Google検索

おねしょ(夜尿症)の原因の1つ心理的要因(ストレス)

おねしょ(夜尿症)は、5~6歳以後の夜尿のことを「夜尿症」と言い、それ以前は「おねしょ」と言うのが一般的な言い方です。

おねしょ(夜尿症)の原因はいろいろありますが、そのうちの1つは心理的要因(ストレス)です。

実は私自身、小さいころ、「夜尿症」で悩んでいました。小学6年生までほぼ毎日おねしょをしていました。中1になった時に1度だけ女の先輩の家でしてしまったことがあります(笑)

どうして治ったのかというと、私の場合は極度の家庭のストレスが原因で、中1になった時に非行に走って家出をして、中1の半分くらいは空き家や、旅館(廃墟)、知人の家などを転々として生活していたのですが、それにより極度のストレスから解放されたことで治りました。

<<下に続く>>

前述した中1になった時に1度だけ女の先輩の家でおねしょをしたのですが、これは、もう家に帰らざるえ終えない状況になってしまい「極度のストレス環境」に戻ることを強く意識していた時の事でした。

精神をずーっと詰められていたので、極度のストレスでおねしょをしてしまっていたのです。原因が取れれば症状も改善するというわけです。

このように、「極度のストレス環境」が原因なら、環境を変えてしまうと改善しますが、そうではない場合は原因特定をして自分に合った方法を探してください。

男性の方で、トイレが近い(頻尿)、尿漏れ、尿失禁でお悩みなら、泌尿器科医が解決する方法を教えてくれます。詳しくは「専門のトレーニング」についてご覧ください。

 

 

 

 

関連コンテンツ

アンケート

2017/2/4にアンケートを設置しました。 よろしければご回答ください。

「○○の意見に賛同するな…」、「○○の意見を聞いてはならない…」という空気を感じたことはありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)