Google検索

「恨み」や「許せないこと」は、自分で自分を育てようと思ったら消えることもある。

「恨み」や「許せないこと」は、自分で自分を育てようと思ったら消えることもあります。恨みが強い場合、許せないことがひどい場合などは、当てはまらないこともあります。

イメージをしていただきたいのですが、オムツをはいて座っているB君がいます。B君はオムツをはいているので自分でトイレに行けません。だから、座ったままです。

そこで飲み物が飲みたいと思う。だけど、誰も持ってきてくれない。そこで自分で取りに行けば「あー良かった」となりますが、いつまでも誰も持ってきてくれなければ「こんなにのどが渇いているのに!」と怒りが出てきて、恨みになり、許せない気持ちになってくる場合もあります。

自分で自分を育てていき、出来ることを増やしていくと、解決できることも増えていきます。ですので、その分、恨みを持つ必要が減ってきます。

<<下に続く>>

どうしても自分でできないこともありますよね。それはパートナーと支えあっていけばよいのです。依存しあうのではなく支えあうのです。人いう字が支えあっているように、人は支えあって生きるものです。

依存は、成長を放棄した二人が潰しあう結果になります。支え合いは成長した二人が支え合うのです。支えるためには支える力が必要です。だから成長は必須なのです。

許せないことが多いのは、許可する力が弱いということです。許可する力は管理者になるほど上がります。だから心の管理者へと成長していけば、許せることも増えていくのです。

恨みや許せないことがあるのは、きっと、いつか、それを許せる日が来て、それ相応の成長と幸せがあなたに待っているのだと思います。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。