Google検索

虚言癖の治し方・克服

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす専門用語で、1891年にドイツの心理学者アントン・デルブリュック(Anton Delbrück)によって提唱された。

引用元:虚言癖 – Wikipedia

虚言癖の治し方ですが、まず「虚言」と「癖」に分けます。

「虚言」…嘘を言うこと

「癖」……繰り返したことで習慣になっているもの

そう、嘘を言うことを何度も何度も繰り返してきたことで、習慣になってしまっているのが虚言癖です。

虚言癖を治すには、習慣を変える必要があります。

しかし、虚言癖の本人は無意識のうちに嘘をつくようになってしまっているので中々やめれません。

そこで必要なのは「嘘をやめたい」という虚言癖の方の強い気持ちになります。

本人が嘘をやめたいと思わなければ不可能です。

そして、嘘を平気でつく人は「嘘のメリット」があるから嘘をついているのです。

その考え方を修正しないことには、虚言癖は治りません。

<<下に続く>>

つまり「嘘をつくことは多大なるメリットがある」というような考え方を「嘘をつくことは実はデメリットが大きかった」と気づいて考え方が変わっていけば、虚言癖を治す道へと入っていけるでしょう。

前述した引用文に書いてあるよう「どうしても嘘をついてしまう」のが虚言癖の方ですから、なぜ、そうなのかをしっかり理解する必要があります。どうして嘘をつくようになったか?どうして嘘を繰り返すようになったか?

そして、どんなメリットを感じてきたか?

それを理解して、嘘よりも、もっと良い方法があると本人が納得できれば、「どうしても嘘をついてしまう」必要がなくなるので、徐々に嘘をやめていけます。そしてそれが習慣になれば虚言癖を克服していけるでしょう。

虚言癖の方は、防衛のために嘘を使ってきたかもしれません。そうなら、今度はもっと良い防衛の方法を学べば、虚言癖は不要になるでしょう。

虚言壁という「嘘の壁」で防衛し続け、虚言癖になってきたのかもしれません。

ただ、虚言癖を続けていると、無関係な人にまで悪影響をだしてしまうかもしれませんので克服していくことが大事でしょう。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。