Google検索

「動物虐待」と「特別な存在」の深い関係!自分を決めるのは自分です。「特別になりたいのなら勝手に自分でなれや。お前の理想を俺に押し付けてくるんじゃねーよ」と言ってあげればよいのです。

「動物虐待」をしたことがある人や、動物惨殺の願望を持っていた人は「特別な存在」への過剰の執着がある場合があります。これは恐らく「動物虐待」と「特別な存在」には深い関係があります。

つまり、モラルハラスメントなどにより、そのままの存在を認められずに育ちモラルハラスメントをする親の理想である「特別」を無意識(潜在意識)にたっぷり押し付けられ、存在を殺されながら育った子は僅かな承認や愛情でも欲しがるので「特別な存在」への憧れが強くなります。

これは私自身も経験がありますが、人や動物を虐待したことがあり、小さい頃から否定され続け、心が殺されていくという感覚があり、透明になる自分を防ごうと、「特別な存在」への憧れが強くなります。

しかし、その「特別な存在」へ近づけないことで、別の意味での「特別な存在」へと向かおうとします。それが人によっては「動物虐待」「キチガイ」「ヤクザ」「犯罪」など。

加害者に被害者性があるのは、過去の被害のことなんです。

<<下に続く>>

私の場合は、普通の人から離れ、少年院を脱走することで自分だけしかやっていないから自分は特別だと。そういったことで自分を特別視して、心が死んでいく自分を防いでいたのです。普通の人がやらないことをやれば自分には価値があると思える…。

私がこの闇の中から抜け出すきっけかになったのは「特別でいる必要はない」と納得できたことです。普通の自分にも価値がある。普通の自分を無価値だと扱った家族などの影響は一切受けない。受け取らない。天涯孤独になったとしても、もう自分を傷つけるような価値観や影響は受け取らないと決めたことです。

自分を決めるのは自分です。「特別になりたいのなら勝手に自分でなれや。お前の理想を俺に押し付けてくるんじゃねーよ」と言ってあげればよいのです。

家族だから傷つけたくない…。だから自分が我慢すればいい…。そう思っているのならやめることです。お人好しでいると自分の心が腐っていくだけです。自分を大事にすることが前提です。

もし、「特別な存在」にならなければいけないと思い込んでいる人が読んでいるのであれば、「特別でいる必要はない」と納得し、普通で良いのだと、自分で自分に言ってあげてほしいです。

 

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。