Google検索

「引き寄せの法則は」悪魔崇拝者が作った?魔界の入り口が開くからやってはいけない!?ちょっと待ってください(笑)

「引き寄せの法則は」悪魔崇拝者が作った?魔界の入り口が開くからやってはいけない!?ちょっと待ってください(笑)

「引き寄せの法則は悪魔崇拝者が作って、魔界の入り口が開き、悪魔が押し寄せてくるから絶対にやってはいけない・・・。」

・・・。

そんなことを言っている者もいるようですが、このような勘違いを鵜呑みにするのはよくありません。そもそも、悪魔は現実世界には存在しません。人々の主観世界に根付くものです。実在はしないのです。

そして、

「引き寄せの法則は悪魔崇拝者が作って、魔界の入り口が開き、悪魔が押し寄せてくるから絶対にやってはいけない・・・。」

これ自体が悪魔の「宣伝」になっていることに、お気づきになられましたか?

人々の主観世界に悪魔の存在を入れ込み、信じ込ませると、恐怖で人を支配できます。そういった支配する側にとっては、きっと「悪魔」の存在が広まってもらうことは、とても都合が良いでしょう。

よくある悪質な霊感商法などで、霊感があるフリをして悪霊の祟りの話をでっち上げ、思い込ませてから高額で物を売りつける手口を使う側からしてみたら「悪霊」や「悪魔」に怯えてほしいですよね(笑)

どうですか?目が覚めましたでしょうか。

「引き寄せの法則」は確かに存在している。そう私も思っています。だけど、「引き寄せの法則」を使う側の心の持ち方が「悪魔崇拝者」のようになてしまう場合もあるんです。

「悪魔崇拝」は言い換えれば「大きなズレがある」状態です。そのズレを埋めるべく、いずれ生贄(犠牲)を必要とします。つまり、嘘をついていたり、嘘を信じていると、嘘の穴埋めをしなければいいけないので、生贄(犠牲)を必要するんです。

<<下に続く>>

「引き寄せの法則」もそうですが、本人が何もしないで、何かを手に入れようとしていると、それは「大きなズレを生み出す」ことに繋がっていきます。こういった楽して結果を奪おうとする者は心が悪魔に汚染されていくのだと思います。

だけど、自分の願望を達成するために、思考し、行動し、何かを手放し循環させれる人は、ちゃんと願望達成、結果を手に入れることが出来てきます。

勘違いしてはいけないのは「引き寄せの法則」は魔法のように叶うのではないということ。叶うために、自らが動く必要があるんです。つまり、一貫性をもっていく必要があるということです。

思考、言葉、行動。これらに一貫性を持たせて思い続けることは、思考が現実化していくのです。こういった力に気づいてほしくない人は、人にバカでいてもらいたいんです。バカでいてもらったら支配できるからです。

つまり、「引き寄せの法則は危険だ!」と過剰に言いたがるのは「悪魔の宣伝をしつつ、自分たちに都合の悪い思想を持つものは異常だ」と思わせたいのではないでしょうか。

「引き寄せの法則は悪魔崇拝者が作って、魔界の入り口が開き、悪魔が押し寄せてくるから絶対にやってはいけない・・・。」

が本当なら、「引き寄せの法則」をやっている人が沢山増えているんですから、とっくに魔界の入り口が開きます(笑)

魔界の入り口はどこですか?(笑)

目が覚めましたでしょうか?

現実にないことを思い込んでいくと、心が、恐怖に支配されますよ。

大事なのは「現実」を生きることです。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。