原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「恨み」や「許せないこと」は、自分で自分を育てようと思ったら消えることもある。

「恨み」や「許せないこと」は、自分で自分を育てようと思ったら消えることもある。

「恨み」や「許せないこと」は、自分で自分を育てようと思ったら消えることもあります。恨みが強い場合、許せないことがひどい場合などは、当てはまらないこともあります。

イメージをしていただきたいのですが、オムツをはいて座っているB君がいます。B君はオムツをはいているので自分でトイレに行けません。だから、座ったままです。

そこで飲み物が飲みたいと思う。だけど、誰も持ってきてくれない。そこで自分で取りに行けば「あー良かった」となりますが、いつまでも誰も持ってきてくれなければ「こんなにのどが渇いているのに!」と怒りが出てきて、恨みになり、許せない気持ちになってくる場合もあります。

自分で自分を育てていき、出来ることを増やしていくと、解決できることも増えていきます。ですので、その分、恨みを持つ必要が減ってきます。

<<下に続く>>

どうしても自分で出来ないこともありますよね。それはパートナーと支えあっていけばよいのです。依存しあうのではなく支えあうのです。人いう字が支えあっているように、人は支えあって生きるものです。

依存は、成長を放棄した二人が潰しあう結果になります。支え合いは成長した二人が支え合うのです。支えるためには支える力が必要です。だから成長は必須なのです。

許せないことが多いのは、許可する力が弱いということです。許可する力は管理者になるほど上がります。だから「心の管理者」へと成長していけば、許せることも増えていくのです。

恨みや許せないことがあるのは、きっと、いつか、それを許せる日が来て、それ相応の成長と幸せがあなたに待っているのだと思います。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。