Google検索

吃音(どもり)を治すには【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを試してみて下さい。

吃音(どもり)の正体

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの説明から引用します。

答えを言いますね。吃音の正体は、“人間の認識システム”です。この“人間の認識システム”が、「どもり」という症状を引き起こしているのです。「認識」と言っても、気にしなければいいとか、そういう単純な話ではありません。自分では普段意識すらできない、しかし、身体に直接的な影響をガンガン与えてくる、人間の“脳”特有の“潜在意識”の話です。

引用元:「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」

上記のように書かれています。

この通りだと私も確信しています。私の場合は子供の頃の執拗な吃りを意識させられる環境だった為に自分の潜在意識(無意識)に「俺は吃音(どもり)だ、吃音(どもり)だ、吃音(どもり)だ・・・・吃音(どもり)だ、吃音(どもり)だ・・・吃音(どもり)だ・・・ダメだ」と自分の潜在意識(無意識)に悪い認識を刷り込むようになっていたのです。

以下の画像を見て下さい。

このように潜在意識(無意識)レベルからの認識を変えていく必要があり、潜在意識(無意識)レベルからの「自分は吃音(どもり)だ」という認識が変われば改善されていくというわけです。上記の画像のように、人には「顕在意識(意識)」と「潜在意識(無意識)」があり、殆どが「潜在意識(無意識)」です。

そして、プラス思考になるのも、吃音(どもり)を改善するのも「潜在意識(無意識)」レベルからの「認識」を変えていく必要があり、潜在意識(無意識)レベルからの「自分は吃音(どもり)だ」という認識が変われば改善されていくというわけです。刷り込み、思い込みを解くのは自分次第です。

吃音(どもり)だと自分で決めている!?

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの説明から引用します。

「私は吃音だ」「私はどもる」「私は言葉に障害を持っている」という認識が、結果的に脳に「どもれ」という命令を送り、そして現実にどもりを引き起こしていたのです。

引用元:「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」

上記のように書かれています。本当にこの通りです。

私は子供の時に自分の潜在意識に他者からの「どもれ」という命令を受け入れて自分で「どもれ」と自分の潜在意識に命令していたのです。

これを解き放つには「もう頭きた!全て関係ない!」とまずは心の権限を取り戻すことです。つまり、自分を成長させていくことが必要なのです。その吃音(どもり)改善のためにどう成長すればよいかを以下のプログラムで学ぶことが出来るのです!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

今すぐに改善プログラムを手に入れてください。

私は自信を持って【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムをご紹介させていただいております。 数多くの吃音(どもり)改善法から厳選して見つけた最高の方法です。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムでも メルマガの最後のほうにも、このページにも書いてある私の話もそうですが、 吃音の正体は人間の認識システムです。 別の言い方にすれば潜在意識(無意識)です。

ご自身が日々、無意識での仕草など、どれだけあるか?数えたことはないですよね? 数えれば無意識での行動は数えきれないくらい沢山ありますよね。それだけ潜在意識(無意識)に吃音(どもり)の正体が入ってしまっているということです。

ですので、魔法のように簡単に消え去るわけではありません。 自分でも自覚していない無意識の癖を、気づいて今すぐやめて下さい。と言われても 中々やめられませんよね。 それが「無意識の癖」です。

髪の毛の寝癖も同じで、そのまま直そうとしても直らないから、 水で濡らしたりヘアスプレーなどで水分を行き渡らせると直しやすくなるように、 無意識に改善する方法を行き渡らせることで改善していくのです。

ですから、どんなプログラムもそうですが、本人がしっかりと理解し、やる気を持って、 信じて取り組まなければ、結果はかなり個人差が出て来るものです。

ページに記載されている事ですが、 吃音(どもり)を改善する唯一の方法とは、 悪い形で定着してしまった認識をぶち壊し、それに代わる新しい認識をあなたの脳に直接インストールし直すことです。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムで新しい認識を手に入れましょう。

あなたは、自分の限界を決める必要はありません。あなたがあなたに「僕(私)は変われる」そう心から言ってあげてください。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

改善プログラムの2つのステップ

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは大きく分けると2つのステップに分かれます。「パラダイムシフト編」と「マインドシフト編」です。

第一のステップである「パラダイムシフト編」では、驚くことにテキストを読んだだけで、吃音(どもり)が治ったり軽減された方が一部いたということ。その理由はテキストにそうなる工夫を仕込んでいるからという事です。その詳しい理由は教材で明かされています。吃音(どもり)の改善に大切なことの一つは「今までの認識を変える」ことです。

パラダイムシフト(英: paradigm shift)とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言う。パラダイムチェンジとも言う。

引用元:パラダイムシフト – Wikipedia

あなたの吃音(どもり)が改善される為には「認識を劇的に変化」させる必要があるのです。

次に、第二のステップである「マインドシフト編」では、最新の脳科学に基づいた強力な手法で無意識(潜在意識)をコントロールして、脳から吃音(どもり)を忘れさせてくれるのです。恐らく「自分は吃音(どもり)だ…」「吃音(どもり)は嫌だ…」「吃音(どもり)は嫌われる…」などの吃音(どもり)に対してのマイナスイメージに囚われていると思います。その吃音(どもり)に対するマイナスの囚われがますます吃音(どもり)を悪化させている可能性もあるでしょう。

そして、無意識(潜在意識)レベルでの認識を劇的に変化させることで、吃音(どもり)を改善出来るのです。重度の吃音(どもり)で悩んだ中村さんという方が改善した方法を是非お試し下さい。

闇の中から這い上がりましょう!その力はあなた自身の中に眠っているのです。悩み、苦しみから抜け出すためには、無意識(潜在意識)レベルからの変化が必要です。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

<<下に続く>>

なぜ、潜在意識(無意識)レベルの認識を変えることが必要か

なぜ、潜在意識(無意識)レベルの認識を変えることが必要なのか。まず、以下のアメリカの心理学者、音声病理学者、吃音治療法の父と称されたウェンデル・ジョンソンの言葉です。

「吃音は、吃音と診断された時から始まる」

「吃音はこどもの口から始まるのではなく、親の耳から始まる」

ウェンデル・ジョンソン

あなたが吃音(どもり)で、あなたの周囲に「あなたの話し方についてマイナスなレッテル貼り」を、もしする人がいればコミュニケーションをとるのは控えたほうが良いかもしれません。

私の経験上、吃音(どもり)が潜在意識(無意識)に作られる初期段階として「コミュニケーションの最中に繰り返し話を遮られ言葉に詰まることを長期的に繰り返す」ことで吃音(どもり)は作られていく場合もあると思っています。

よく「人のせいにするな」なんて言う人がいますが、人からの影響は環境の中の影響のトップクラスです。それほど人は人間関係から影響は受けてしまうもの。とくにコミュニケーションで影響を受けています。だからと言って「あいつのせいだ!」と思い続けていても何もなりませんし「自分次第だ!」と思うほうが変われます。

「お前は吃音(どもり)だ!」という言語、非言語問わず、こういったレッテル貼りを受けたことによって潜在意識(無意識)に刻まれて、そのあとに吃音(どもり)になっていく場合もあるでしょう。

ですので「私(僕)はスムーズに話すことが出来る!」と潜在意識(無意識)を書き換えてしまうことで改善するのです。

その方法が以下の人気改善プログラムです。吃音関連の教材の中でトップクラスに人気の教材ですので是非、試してみてください。ご心配な点などがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

最後に、重要なことをお伝えします。

吃音(どもり)を改善するには、吃音(どもり)の奥に隠された根本原因を解決することが必要なのです。あなたが吃音(どもり)を改善出来ないのは、吃音(どもり)を改善しようとしているからです。

吃音(どもり)を改善しようとするのではなく、吃音(どもり)の奥に隠された根本原因を解決することで結果として吃音(どもり)が改善されるのです。

つまり、前述した、吃音(どもり)改善には、自分の成長、進化、人間力を磨くことが必要だということです。

その最高の方法を【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムで学ぶことが出来るのです。迷わずに【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを開始してみて下さい。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

配送版とダウンロード版から選べます。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、「配送版」と「ダウンロード版」から選べます。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、配送版とダウンロード版から選べます。

 

※スマホのみで受講される場合は、快適性の関係から冊子配送版を申込まれる事を強くお勧めしております。
※但し、ビデオコンテンツはDVDではなく(画像はイメージです)オンライン視聴のみとなっております。

引用元:【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

パソコンの方ですぐに受講されたい方は「ダウンロード版」がおすすめです。ダウンロード版をクレジット決済で購入すればすぐにダウンロードして教材を読むことが可能です。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの「ダウンロード版」の中身です。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの「ダウンロード版」の中身です。

MRM本編の中身には「mind-shift.pdf」「paradigm-shift.pdf」と2つの教材が入っています。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの「ダウンロード版」の中身です。

MRM本編の中身の「mind-shift.pdf(マインドシフト編)」「paradigm-shift.pdf(パラダイムシフト編)」では、先に「paradigm-shift.pdf(パラダイムシフト編)」から取り組んでいきます。「paradigm-shift.pdf(パラダイムシフト編)」の後に「mind-shift.pdf(マインドシフト編)」になります。

次に、MRM 特典の中身には「contact.pdf」「courage.pdf」「medicine.pdf」と3つの特典が入っています。

MRM 特典

「contact.pdf(中村しょうへのメール質問権利)」「courage.pdf(勇気を手に入れる究極の方法)」「medicine.pdf(応急処置マニュアル「吃薬」)」となっております。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムがなぜ凄いのか、それは前述しましたが吃音(どもり)を改善するには、吃音(どもり)の奥に隠された根本原因を解決することが必要なのです。あなたが吃音(どもり)を改善出来ないのなら思い当たると思いますが、吃音(どもり)を改善しようとすればするほど悪化したりマイナスな結果になっていると思います。

それは吃音(どもり)を改善しようとすることが的外れだからです。

吃音(どもり)を改善しようとするのではなく、吃音(どもり)の奥に隠された根本原因」を解決することで結果として吃音(どもり)が改善される」のです。

つまり、人間力を磨くことこそ、吃音(どもり)改善の根本に繋がっているのです。その方法が【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムで学べるのです。こういった意味では【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは吃音者ではなくても人間力を磨くために効果的な教材とも言えますので、私も学びたい部分がありますので【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実際に購入して持っています。

実際に中身に目を通して思ったことは、「とても良い教材で中身がしっかりしている。薄っぺらい教材とはレベルが違っていて根本部分から改善できる仕組みになっているので、吃音(どもり)で悩んでいる方には是非とも手に入れていただきたい教材」と感じました。

教材を読んで「なるほど!」と勉強させることばかりで、沢山の気づきをいただけます。重度の吃音(どもり)で本当に悩んだ過去があるからこその教材だと納得です。

あなたが本気で吃音(どもり)を改善したいと思っているのなら、ぜひ、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを手に入れて自分のために取り組んでみて下さい。

誰の為でもなく、自分の為です。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。