考が自動で出ていることになります。その自動思考は無意識の中のスキーマ、複合的な感情の纏まり、信念、思い込みから生成されているのです。

思い込みが現実を作っていく

思い込みを別の言い方に変えると信念やスキーマやコンプレックス(複合的な感情の纏まり)と言います。そして90%から95%くらいが無意識であり自覚できません。その自覚が出来ないうちに思考をしているのです。しかも1日の思考回数は個人差はあっても6万回とも言われています。

<<下に続く>>

その6万回の90%は54000です。54000も1日のうちに無意識で自動でマイナス思考をしているとすれば、どれだけマイナスな仕草や態度や表情をしているか?その気づいていないマイナスと、気づいて自覚できるマイナスを合わせても、どんどんマイナスな現実を作り出すことがお分かりいただけると思います。

ですので、この自動でマイナス思考が生成されている「スキーマ」「コンプレックス(複合的な感情の纏まり)」「思い込み」「思考の癖」「信念」を変えることがプラス思考になる方法だということがご理解いただけたでしょうか。

5歳までに刷り込まれたマイナス

では、何故こんなにも無意識の中にマイナスが入っているか?

それは5歳までに親や環境などに刷り込まれたものによって無意識に蓄積したのです。子供であればあるほど無意識です。赤ちゃんは無意識100%ですから親を無条件で信じ親や環境の影響を真っ白な心に刻み込みます。

それが、無意識という畑に蓄積されて種となります。その種はやがて芽が出るのですが、個人差はありますが成人してから出てくることが多いと私は考えています。

それは親の苦しみを半分背負うためかもしれませんね。背負って親の負荷を減らし乗り越えていく為です。ですので成人してから出てきやすいように無意識の奥に蓄積されるのです。

しかし世代間連鎖のマイナス影響が強すぎる場合は成人する前にどんどん悪い芽が咲きだします。そして色々な問題が起こってきます。少年少女の非行、いじめ問題、心の苦しみなど、私は考えています。

自動思考を止める、または変えるには?

なんとしてもマイナスの自動思考を止めたいし変えたいと思いますよね。止める、または変えるためには無意識の中の情報を変えることが必要です。

無意識は感情世界で嘘の通じない世界ですので本音で本心で自分が深く納得し情報を書き換えることが大事です。その為には一瞬では変わらないのでトレーニングすることが必要になるのです。

トレーニングが必要

無意識のうちにバランスが崩れて過剰なマイナス思考をしてしまう方はプラス思考トレーニングすることが大切です。日々プラスイメージを無意識に蓄積させていき、それが癖になるまでトレーニングすることです。プラス思考が自分のものになるまで真剣に本気でプラス思考トレーニングをするのです。

ただしポジティブだけを頑なに信じるのは逆効果です。マイナスがあるからプラスを感じられるようにマイナス思考も必要なのです。大事なのはトレーニングでバランスをとることです。

プラス7のマイナス3くらいがちょうどよいかなと思います。

プラス思考が出来るようになって来れば、自分も家族もプラスに幸せになるようにプラス思考を自然に使っていきましょう。

マイナスになることは黙っていればなれます。プラス思考には価値があるのです。そのプラス思考を本音から出来るようになれば、多くの方に幸せの影響を自然に与えていくでしょう。

大事なのは自然・バランス・本音です。

120日間連続メールによるプラス思考トレーニングを開始してみて下さい。

 

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。