Google検索

不幸になる原因は「勉強不足」と「運動不足」です。これが不足し過ぎると不幸への道にゆっくり入っていきます。「生涯学習」が大切なのはこのためです。

不幸になる原因は「勉強不足」と「運動不足」です。これが不足し過ぎると不幸への道にゆっくり入っていきます。「生涯学習」が大切なのはこのためです。

よく見ればわかります。不幸になる原因は「勉強不足」「運動不足」です。これが不足し過ぎると不幸への道にゆっくり入っていきます。「生涯学習」が大切なのはこのためです。死ぬまで勉強と運動をする必要があるから、楽しく勉強と運動が出来る道を見つけることが必要です。

恐らく、これから徐々に治安が悪化していくと思われます。そして、人は徐々に二分化が強まってきます。一方では健康で裕福。もう一方では貧しく病気がち。だけど、これは厳しく言えば「本人が選んできた結果」でもあります。

本当に厳しい時代が来たら、今まで数々の恩恵で生かされていたんだということが分かってきます。自分に責任を持てない分、国や、法律、警察に守ってもらっていたこと。病院で助けてもらったこと。自分の「勉強不足」と「運動不足」が招いた結果でもあるんです。

面白おかしく生きていれば、勉強なんかしなくてもいい。そう思う人はそれも良いと思います。結果は自己責任ですから。結果が出た時に「誰か、このツケを払って~」では通りません。今までは距離感が近い人間関係が多かったので「犠牲者」が生み出されて犠牲者にツケを払わせるような人間関係がありましたが、それも出来なくなってきます。

「勉強不足」と「運動不足」は厳しく言うと「害悪」になります。これは誰かを責める話ではありません。私も「勉強不足」と「運動不足」ですので。世の中、色々な人がいて「勉強不足」と「運動不足」が人に迷惑をかけます。その迷惑をほかの人が代わりに背負ってくれることもあります。そして、疲れて、潰れていく人もいます。

だから、出来るだけ「勉強不足」と「運動不足」を解消し、「害悪」にならない自分へと成長していけると良いです。例えば今この瞬間「法」が全て取り払われたら?あなたは自分を守れますか?

<<下に続く>>

過去の私ですが、匿名掲示板に人を傷つけるようなことを書き込みした者を「○○してやりたい」と思ったことがあります。だけど、それを実行しません。なぜか?「法」を守りたいからです。しかし、もし「法」が無かったら?または今、無法地帯になったら?話が変わってきて匿名掲示板に人を傷つけるようなことを書き込みした者への報復をするかも?しれませんよね。

それは人間ですから、そういうことになりえることも可能性はゼロではありません。だけど、それを実行しないのは「法」を守りたいからです。例えば、匿名掲示板に人を傷つけるようなことを書き込みした者を○○してしまったとします。それは、相手も私も共に「勉強不足」だったからです。

「勉強不足」ではなかったら、もっと違う良い解決法や、理解などが出来たでしょう。だから、自分が害悪にならないよう「勉強」していくことが大切なのです。そして、みんなで生きていく場所だからこそ「法」を守って生きていくことが当たり前のことなんです。

そんな「法」を守らず、群れて、いい気になっているような者は、必ず後でツケが回ってきます。仲間のおかげで強くなったような気がしても、人は歳を取り、必ず、爺さん婆さんになります。そんな、人生の最期が近い時期に、過去の嫌がらせ仲間が本当に仲間として機能すると思いますか?しません。最期に待っているのは誰も泣いてくれない「孤独死」です。

つまり、「勉強不足」と「運動不足」は「孤独死」に繋がるのです。だから、自分の関わる人や自分にプラスに出来るよう、勉強をし、運動もし、心身ともに健康になっていき、恩恵を受けさせてもらえた分、自分も何か貢献していかないといけないのです。

貢献と言っても大きな貢献をしなくても良いのです。例えば病気で寝たきりでも「言葉」は使えます。その言葉を使って目の前の人にプラスな言葉がけを繰り返して、結果として、目の前の人がプラスになっていれば、それも立派な貢献です。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。