原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

虚言癖の治し方・克服

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす専門用語で、1891年にドイツの心理学者アントン・デルブリュック(Anton Delbrück)によって提唱された。

引用元:虚言癖 – Wikipedia

虚言癖の治し方ですが、まず「虚言」と「癖」に分けます。

「虚言」…嘘を言うこと

「癖」……繰り返したことで習慣になっているもの

そう、嘘を言うことを何度も何度も繰り返してきたことで、習慣になってしまっているのが虚言癖です。

虚言癖を治すには、習慣を変える必要があります。

しかし、虚言癖の本人は無意識のうちに嘘をつくようになってしまっているので中々やめれません。

そこで必要なのは「嘘をやめたい」という虚言癖の方の強い気持ちになります。

本人が嘘をやめたいと思わなければ不可能です。

そして、嘘を平気でつく人は「嘘のメリット」があるから嘘をついているのです。

その考え方を修正しないことには、虚言癖は治りません。

<<下に続く>>

つまり「嘘をつくことは多大なるメリットがある」というような考え方を「嘘をつくことは実はデメリットが大きかった」と気づいて考え方が変わっていけば、虚言癖を治す道へと入っていけるでしょう。

前述した引用文に書いてあるよう「どうしても嘘をついてしまう」のが虚言癖の方ですから、なぜ、そうなのかをしっかり理解する必要があります。どうして嘘をつくようになったか?どうして嘘を繰り返すようになったか?

そして、どんなメリットを感じてきたか?

それを理解して、嘘よりも、もっと良い方法があると本人が納得できれば、「どうしても嘘をついてしまう」必要がなくなるので、徐々に嘘をやめていけます。そしてそれが習慣になれば虚言癖を克服していけるでしょう。

虚言癖の方は、防衛のために嘘を使ってきたかもしれません。そうなら、今度はもっと良い防衛の方法を学べば、虚言癖は不要になるでしょう。

虚言壁という「嘘の壁」で防衛し続け、虚言癖になってきたのかもしれません。

ただ、虚言癖を続けていると、無関係な人にまで悪影響をだしてしまうかもしれませんので克服していくことが大事でしょう。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。